FC2ブログ
topimage

2019-12

「翔んで埼玉」 - 2019.04.18 Thu

「こんにちは、二階堂ふみさん」

「なっ、なにを言っている。ぼくは百美(ももみ)というんだ。君はいったい誰だ」
「私はボーといいます。坊ではないですよ。埼玉のブロガーです。映画観ましたよ~。あなたが『茶番』と言ってほめていた、あれ」
「う、あ、有田Pの番組だな」

「埼玉県民の私としては、やはり見ておきたくて。それにしても映画館は観客多数でした。自分たちの住んでいる埼玉がいじられるのを楽しむ、なんて自虐的、いや、心の広い、進んだ人種なんだろうと泣きました」
「泣くことはないだろう。それに、埼玉人という人種なのか」
「ボーイズラブ展開で、途中で、じつは女の子なんだ、となるのかと思ってたら、そうではなく」
「当たり前だ。ぼくは男だ」
「でも、二階堂ふみさんだから、かわいいのであって、私も観る意欲がわいたわけで」
「ぼくは百美だ。百の美と書くから、美しいのはしかたがないんだが」

ふむ

「私は埼玉に住んでいて実家が千葉で勤め先は東京です! 埼玉と千葉が戦って東京がセレブでワルで、もー、地元感満載でしたよ。あ、神奈川はちょっとアウェイですけど」
「うむ、実際、関東圏外の方々が観ても、多少、他人事のように思うのではないかと危惧はしている。親近感が」
「で、ららぽーと富士見で観たわけですが、もー、鶴瀬駅から20分もあれば余裕で歩けるんですね。バスもありますが埼玉県人なのでお金がないので歩いて、着いたと思ったら、映画館はららぽーとの敷地に到着した場所からいちばん奥にあるんですよ。そこからまた5分以上かかるので心が折れます。建物内で迷子になる時間を加味すると、けっきょく、駅から30分は見ておかないといけません」
「うん、なにを言っているのかな」
「埼玉のことです」
「…とにかく、埼玉で埼玉県民とともに観るのが王道ではあるな」

「埼玉と千葉が直接激突しそうになっていましたが、あのあとどうなったのかがわかりません。あと、東京の学校にいた埼玉県人生徒が埼玉解放戦線に参加していましたが、あれ、いきなりすぎるでしょう。それに、二階堂ふみさんもGACKTも沖縄出身じゃないですか、関係ないけど」
「県庁所在地が、ひらがなだからな、さいたま」
「こまかいことは気にするな、と言いたいんですね、さすがです、二階堂ふみさん」
「ごまかしただけなのだが…それに、ぼくは百美だ!」

「なにしろ、おばかに笑って楽しめばいいですね!」
「ふみ! あ、まちがえた。ふむ!」
「やっぱり、二階堂ふみさんや!」

(4月14日 TOHOシネマズ ららぽーと富士見)

2018年作品
監督 武内英樹
出演 二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、麻生久美子、武田久美子

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

まだまだ上映中よ!

翔べ、埼玉!

こんにちは

埼玉県民のみなさんがうらやましく思えてしまいましたわー

>yukarinさん

こんばんは。うらやましがって引っ越ししてきてもいいですよー。

百美の写真、腰のあたりのくびれが女の子っぽくってイヤらしいわあ。

>fjk78deadさん

むぬぬ。ぼくは男だ、と言ってるのにい。いやーん。

えっ

ボーさん埼玉県民?
でしたらこの作品かなーり楽しめたのでは…。

私は札幌ですから、内地のことはよくわからないんですよね^:

>makiさん

何を隠そう(かくしてない)、そーなんですよ!
個人的には、埼玉はまったく、ださくないと思っていますが。

幼稚園に上がる前、少しだけ札幌にも住んでいましたよ。新琴似。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3560-86bd971d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『翔んで埼玉』

ギルティ観たあと15分後に同じスクリーンの同じ席で観ることに。 間の時間にトイレ行って車に戻って菓子パン食べて また同じスクリーンへ。 魔夜峰央と言えば『パタリロ!』だよね。 持ってたわ。 昔過ぎてそれほど繰り返し読んだわけでもないから キャラ覚えててもすっかり内容は忘れてる。 ま、ギャグ漫画だからその場で楽しければいいのだ。 もちろんこの映画もそんなギャ...

劇場鑑賞「翔んで埼玉」

レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201902220001/ 「翔んで埼玉」オリジナルサウンドトラック [ Face 2 fAKE ]

「翔んで埼玉」

安定の面白さ。「のだめカンタービレ」「テルマエ・ロマエ」の武内英樹監督が監督しているのだね。安心して観られるツボを押さえている。私は小さい時から魔夜峰央の作品はすごく好きだったので、当然この「翔んで埼玉」の原作も読んでいた。だがもしかしたら原作よりも面白いかもしれない。キャラも良いし、遊びの要素がふんだんに入っている。見た目も楽しめる。ただこれって…この世界線でのカーストで上位に位置する都県...

映画『翔んで埼玉』★ダッて埼玉☆出身がこれほど誇らしく思えるとは!(^^)/

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175746/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 今回、二階堂ふみさんに 草でも食ってろ!と言われる埼玉県民。(汗) 私こと、埼玉育ち。 “埼玉ディスり”作品?ということで、すごく楽しみにしていました!\(^o^)/ 1980年頃から、埼玉は、 ディスられてナンボ?と言うムードだっ...

翔んで埼玉

その昔、埼玉県人は東京都民から大変な差別と迫害を受けており、通行手形がないと東京に出入りすら出来なかった。 都知事の息子・壇ノ浦百美が生徒会長として君臨する東京の超名門校・白鵬堂学院に、アメリカ帰りの麻実麗が転入して来る。 実は麗は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指す埼玉解放戦線の主要メンバーであった…。 ギャグコメディ。

映画「翔んで埼玉」

映画「翔んで埼玉」を鑑賞しました。

『翔んで埼玉』('19初鑑賞16・劇場)

☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月22日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。

『翔んで埼玉』『プリキュア・ミラクルユニバース』『多十郎殉愛記』『うちの執事が言うことには』

東映で4本まとめてレビュー。 ◆『翔んで埼玉』丸の内TOEI① ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★こういう悪ふざけは大好き】 残念ながら大爆笑には至らなかった。やはり埼玉で埼玉県民と一緒に見てないからだろう。ただ一番ひどいディスられ方をしたのはプテラノドンが飛ぶアマゾンのような群馬だが。原住民のグンマーが怒るぞ。そう言えば『お前はまだグンマを知らない』で都民→グンマーを演じた間宮祥太...

翔んで埼玉

【概略】 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれる...

「僕のワンダフル・ライフ」 «  | BLOG TOP |  » 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード