FC2ブログ
topimage

2019-08

「アベンジャーズ/エンドゲーム」 - 2019.05.06 Mon

つまらなくはなかったが、気に入らないところがあって。

どうしても、そこに気持ちが引っかかるわけですよ。
ネタばれなので書かないが、私が気に入らないといえば、私の好みをご存じの方なら、あのへんかな?と察するかも。

なた

あの地に行くのが、あの二人であることからして、もう脚本上の「企み」が今にして思えば、うかがい知ることができるし、お話の筋としてはああなっていくのはおかしくなく、かつ劇的なのは分かる。
だけど、やっぱり、嫌なものは嫌。この結果は。理屈と違う。
ただ、あの彼女があの形で存在してきたのだから(ぼかしすぎで、すみませんが。忘れっぽい私なので自分でも後日に読んで意味わからんかも)、似た方法を駆使すれば大丈夫なのでは? などとも思う。
そして、男女平等か、と変なところで現代の映画づくりの傾向を思わされた。
「男女平等」から話をつなげると、最後には「人種平等」も主張されましたね。これまたネタばれなので、なんのことか分からなくてもしかたありませんが。

そして、最後には、あれですよ。
劇的にして泣かせて印象づけて、って、この、ひきょうものっ!
そんなこと、すなっ!
しなくてもいいじゃないか! しなくてもいいじゃないか! しなくてもいいじゃないか!
この流れをドクター・ストレンジは知っていたんだなあ…。私がこう書くことまで知っていたんだなあ…。(そうなのか?)

とに

ま、最後を飾るには、よくできたものだと思われます(冷静な結論か!)
エンドロールで、主演俳優たちのサインが書かれたのはよかった。責任をもってつくってきました、これで「アベンジャーズ」は卒業します、との宣言のようでもありました。

ちょうど1年前に観た前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のときも思ったのだけど、みんなが書いたり言ったりしていた「指パッチン」という言葉は、大っ嫌い。それは感覚的なものなので、どうしようもない。私だったら「指を鳴らす」ぐらいにしか書きたくないです。

(5月4日 イオンシネマ 大井)

関連記事:
「アベンジャーズ」
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

AVENGERS: ENDGAME
2019年 アメリカ作品
監督 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演 ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、カレン・ギラン、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース

参考:アベンジャーズ/エンドゲーム|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2018 MARVEL

ブログパーツ

● COMMENT ●

残念な日本

ボーさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

各国で絶賛されているエンドゲームではありますが、粗が無いと言えば正直そうでも無くて、個人的にも映画作品の日本ってなんでいっつもあんななんちゃてジャポンな風景になってしまうんだろうと本作を観ても感じてしまった次第(汗)。ルッソ兄弟もひょっとしてわざとやってるんじゃないかと思ってしまいました^^;

そういえばサイン入りのエンドロールは良かったですね。ああいうのを観るとやはり見納めなのかなとしみじみしてしまいます。

>メビウスさん

こんばんは。
ああ! ジャポン! 看板とか見ると、いつもながらのビミョーな雰囲気が。
もう少しリサーチすれば、わかりそうなものですのに。真田広之に聞けばいいのに、なんて。

いろいろ豪華ですし、再見はしてみたい…かも?と考えています。

日本に対する誤解というか、都合の良い舞台設定というのは、例え、このような名作の題材とされても悦ばしいものではないですね。ちょっとミステリアスな雰囲気作りも、アメリカから見れば、日本がアメリカになり切っていない事を、文化的な未熟としての、後進国と見ている事もあるんじゃないですかね。

アイアンマンも、マーベルも、アメリカの究極から生まれたシンボルだと思うので、多分、日本と絡めていじると不名誉で、怒るのではないでしょうか。むしろ、無難なのはアライグマですかね…。

こんばんは~☆

>あの地に行くのが、あの二人であることからして、もう脚本上の「企み」が
本当ですよね。だけどいろいろと考えると、もうこの二人しかいないよねとも思えるし。心が引きずられるような展開でしたね。

>「男女平等」から話をつなげると、最後には「人種平等」も主張されましたね。
そうそう。私もそう思いました。あのアマゾネス軍団はかっこ良くて、心がときめきました^^

本当にまた全作が見たくなりました♪

>隆さん

日本というと、ヤクザ。という連想があって(これまでのハリウッド映画でも度々ありますね)、ホークアイが暴れるなら、その絡みがいいかなー? で生まれたシーンではないかと思いました。
おかしなふうな描写も、いつものことなので、それほど気にしませんでした。
ちゃんとやってくれるにこしたことはないですけども…。

>kiriyさん

おはようございます。
「あの地」の危険性をどの程度認識していたのか、まさか、ナターシャはそれを踏まえて立候補したのか、など、いろいろ考えますね。
「人種平等」は、キャプテン関連のラストもですね。
いろんな平等を出してくるのも、ヒーローものとは相性がいい、とはいえます。

サイン

ボーさん☆
エンドロールのサインが胸にぐっと来ましたね。
壮大なヒーロー大集合は想像通りでしたけど、おまけ映像もなかったし、何か喪失感を感じてしまいました。

>ノルウェーまだ~むさん

エンドロールにサイン、しかも書かれていく様子がわかる、なんて映画史上初めてじゃないでしょうか(よく知らないけど)。いかに、演じた俳優がMCUでは大きな存在になったかがわかるというものです。
ほんと、喪失しちゃいましたよね…。

とりあえずボーさんにとってMCUで一番重要だったのがブラック・ウィドウことナターシャだったということですね… 石に深い関わりのある人はなにやら復活のワンチャンがあるっぽいのでその辺に期待しましょう

>SGA屋伍一さん

なんたって、レディファースト、女優ファーストですからね!
石に関わり…石から生まれた石太郎になるんですかっ?(誰?)

やっぱり(笑)

ナターシャ(スカちゃん・笑)のことだったんですね~
私は、トニー(ロバート)でしたけどねv-292
そそ、エンドロールにサイン、エンドロール後の映像もなく
本当に終わっちゃったんだなあと喪失感と
淋しさをヒシヒシと感じましたv-409

>ひろちゃん

そりゃそうです、ナターシャちゃんを、なんてことしてくれるんだ!
最大の欠点です(笑)←笑いごとじゃない
トニーだって、ショックでしたよ。2大ショ~ック!(笑)←笑いごとじゃない
次の「スパイダーマン」は、アイアンマン不在の世界が舞台だそうです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3570-880a8fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アベンジャーズ エンドゲーム』 2019年5月1日 TOHOシネマズ市川

『アベンジャーズ エンドゲーム』 を鑑賞しました。 実は中国で3D字悪版を鑑賞しているので2回目。 (中国語の字幕だし英語は分からないので見直した) 【ストーリー】  アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)らアベンジャーズとサノス(ジョシュ・ブローリン)が戦った結果、全宇宙の生命は半数になってしまう。宇宙をさまよいながらスーツの開発を続けるアイアンマンをはじめ、生き残ったキャプテン・ア...

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※絶対ネタバレなし

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(2D・日本語字幕版)』(公式)を公開初日の2019年4月26日に、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら90点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を...

『アベンジャーズ/エンドゲーム』 ありがとうアベンジャーズ

 【ネタバレ注意】  こんな映画が作れるとは!  『アベンジャーズ/エンドゲーム』には感服するばかりだ。  2008年の『アイアンマン』にはじまり、11年の歳月と21作品に及んだマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)が、22作目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』で遂に堂々たる結末を迎えたのだ。  過去、映画界でこんなことはなかっただろう。  MCUは全世界の興行収入...

劇場鑑賞「アベンジャーズ エンドゲーム」

レビューは↓ https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201904260001/ TEN-R108-627 アベンジャーズ アベンジャーズ / エンドゲーム 108ピース ジグソーパズル パズル Puzzle ギフト 誕生日 プレゼント 誕生日プレゼント

アベンジャーズ/エンドゲーム

【監督】アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ 【出演】ロバート・ダウニー・Jr./クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ/クリス・ヘムズワース/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/他 【公開日】2019年4月26日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は半分に消し去られてしまった。 大切な家...

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』★大暴れなだけじゃないグッとせまる壮大なサーガ

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173058/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では 最悪玉サノスに、万能の石6個奪われた挙句 指パチン1つで、人口半減した……orz 絶望と虚無からの巻き返しを期待する今作。 でも、どうやって? 根性だけじゃ、サノスに...

アベンジャーズ/エンドゲーム・・・・・評価額1800+円

ありがとう、アベンジャーズ! マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の12年間、22本目の総決算。 長年映画を観てきたが、これほど「集大成」とか「大団円」という言葉がふさわしい作品には初めて出会った気がする。 ジョージ・ルーカスの個人映画から始まり、紆余曲折を経て今年、本作と同じくディズニー傘下で完結を迎えようとしている「スター・ウォーズ」サーガとも違う。 60年以上も、...

「アベンジャーズ/エンドゲーム」@シネマサンシャイン平和島

 公開四日目。2D字幕版を上映するシアター1の客入りは100名前後位だ。    

アベンジャーズ/エンドゲーム

最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、半分に消し去られてしまった。 再び集結したヒーローたちは、地球に取り残された35億人の未来のために、そして“今はここにいない”仲間たちのために、最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>に挑む…。 スーパーヒーロー・アクション。

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」

令和元年5月1日に、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を鑑賞しました。

「アベンジャーズ エンドゲーム」☆ハンパない喪失感

ちらほらと鼻をすすり上げる音も聞こえてきた本作。 私は圧巻の歴代ヒーロー大集合的戦いの前のシーンから涙が頬を伝い、いちいちIMAXの3D眼鏡を持ち上げて涙を拭くのが面倒なくらい。 GW頑張ったご褒美にIMAXにしたけど、3Dが素晴らしすぎて字幕にピントが合いにくく、これなら最初は2D(できれば吹き替え)で見て、2度目をIMAXにするのがいいかも…

『アベンジャーズ/エンドゲーム』('19初鑑賞31・劇場)

☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 4月26日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:20の回を鑑賞。 2D:字幕版。 4月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:20の回を鑑賞。 2D:字幕版。 5月8日(水) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:30の回を鑑賞。 2D:吹替え版。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)

**** ネタバレ注意! ****2008年の「アイアンマン」から始まった<マーベル・シネマティック・ユニバース>の通算22作目、<フェイズ3>としては10作目、そして<インフィニティ・サーガ>の完結編。……のはずだったが、最近のケヴィン・ファイギの発言によれば<フェイズ3>の締めくくりは次回作「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」とのこと。ただ実質的には長大なる物語の”完結編”たるに相...

「名探偵ピカチュウ」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2019年4月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード