FC2ブログ
topimage

2019-08

読書記録(2019年1月) - 2019.02.11 Mon

1月の読書記録。

しゅ
「偉大なる、しゅららぼん」 万城目学
2012年本屋大賞第9位。トンデモ超能力SFワールドみたいな。そんなに感動するものでもないので、読んでいるときは楽しいというだけかも。あとで映画版も見た。(1月10日読了)

しゃ
「ヤング・シャーロック・ホームズ1 死の煙」 アンドリュー・レーン
図書館の青少年向けコーナーにあった。ホームズが子どものときの冒険譚。けっこう危険な目にあったり怪我もしておるぞ。探偵心得の先生っぽい人も登場。(1月17日読了)

ほし
「星をつなぐ手 桜風堂ものがたり」 村山早紀
昨年8月に読んだ「桜風堂ものがたり」の続編で、私は今度のほうが、より好きだった。すばらしい。すべて、いい方向に行くお話で、でも、できすぎというよりも、心あったかになるのを読むのが幸せなんだから。2019年の本屋大賞に当然ランクインするのではないか。(1月24日読了)

ブログパーツ

● COMMENT ●

二人の訃報

最近、私が敬愛するふたりの作家(一人は哲学者?)が他界されました。
ひとりは哲学者というか、日本の歴史に新たな光を投げかけた、梅原猛さん。

法隆寺と聖徳太子の謎に切り込んだ「隠された十字架」に衝撃を受けたのをまざまざと覚えています。私がまだ若かったころに読みました。
あと柿本人麻呂の刑死の地の謎の問題を扱った「水底の歌」。これは残念ながら途中でリタイアしたまま、うん十年(笑)

もう一人は、ドラマ「赤かぶ検事」シリーズの原作者でおなじみの和久峻三さん。「京都殺人案内」シリーズもだそうです。すごい数の原作書かれてますよね。この方の本でびっくりしたのが、「雨月荘殺人事件」という単行本。重厚な装丁で、中身を開いて驚きました。裁判で使われる「公判調書」形式という、原稿用紙を和綴じにしたような(谷折り)印刷が再現されているんですよ! 途中からは印刷ですが、冒頭のみ「起訴状」から始まって、「公判調書」「証拠等関係カード」等々、リアルな裁判の雰囲気が味わえます。今は文庫版になってるみたいですが。しかも「解剖結果報告書」「鑑定書」等は「手書き」文字を印刷で再現してあります。贅沢な「お遊び」ですよ。

>「ヤング・シャーロック・ホームズ」
 これ映画の原作なんでしょうか? それとも別物?

訂正

>原稿用紙 → 原稿用紙の「横ます」がないもの
>谷折り → 山折り

>又左衛門さん

おふたりとも名前を知る程度ですが…。
凝った書籍は珍しいものですよね。作るのも面倒ですし、高価になるでしょうし。でも好きな人は買いますね。

ヤング・シャーロック~は、テレビ版とは、まったく関係ないと思われます。本のほうが発売が遅いですし。

続編

人形劇「三国志」全68回を2回目の完走。1回が45分なので全51時間を費やしました。そのせいで、映画鑑賞本数も昨年は105本と最低レベルに終わりました。
でも、吉川英治版の本と見比べながら過ごした時間は、至福の時間でした。

当然ながら、人形劇というドラマでは、登場人物等にかなりの省略もあります。でも物語のエキスは薄めることなく、また現代風にアレンジされて、かつ日本語のセリフなので、日本人にも分かりやすく親しみやすく作られていました。
この3世紀ごろという大昔の中国の物語が、いまだに世界中で愛されているのはすごいですね。英雄・豪傑が山ほど出てくる、血沸き肉躍る波乱万丈のストーリー。

 そして頭脳明晰な軍師たちによる「謀略戦」の面白さ。戦いとは「頭脳」でするもの。騙し騙されの面白さ。現代人にも通じるものがある。

スティーヴン・キングの「ミスター・メルセデス」の続編「ファインダーズ・キーパーズ」を図書館で借りて読んでいます。前作ほどの面白さではないけど、水準には達していると思います。
一方、スター・チャンネルの「ミスター・メルセデス」シーズン2ははっきり言ってがっかり。ありえない「超常」的描写についていけません(笑)
WOWOWは先月解約したので、「キャッスル・ロック」観れませんが、BJさん観てますか?

>又左衛門さん

三国志関係で見たのは「レッドクリフ」くらいですね。
本は「泣き虫弱虫 諸葛孔明」。「三国志演義」は読んだような気もしますが、忘れています。

「キャッスル・ロック」というのをやっているのは認識していましたが、見てはいません。(海外ドラマ、ほとんど見ず、見たのは「ブラインドスポット タトゥーの女」ぐらいです。)

3という数字

ずいぶん昔、まだ掲示板があったころ。
「映画は3でできている」という話をしたのを覚えておいででしょうか?
この「三国志」で、またその話を思い出しました。
そもそも、劉備玄徳と関羽と張飛の3人が義兄弟の契りを結ぶところから、この物語はスタートするわけですが.....

魏と呉と蜀の3国の戦いの歴史。

三位一体に三権分立。御三家に三方一両損という落語もあります。三国同盟に三者会談等々.....まことに3という数字は不思議な数字ですよ。

補足

肝心なことを書き忘れてました(笑)
映画で重要なのは、「三角関係」ですよ。
「太陽がいっぱい」だってそうでしょ? この三角関係から物語が進展する....

あと、オリンピックがいよいよ来年に迫ってきましたが、あのメダルは金銀銅の3色のみ。だから価値があるとも言えます。

>又左衛門さん

覚えていませんねえ…。(そもそも記憶力僅少)
2はカップルなど、安定感がありますが、3は2と1に分かれる可能性がありますからね。
集結したときには2より強いみたいですが、そうでないときは不安定。
旗の色もトリコロールとかありますね。

投稿のときにPass欄にパスワード(好きな数字)を入れておけば、あとで「編集」から文章を直せますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3526-6c313dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「地下室のメロディー」 «  | BLOG TOP |  » 小泉さん、誕生日

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード