fc2ブログ
topimage

2021-12

「太陽はひとりぼっち」 - 2019.01.28 Mon

愛の不毛。

その謳(うた)い文句は、はじめから脳裏に刻まれていた。
中学生の時に、ヨーロッパ映画音楽を集めたレコードを誕生日に買ってもらった。
そのなかに「太陽はひとりぼっち」の曲もあって、映画の紹介文に、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の作風が「愛の不毛」とあったのだ。

曲は、かっこよくて、聞いたら二度と忘れないほどのもの。
持っていたレコードは演奏のみだったが、映画のオープニングでは、ミーナが歌うバージョンが流れる。
でも、映画では、途中で違うインストルメンタルに変わってしまうのは残念。



理由もわからずに満たされない風情を表現したモニカ・ヴィッティさんが素晴らしい。こんな様子を、アンニュイというのか。
(かと思えば、自己流アフリカン・ダンスを踊る、変なシーンもある。)
アラン・ドロンは証券取引所で働いていて、映画は騒々しい株取引を、面白くもなく長々と映し出したりする。
監督のテーマからしてみると、こうした人間の行為も虚しいものだと言いたいのだろうか?

原題は「日蝕」。人の心にも陽は射さない、みたいな意味があるのだろうか?
「太陽がいっぱい」がヒットしたせいで、こちらも「太陽~」のタイトルがつけられてしまったのだろうが、日蝕とは太陽がらみで多少は関係はあるし、「ひとりぼっち」も、なんとなくわからなくもない。

(1月26日)

ヴィッティ

L' ECLISSE
1962年 イタリア・フランス作品
監督 ミケランジェロ・アントニオーニ
出演 モニカ・ヴィッティ、アラン・ドロン、フランシスコ・ラバル、ロッサナ・ローリ、ミレッラ・リチャルディ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 1962 STUDIOCANAL. Tous droits reserves.

ブログパーツ

● COMMENT ●

太陽族

この時代の洋画の邦題。やたらと「太陽の〇〇」とか安直なというか、何匹目かのドジョウを狙ったような作品が多かったような気がします。今でいう「便乗商法」かな....

日本でも某石原慎太郎原作の「太陽の季節」というのがありました。男性の逸物で障子を破るとか、妙な(笑)シーンが話題となりました。実際にまねした人いるのかな?(笑)

この作品、随分前に録画したんですが、未だに観てません。冒頭のチェッカーズのような主題歌を聞いて満足のパターン。

BJさんがアップしてくれた動画を観ると、「ガラス越しのキス」シーンがありますね。邦画にも似た場面の、たしか久我美子の「また逢う日まで」にあるそうです(検索結果)

山本リンダ

こんにちは。
弊記事へTBとコメント有難うございました。

>持っていたレコードは演奏のみ
日本で大ヒットした、アルト・サックスとギターが格好良いあのバージョンでしょうか? あれには痺れた人が多いようですねえ。

昨年僕が知っている古い歌謡曲を集めていた時に山本リンダの「こまっちゃうナ」を久しぶりに聴き、“あれ「太陽はひとりぼっち」にどこか似ているぞ”と思いました。作曲とアレンジを担当した遠藤実が意識していたのは、アルト・サックスとギターの使い方から言って間違いなく、Aメロの前のリフレインもほぼ同じ。全体のメロディーは余り似ていません。
お暇とご興味がありましたら、YouTubeで聴けますので、どうぞ(笑)

>又左衛門さん

これは「太陽がいっぱい」のアラン・ドロン出演作でもあるので、もう「太陽」押しになったでしょうね。

見たら退屈に思う方もいると思いますよ~。
私は大丈夫でしたが。
ガラス越し、ありますねえ。そんなところはスタイリッシュ(?)かもしれませんねー。

>オカピーさん

おはようございます。
サックスの演奏ですね。ギターはありましたっけ、よくわかりません。
LPのジャケット写真がアラン・ドロンだったような覚えがあります。

「こまっちゃうナ」、聞いてみました。似ていると思うところ、ありました。
よく気づきますね!
1966年とありますから、年代的にもOKですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3532-a6f39656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「太陽はひとりぼっち」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1962年イタリア映画 監督ミケランジェロ・アントニオーニ ネタバレあり

今週観た映画27

夜には雷と共に降ってきました。 一応まだ梅雨なのですねえ。 「太陽はひとりぼっち」The Eclipse/62   アラン・ドロンで太陽、なのでつい「太陽がいっぱい」と繋げそうになるけど、   全然違うね…最初からいきなり「舞台劇か?」という不思議な雰囲気。   若いドロンは素敵だけど、気怠いヒロインに付いていけなかったわ。 「地下室のメロディー」Melodie en Sou...

「ミスター・ガラス」 «  | BLOG TOP |  » 「シュガー・ラッシュ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード