FC2ブログ
topimage

2019-08

「メアリーの総て」 - 2018.12.30 Sun

フランケンシュタインの怪物(の原作)は、こんな彼女から生まれた。

「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」を書いたメアリー・シェリーの半生記。
ただし、ほとんどのシーンは夫となる詩人のパーシー・シェリーと知り合い、「フランケンシュタイン〜」出版までの10代後半から20歳までを描いている。

おはか

パーシーとの仲を父に反対されて、義妹とともに家を出るメアリー。
三角関係にならないかと、観客はみんな心配(したと思う)。

自由恋愛主義のパーシー・シェリーとの生活はやがて困窮していく。
詩人バイロンと関係をもった義妹に誘われて、メアリーとパーシーはスイスにあるバイロンの別荘へ。
バイロンの提案で、各自が怪談を書こうということになるが…。

生まれて、すぐに母親を亡くし、自分の子も早くに亡くしたメアリーゆえに、孤独や悲しみを知り、自分を生み出した者の愛を得られない怪物のストーリーを生んだのだろう。

バイロンの別荘では、医師も滞在していて、のちに彼は吸血鬼の話を書いたという。
え、ブラム・ストーカー? と思ったけど、名前も違うし、ストーカーの著作より80年近く早い。

エル・ファニングさん、18か19歳のときだから、映画でのメアリーとほぼ同じ年代。堂々たる主演女優の風格がさらに板についてきた。
義妹を演じたベル・パウリーさんも好演。

ぎまい

(12月29日 シネスイッチ銀座)

MARY SHELLEY
2017年 イギリス・ルクセンブルク・アメリカ作品
監督 ハイファ・アル=マンスール
出演 エル・ファニング、ベル・パウリー、ダグラス・ブース、トム・スターリッジ、ベン・ハーディ

参考:メアリーの総て|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Parallel Films(Storm)Limited / Juliette Films SA / Parallel(Storm)Limited / The British Film Institute 2017

ブログパーツ

● COMMENT ●

これで、ボーさんの今年の映画納めらしいぞ。

魔法使いやガガどんは観ないのか。優先がはっきりしてるなあ。

あけましておめでとうございます

今年は月1回映画の会をしたいな。(な、という希望的観測)を抱負にすることにしました。
昨年はグダグダのまま年始突入してて、全く年末年始感がない~!
こんな私ですが
本年もよろしくお願い致します★

>makiさん

あけましておめでとうございます。
映画の会とは、また、どのような? 楽しくできるといいですね。
今年もよろしくお願いいたします!

当地でやっと上映

されるので楽しみにしています。
こないのかとがっくりしてたら、頑張ってくれてる映画館がやっぱり呼んでくれました! 

>しずくさん

おお、こういうのを上映するとは、良心的な映画館のようですね!
お客が入ってくれるといいですが。

ボーさんこんにちは!
やっと観ることができました。感想を書きましたのでTBさせて戴きました。

〉三角関係にならないかと、観客はみんな心配(したと思う)。

ここ微妙でした・・・。一時的にはなった時もあったように受け取れました。
しかし、メアリーが大人的な(?)態度で乗り切ったように私的には思えます。

>しずくさん

こんばんは!
いっしょについてくるとは、びっくりでしたね。よほど新しい境遇で生きたかったのだなと思いました。それくらい、女性には閉鎖的な社会でもあったのかなとも。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3518-c5bd3cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メアリーの総て

小説『フランケンシュタイン』の原作者メアリー・シェリーの半生を映画化した作品です。『フランケンシュタイン』からイメージして、原作者は男性だろうと思い込んでいました。

2018年マイベスト44(おまけで第14回シネマ停留所映画賞) «  | BLOG TOP |  » 「三度目の殺人」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード