FC2ブログ
topimage

2019-08

読書記録(2019年3月) - 2019.04.05 Fri

3月の読書記録。

さく
「サクリファイス」 近藤史恵
2008年本屋大賞第2位。大藪春彦賞受賞作。自転車のロードレースのことが少しわかったのは収穫。しかし、メインの「サクリファイス」が、やりすぎだと思った。もしもそのとおりなら、そこまでやらなくてもいいでしょう、と。「劇的」を狙いすぎでは。(3月6日読了)

うん
「運命の25セント」 シドニィ・シェルダン
英語教材イングリッシュ・アドベンチャーの「コインの冒険」を本にしたものらしい。1枚のコインが人から人の手に渡って、その人々の人生を描いていく。…て、似たパターンの映画がありそうな…。いろんな人生模様。(3月16日読了)

てん
「キャプテンサンダーボルト」 阿部和重、伊坂幸太郎
ふたりのバディの冒険アクションもの。敵の外国人が強すぎて、ぽんぽん殺すのがエンタメとはいえ残酷に思えた。ほんとに共作形式だったようだが、どんどん読めて、まとまってはいる。主人公が素人版の「007映画」的な?(3月27日読了)

ブログパーツ

● COMMENT ●

万葉集

ちょうど一週間前の今日、「新元号発表」があるというので、
日本中が固唾をのんでTVの前で見守っていました。

 予定の11時30分から11分遅れで、菅さんが手にした額縁に書かれていたのは、意外や意外、「令和」/太字](一発変換! 笑)という、聞きなれない言葉に、居合わせた記者たちも、「シーン」「ポカーン」と約10数秒の間が、ものすごく長く感じられた。誰だ、「安久」とか予想してたやつは....(苦笑)

何はともあれ、この令和の出典が初めて日本の「万葉集」であると発表されて以来、万葉集がバカ売れしているらしい。
そして、この和歌の舞台である、大宰府の坂本八幡宮が突然の脚光を浴びて、全国から観光客が押し寄せているそうです。

 日本人て、ホント[太字]「熱しやすく、冷めやすい」
人種だよね(笑)

ところで、この「万葉集」から推薦したといわれる、中西進さん。この人の「万葉集」、私持ってました。でもほとんど読んでません(笑)
それで、この本の肝心の部分を読んでみると...

旧暦の1月13日の夜、月が出ていて風が吹いているって.....
「真冬の夜の庭」で宴会ですよ! 大伴旅人の自宅の庭に集まって歌会をする。
 よく読むと、徹夜でやったらしいけど、風邪ひくでしょ!(笑)
酔狂にもほどがある。

>英語教材イングリッシュ・アドベンチャーの「コインの冒険」
オーソン・ウエルズがCMやってたやつですかね?
その後NHKがパクッテたよね。子犬の冒険に。

>又左衛門さん

発表のとき、職場でパソコンで中継を音声なしで、ちらっと見ました。
「れいわ? りょうわ?」と思いましたが。
発表時間が何分か遅れたので、もめてる? ドアが開かない?(冗談です) 出てくるときに転んだ?(冗談です) なんて想像して遊んでました。

太宰府に行くなんて、私は考えもしませんですね。好奇心をもつのは若さの秘訣なのかもしれないので、そういう方々が、うらやましい気もします…。
発表のときはワクワクしましたけど、知ったあとは、もうすぐに醒めちゃいました。

オーソン・ウェルズの、ですね、きっと。シドニィ・シェルダンって、ドラマ化もありますね。ほぼ見ていないと思いますけども。

質問です

トップページのマリリンの写真は、「七年目の浮気」のアレでしょうか?
ワイルダーという文字も読めるような....

>又左衛門さん

はい、「七年目の浮気」の衣装の記録ですね。ワイルダー、ミス・モンロー、女の子役。EXTと書いてあるのは「野外ロケ」、Intとあるのは「セット内」なので、そのシーンで使う衣装だということでしょう。いちばん最後に(19)54(年)とあります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3557-1c860155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2019年冬のマイ覇権アニメ «  | BLOG TOP |  » 「涙そうそう」(2回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード