FC2ブログ
topimage

2019-09

「ハードコア」 - 2019.04.25 Thu

3日たって、タイトルすら思い出せなかった。

「チャッピー」(見ていない)に出たヤツが出演していたな、と思いついて、「チャッピー」をネットで調べて男優名がシャールト・コプリーだとわかり、その出演作リストから「ハードコア」にたどりついた。
主観でずっと撮った映画、とWOWOWの映画番組で見て、本作を知ってはいた。
目まぐるしく、多数の敵を銃で撃ったり、倒したりして騒ぐだけ。ヒーローは改造人間系で、やたら強い。
オープニングで人体破壊(銃弾とか、いろいろ)をスローで見せるところから、悪趣味で不愉快。

細かいお話が、よくわからんので、おもしろくもない。はよ終わらんか、と思ってた。
おまけに敵ボスが、なぜか超能力者で、物を動かせるテレキネシスト。ナニコレ風味で苦笑せざるを得ない。

アイデア勝負の映像といっても、頭にカメラを取りつけていただけなのでは?
見ていて、酔いはしないが。

奥さんが美人だったことのみ、よかった。


ちゅぱ
あたしだけはOKなのねえ。

(4月21日)

この記事の分類「映画感想(私にとっての難あり映画)」についての説明は、こちら

HARDCORE HENRY
2016年 ロシア・アメリカ作品
監督 イリヤ・ナイシュラー
出演 シャールト・コプリー、ヘイリー・ベネット、ダニーラ・コズロフスキー、ティム・ロス

好き度☆☆(2点。満点は5点)


(c) 2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ブログパーツ

● COMMENT ●

見ててけっこう疲れたの覚えてる。やっぱアングル変わるとかってのは大事なのね。

>fjk78deadさん

あれを大画面で見ていたら疲れたか、乗れたか、二択なのかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3566-6be81298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ハードコア』をHTC渋谷3で観て、凄いけどめんどくさふじき★★

▲未来っぽい。 五つ星評価で【★★いや確かに凄いんだけど疲れるよ】 もう延々とずっと、よく分かんない状態で引きずり回されて、最終的に「ああ、そういう事なのね」と膝を打つような感じを貰えるんだけど、自分が本当に物語を理解できているのかについては疑問に思ってしまうくらい、話がしっくり自分の中に入って来なかった。何か遠縁の顔も知らない親戚の結婚式や葬式に呼ばれて、どんな振る舞いすればい...

ハードコア

【概略】 サイボーグ化によって瀕死の状態から甦った男が、誘拐された妻を救い出すため、超人的な身体能力を駆使して謎の組織に立ち向かう。 アクション .0★★★☆☆ 〈ミッション〉愛する人を救いだし、記憶を取り戻せ! 妻であり、絶命したあなたの身体をサイボーグ化し蘇生させた一流の研究者である美女エステルが、エイカンという奇妙な能力を使うヤツに誘拐されてしまった。道先案内人は変幻...

ハードコア

研究室で目を覚ましたあなた「ヘンリー」は、大きな事故に遭ったらしい。 目の前にいる美女エステルは研究者で、あなたの妻だと言う。 失った左半身に機械が装着された時、警報機が鳴った。 超能力者のような男エイカンが現れて、研究者たちを惨殺していく。 あなたはエステルと一緒に研究室から脱出するが、エステルはさらわれてしまう。 あなたの味方は、謎の男ジミーだけだった…。 SFアクション。

『ハードコア』 2017年4月1日 楽天地シネマズ

『ハードコア』 を鑑賞しました。 この映画は凄いことやってるんだけど面白くない 【ストーリー】  見知らぬ研究施設で目を覚ましたヘンリーは、妻エステル(ヘイリー・ベネット)が、大事故によって肉体が激しく損傷してしまった自分に機械でできた腕と脚を取り付け、声帯摘出の準備を進めているのを目にする。だが、手術に取り掛かろうとしたとき、謎の組織を率いる男エイカン(ダニーラ・コズロフスキー)が乱入...

「タッチ」 «  | BLOG TOP |  » 「トゥームレイダー ファースト・ミッション」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード