FC2ブログ
topimage

2019-12

「15時17分、パリ行き」 - 2019.02.23 Sat

列車内で銃を使った犯人を取り押さえた3人を、本人たちが演じる。

ほとんどの時間を3人の子ども時代と現在の生活、問題の列車に乗る前の観光旅行シーンに費やし、事件自体は(事実通りなのだろうから)数分で終わり。

ぱり

軍隊で柔術を学んでいたりするので敵に立ち向かう技量があったという偶然と、人を助けたい気持ちを常にもっていたこと、これが犯人確保につながる。
一般人なら普通は逃げるだけで、この映画を見て、この3人を見習いなさいなんてことは言えないだろうし、こんなことがありましたよ、というだけの話であろう。

(2月21日)

THE 15:17 TO PARIS
2018年 アメリカ作品
監督 クリント・イーストウッド
出演 スペンサー・ストーン、アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、ジュディ・グリア、ジェナ・フィッシャー

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

ブログパーツ

● COMMENT ●

> こんなことがありましたよ、というだけの話であろう。

とてもシンプルなこの言葉から中島みゆきの「時代」の出だしを思いだしてしまった。

>fjk78deadさん

中島みゆきの「時代」って、どんなだっけと思い出さなくて、検索した時代もあったねと、きっと笑って話してます。いま。

拍子抜け

正月にネット動画で観ました。
あまりにも犯人が弱すぎて(笑)、というか偶然乗り合わせたやつらが強すぎたのか、犯人は不運だったね(笑)

もっと複数の犯人たちによる、息詰まる駆け引きみたいなものを予想しただけに、見事に裏切られました。

まぁ、編集のうまさでカバーしたというべきか。陰惨な話でなくてホッとしました。しかしイーストウッド御大、精力的だよね。

>又左衛門さん

あんまり事実と違うように描くと、まずいですからね。
1本の長編にしようと思ったら、子供時代やその後の生い立ちを描かないと、もたないのだろうなと。
監督・主演の「運び屋」の予告編、映画館で見ました。俳優引退宣言したんじゃないの?と思いましたけど(笑)。

なるほど、こんなことありましたよ
そんなふうに受け取れば納得がいきますね~e-70




>しずくさん

こんな人達が乗り合わせていたことがラッキーですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3538-c32f0118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『15時17分、パリ行き』 未然、突然、偶然、必然……

 『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』などのクリント・イーストウッド監督の最新作。  2015年に起きたタリス銃乱射事件の映画化。実際に犯人を取り押さえた3人が、映画のなかでも本人役として登場する。最後はフランスのオランド大統領から勲章を授与されるという実際のニュース映像へとつながっていくのだが、さすがに本人が演じているだけにその移行もスムーズだった。  『アメリカ...

劇場鑑賞「15時17分、パリ行き」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201803020001/ 15時17分、パリ行き (ハヤカワ文庫NF) [ アンソニー・サドラー ]

「15時17分、パリ行き」@ワーナー・ブラザース神谷町試写室

 シネマズby松竹さん独占試写会。客入りはほぼ満席、女性客が多い。    

映画評「15時17分、パリ行き」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり

15時17分、パリ行き

本人たちを起用 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/1517toparis 実話の映画化 監督: クリント・イーストウッド 2015年8月21日、554人の客が乗るア

15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き@神楽座

『15時17分パリ行き』『さよならの朝に約束の花をかざろう』『勝手にふるえてろ』『アリバイ・ドット・コム』ヒューマントラストシネマ渋谷2,3,1,1『スターシップ・トゥルーパーズ レッド・プラネット』新宿

ヒューマントラストシネマ渋谷4本+1本まとめてレビュー。 ◆『15時17分パリ行き』ヒューマントラストシネマ渋谷2 ▲「お母さん、オナニーやってごめんなさい」というコピーも合いそう。 五つ星評価で【★★いや、そんなビビーンと来なかったす。短いから退屈はしなかったけど】 ・15時17分からの上映回がある丸の内ピカデリーさん偉い。パリには行かんだろうけど。 ・テロリストが1...

映画 『15時17分、パリ行き』★テロ列車に乗るまでの描写あればこそ!

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174934/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督: クリント・イーストウッド 実際にあった、列車テロ事件だそうです。→参考 果敢に、犯人に挑んだ青年3人が出演!とのことで 迫真の“テロ抑え込み”作品―かと思いきや (それもありますが) それだけのはずがなかった! た...

15時17分、パリ行き

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。 フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。 乗務員は乗務員室に逃げ込み、554名の乗客全員が恐怖に怯える中、乗り合わせていた3人の若者が立ち上がった…。 実話から生まれたサスペンス・スリラー。

『15時17分、パリ行き』('18初鑑賞24・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 16:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。

映画「15時17分、パリ行き」

映画「15時17分、パリ行き」を鑑賞しました。

フランス鉄道の奇跡 クリント・イーストウッド 『15時17分、パリ行き』

老いてなお精力的に映画を作り続けるクリント・イーストウッド。本日はその彼が実際に

「15時17分、パリ行き」

2018年・アメリカ/マルパソ・プロダクション配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:The 15:17 to Paris 監督:クリント・イーストウッド原作:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、

15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き 著者 : ワーナー ブラザース ホームエンター発売日 : ブクログでレビューを見る»2015年にヨーロッパで発生した無差別テロ事件。クリント・イーストウッド監督は犯人を取り押さえた青年3人をそのまま俳優に起用して撮った問題作。その触れ込みに果たしてどういう作品に仕上がったのだろうかと気になっていた。

「ユリゴコロ」 «  | BLOG TOP |  » 「メリー・ポピンズ リターンズ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード