FC2ブログ
topimage

2019-11

「僕のワンダフル・ライフ」 - 2019.04.19 Fri

ワンコがワトソンかと思ったよ。

吹替版で見たら、人形劇シャーロックホームズでワトソンの声をやっていた高木渉がワンコの声だったので。
あの三谷幸喜の人形劇、少ししか見ていないのに、なぜか印象に残っている声なのだ。

私の家でも、私が小学校に上がる前ころまでは、犬を飼っていた。
でも、なにしろ子どもすぎて、あまり記憶はない。
いまは、犬より猫派だけど、犬も従順なところは可愛い。
じゃれついてきて、ペロンペロンなめられたりすると、こいつう、あははは、と幸せな気持ちになるだろう。

わん

この映画では、犬が別の犬に生まれ変わる転生を繰り返す。だから、犬にとっては死んでも大したことはないともいえるが、飼い主のことを大好きだったとしても、転生後に、また会える確率は、いかほどのものか。
であっても、「ほら、この犬、前に飼っていた子の生まれ変わりだよ!」なんてことが起きたら、うれしいだろうなあ。
と、ワンコの名演とともに送る、愛と波乱万丈の、ワンコで幸せ物語でしたー。

続編の「僕のワンダフル・ジャーニー」が9月に公開予定なのは、後日(4月20日)知った。

(4月14日)

A DOG'S PURPOSE
2016年 アメリカ作品
監督 ラッセ・ハルストレム
出演 ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ブライス・ガイザー、ペギー・リプトン、カービー・ハウエル=バプティスト

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

ブログパーツ

● COMMENT ●

「ワン」ダフルって、だじゃれだよな。

おやじギャグって馬鹿にするくせに、世間ではよくやってるぜ。

しかし輪廻の法則が犬はずっと犬というのは、他にはない概念だよなあ。ライフサイクルが違うから中に一回人間挟むと会えなくなってしまうものなあ。

>ふじき78さん

犬がいいと念ずれば犬になるんだったら、私は次は何になるだろう、美女かな(笑)

私もにゃんこ派ですがわんこも可愛いです。
この作品を観てわんこもいいなぁと思ったり。でもお散歩は毎日できないから無理です💧

>yukarinさん

そうなんですよ、散歩が必須なので、なかなかねえ…。自分の運動にもなるんですけどね。

こんにちは。犬好きになる映画ですし、当人らも犬になるのが好きなのでしょう。強い想い、それは過去を水に流す再会によって、イーサンにとっても、最高の犬と成ったと思います。

>隆さん

おはようございます。
犬は、なつくのがいいですね。かわいく思えます。
亡くした犬が輪廻した、というのは、飼い主側の願いのほうが大きそうです。

声優!

アニメもほぼ観ないので、疎いのですが
高木渉さん、コナンの友達。イガグリ頭の少年の声だと教えてくれました☆
で、そう思って想像すると案外あのセリフを口にするイーサン、、合ってるかもですね(^^;

>kiraさん

おー!
湖南、いや、コナンは見たことはありますが、継続して見ていないので、イガグリくん情報は知りませんでした。
なつきやすい感じは、ぴったりに思います!

最初の記憶の前には

転生してなかったのかちょっと気になりました。猫は9つの魂がと言いますが、このわんこも転生回数に限界があったりするのかしら?
続編があるなら、そこら辺もわかるかも…。
いや、無いか。犬好きさんが悲しみに暮れてしまう。

>宵乃さん

「あたいのニャンダフル・ライフ」って、つくってくれたら観ますけどねえ。
飼い主を追いかけて…とはならないと思いますよね。気まま。

わんこのほうは続編すでに公開しました。テレビに来たら一応見るでしょう。
私は、マリリンの娘時代に行って、お付き合いしたい…かも(笑)

犬が愛らしくなる映画でした。ベイリーが居てくれてありがたいと思いますし、転生を繰り返しても忘れられない絆を頼りにするから、人も犬も冒険出来ると思いました。どんな飼い主も恨まないベイリーは凄いと思いました。ルーズな人は居ても悪人は居なかったですけど。

>隆さん

わんこは忠実なのが売りですからね。
きずなを感じられれば、どんどん深まって、強い結びつきで大切なものになりますよねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3561-18ca1924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕のワンダフル・ライフ

僕のワンダフル・ライフ@東宝東和試写室

映画「僕のワンダフル・ライフ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『僕のワンダフル・ライフ(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/29)に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 なお、原作である W・ブルース・キャメロンの小説『野良犬トビーの愛すべき転生』 (新潮文庫)は未読。 ディレクター目線のざっくりストーリー 野良犬として生まれたゴールデンレ...

僕のワンダフル・ライフ

ゴールデンリトリバーの子犬ベイリーは、8歳の少年イーサンと彼の母親に命を助けられ、ずっと「この子から離れない」と心に誓う。 高校生になったイーサンがハンナと付き合うようになったのも、ベイリーが側にいたからこそ。 天寿を全うしたベイリーは別の犬に生まれ変わるが、残念ながらそこにイーサンはいなかった…。 転生する犬の物語。 ≪僕の愛は不死身なのだ。≫

僕のワンダフル・ライフ

【概略】 夏の暑い日、子犬が車に閉じ込められて苦しんでいるところを、8歳のイーサンが助ける。感激した子犬はイーサンから一生離れないと心に誓う。ベイリーと名付けられた子犬は、遊ぶときも寝るときもいつも一緒の彼らだったが、犬の寿命は人間より短い。そしてイーサンに会うために何度も生き返る事を選んだベイリーの、長い人生の旅は始まる。 ドラマ .0★★★☆☆ いい作品なんだろうなあと思...

『僕のワンダフル・ライフ』 生きる目的

 犬の気持ちも観客の気持ちも、本当によく判っている!  『僕のワンダフル・ライフ』には感激した。  犬を題材にした映画は多い。ジャンルも犬の扱いもそれぞれだから一概には云えないが、大半の映画は犬と関わる人間のドラマだ。あるいは人間を犬に擬して、人間で描きたいことを犬に演じさせたファンタジーだ。観客が人間なのだから、犬を出しても人間ドラマにするのは間違っていない。それらの中には素晴らし...

『僕のワンダフル・ライフ』('17初鑑賞110・劇場)

☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 9月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:50の回を鑑賞。 字幕版。

『エイリアン:コヴェナント』『僕のワンダフル・ライフ』『スクランブル』『アナベル死霊人形の誕生』をユナイテッドシネマ豊洲10,9,4,2で観てざっと感想

ユナイテッドシネマ豊洲括りで4本まとめてレビュー ◆『エイリアン:コヴェナント』ユナイテッドシネマ豊洲10 ▲なんか地味な画像引っ張ってきてしまった。 五つ星評価で【★★★★頭が悪いのでお気にです】 あのエイリアンが神戸南東のぶぶ漬け婆さんに礼儀がなっとらんと説教される映画(嘘)。 いやー、惚れ惚れするくらい地球人頭悪くない? 初めての未開の惑星で宇宙服を脱ぐんじゃな...

映画「僕のワンダフル・ライフ」

映画「僕のワンダフル・ライフ」を鑑賞しました。

『僕のワンダフル・ライフ』 2017年9月13日 よみうりホール

『僕のワンダフル・ライフ』 を試写会で鑑賞しました。 終わりよければ全て良し! って感じの映画だった。 【ストーリー】  ゴールデンレトリバーの子犬ベイリーは、少年イーサンに命を救われてからいつも一緒に過ごすようになり、彼と強い絆を育む。やがて青年に成長したイーサンは大学入学で故郷を離れ、ベイリーは年老いて死を迎えるはずだった。だが、ベイリーはイーサンに会いたい一心で何度も姿を変えて生ま...

「奥様は魔女」 «  | BLOG TOP |  » 「翔んで埼玉」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード