FC2ブログ
topimage

2021-04

「太陽がいっぱい」 - 2019.01.26 Sat

そうはうまくいかない。

アラン・ドロンの野卑な欲望が美貌の裏に見えるところがいい犯罪もの。

10代の頃に一度見ていて、2度めになる。
犯罪に至るのが、思ったより早い段階だったのに少し驚いた。
そうか、そこからが本筋の話なのだ。


ラフォレ
マリー・ラフォレさんは、案外、顔が長かったんだね。

映画は見ていなくても、あの名曲は、いろんなところで聞こえてきた。
でも、映画のなかでは、そんなに聞いた気がしないが。

やっと、すべて手に入れたと思ったらの、ラストがやっぱり、これ以上なく印象的。
彼女まで、そこにいるし。

(1月24日)

PLEIN SOLEIL
1960年 フランス・イタリア作品
監督 ルネ・クレマン
出演 アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ、エルノ・クリサ、ビル・カーンズ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) STUDIOCANAL / TITANUS (Rome)

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは。

なにはともあれ、アラン・ドロン。
かっこいいですよねえ~美貌の下にしたたかな野望というのがよかったのかもしれません。(詰めは甘いけど)
色んなシーンが、印象的ですが
私は市場で歩き回るシーンが好きです。

印象に残る映画

テレビでも午前十時の映画祭でも、何度となく観ていますが、
アラン・ドロンという人がトム・リプレーではないかと思えてしまうほど
重なってしまいます。冒頭で、ロミー・シュナイダーがカメオ出演も
していますよね。私の中では、いまだにマルコヴィッチ事件とドロンは
1本の糸でつながっていて、この映画を観るたびにそれを思い出して
しまいます。。ともあれ、怖い映画でニーノ・ロータの音楽が
この映画を強く印象づけますよね。

若かりし頃のアラン・ドロン

はあまり好きじゃないので、どちらかというと同一原作を映像化した「リプリー」の方が印象に残ってます。
この作品は音楽とラストが印象的ですよね。いまいちリプリーが何を考えてるのかわからないけど、そこがミステリアスで良いのかな?

孤独な太陽

「太陽」と「殺人」というテーマだと、私はどうしてもカミュ原作の「異邦人」を連想してしまうんですがね。ビスコンティ監督の傑作だと思いますが、未だにDVDすら発売されない。何故?  セイン・カミュの伯父さんらしいですね。

>10代の頃に一度見ていて、2度め
意外に少ないですね。私は4-5回は観てると思います。真冬にこの作品を観るというのも一興。
  今回、7年前くらいにNHKBSで録画したもので、冒頭だけ観ました。ノイズがさすがに多い。最近は4KレストアBDというのが発売されているようですが、まだ高価です。

 ネット上で検索すると、この映画のマニアは多いみたいです。タイトルバックの写真の解説から、ロケ地巡りまでいろいろと。

 冒頭のカフェの場面から、トムがフィリップのサインを代書するのが、例の「サイン偽装」の伏線になってますね。

>ロミー・シュナイダーがカメオ出演
「太陽が知っている」で共演してますよね。しかもモーリス・ロネがまたも殺され役で(笑)

>色んなシーンが、印象的ですが
私はやっぱり、サイン偽装の練習をひたすらやる場面かな。プロジェクターを買ってきて、拡大して。

そしてあの衝撃のラストね。ヨットが浜に引き上げられて、いかにも作り物の「手」が......悲鳴。刑事たちが浜の茶店のおかみさんに嘘の電話の伝言を頼む。「シニョール.....!」ニーノ・ロータの音楽がかぶさって.... Fine

>makiさん

こんばんは。
ドロン、いいですね。終盤で、マリー・ラフォレと見つめ合って(彼女を落とす)シーンが極め付きのキラーショットに撮っていますね。

借りた部屋に思いがけずに知り合いがやってきて、殺さざるを得なくなるシーンなどが印象に残っています。

>さえさん

ロミー・シュナイダーさん!
知らなかった! 見ても気づいていなかった! でも、顔をよく見ても気づいたかどうか、わからないです。
マルコヴィッチ事件って、ほとんど知らないんですよ。なので映画を見ても、考えもしません…。

で、音楽の有名な部分って、あんまり映画で流れないような気がしたんですが。もったいないような。

>宵乃さん

「リプリー」は、このオリジナル(?)と比べられて酷評されることが多いみたいですね。私は見ていないので、なんとも言えません。

私は、え、ここで殺人が起きちゃう!?と、いきなりなので驚きました。
動機は、いろいろ考えちゃいますね。
淀川長治さんの説を考えたり…。

>又左衛門さん

2回め。そんなに好きでもないんですよね。
有名すぎるので、例によって反発心か(笑)。
サイン偽装。日本だったら、印鑑を盗めば済むのでしょうか!?

ラストの手、ですね。私も作り物っぽいなーと思いました! そこは、ちょっとマイナスなのではないかなと。あのときだけ、誰か入れとけばよかったのに。

男の野望と歪んだ愛情とドロンと名曲。
好きです。

>pu-koさん

おお、お好きでしたか!
私も、いいとは思いますが、なんか星は4つにしなかったんですよねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3530-5ac64e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「太陽がいっぱい」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1960年フランス映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり

太陽がいっぱい

【概略】下層階級のアメリカ青年・リプリーは、女遊びに明け暮れる金持ちの友人・フィリップを殺して彼になりすまし、富も恋人も手中に収めるが…。 サスペンス

今週観た映画23

昨日は友人とチャイナドレス撮影とかしちゃった。わははは。 一度くらいは面白いですね。 もちろんアップできるような代物ではありません。 「幕末太陽傳」57   京橋のフィルムセンターで。色々凝っているので、大画面で楽しい。   とにかく当時の風俗をたくさん盛り込んだ上に落語ネタと豪華俳優陣。   改めて、贅沢で良くできてるなあ~と感心しきり。 「7月24日通りのクリスマス」0...

「シュガー・ラッシュ」 «  | BLOG TOP |  » 「スプリット」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード