FC2ブログ
topimage

2019-08

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 - 2019.06.05 Wed

楽しみにしすぎたせいもあるのか、ものたりない残念感。

前作「GODZILLA ゴジラ」は大好きだった。
ゴジラが、なまらカッコよくて感動したのに。


ごじ
なぜ、きみは真上に吐くのか?(もったいない)

今回は、怪獣いっぱい出たせいで、ゴジラに魅力が集中せずに、散漫になったのかもしれない。
ゴジラ自身もけっこう出たので、ありがたみが薄れたのか。
それにしても、前作では、いちいち、かっこよかったゴジラ、今回は何もいいところを、後から思い出せない。神々しさとか、あったっけ?
いってみれば、日本製の多くのゴジラ映画(数本しか見ていないが)程度の薄っぺらさの印象しか残していない。
してみると、日本製のゴジラ映画(及び、モスラ、ラドン、キングギドラ)が大好きな方々が喜ぶ作品なのかもしれない。

ちょっと嬉しかったのは、元祖ゴジラ映画で出てきた「オキシジェン・デストロイヤー」の名前を、ちゃんと使ったこと。
キングギドラが宇宙怪獣だと、ちゃんとやってくれたこと。
モスラとゴジラの音楽を、劇中とエンドロールで流してくれたこと。
そんなもんか。

以下は人物描写について、生死を語るのでネタばれになる。これから観る方や、話を知りたくない方は、ストップ!


もす
ほら、燃えていないで、とまりなさい! ネタばれだから!

まず、サリー・ホーキンスさん。渡辺謙の同僚的な博士ですが、怪獣対決騒ぎに巻き込まれたのか、亡くなります。
どこで亡くなったか、見ていなかったのですが(もしかして描写していないのか?)、なんで殺す必要がある?
チャン・ツィイーさんの出番がそれまで少なかったので、彼女の出番を増やすためなのではないかと疑ったら、案の定。
そのあとは、チャンちゃんが、よーく喋るわで、どんどん、のしてきていた(笑)。そういう理由だとしたら、なんと姑息な。

渡辺謙。ゴジラを元気にするために、自己犠牲を立候補しますね。
死ななきゃいけない状況を、脚本がうまい具合に姑息に作ります。
謙が、俺が行く!と言っても、ほかのメンツは誰も、じゃあ、俺が行くよ、私が行くわ、とは言いません。お前ら何だよ!
死ななくてもいいだろ、ほかに何とかしろよな、と私は言いたいですね。姑息。

極めつけは、ヴェラ・ファーミガさん。
家族を生かすために、怪獣を自分に引きつけます。
あれ、たとえば、車だけ走らせて、自分は脱出するとか、いろいろやりようがあるのでは?
娘だって、オヤジだって、弟(息子)につづいて母(妻)が亡くなったら、やりきれないでしょうに。
ちょっと悪いことしちゃったヴェラさんなので、勧善懲悪を思い出したかのように結論に持ってきたんでしょうか? 姑息。

涙もろい私ですが、本作の犠牲者の場合は、なにも泣けず、死ぬ必要がないので、むっとして気分がよくないだけですね。
あ、モスラだって、あれって自己犠牲っぽくないですか? なんなの、一発でやられて、意味なくないですか? (見間違いじゃないですよね、あっけないので…)
カイル・チャンドラーにしても、申し訳ないが、主役というより助演が似合う気がする。(主役はゴジラだから、いいんでしょうけどね。)
ゴジラ王に、臣下の礼をとった怪獣どもにも笑ったよね。

(6月2日 イオンシネマ 大井)

GODZILLA: KING OF THE MONSTERS
2019年 アメリカ作品
監督 マイケル・ドハティ
出演 カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、チャン・ツィイー、渡辺謙

参考:ゴジラ キング・オブ・モンスターズ|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

ドラマはつまらなかったんですが、怪獣たちの暴れっぷりがすごかったので良い評価してしまいました 笑

こんばんは

人間側ドラマはつまらないのですが
怪獣たちの大暴れと見せ方は迫力があり、その点が良かったです。
サリー・ホーキンスさんは、ちゃんと映画の劇中のコンピューターの大画面にも「死亡」と出ていましたよ。
個人的にはモスラの決め顔からのラドン…が色々な意味で「えー」でした。
でもよく考えたら、消えるモスラの鱗粉がゴジラに生命力を与えたので、強すぎのラストバトルは「俺の女になにをする!」的な感じもあったのかなあと異種交配がどうのとかいってた研究者の言葉を思い出したりなんだったり(笑)

芹沢博士

ボーさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

芹沢博士の自己犠牲はまあ誰も立候補しない所も見れば確かにちょっと薄情な部分も見受けられますね^^;自分はあのシーンは54年度版の元祖ゴジラの元祖芹沢博士の行動を踏襲したものかなとも思って観てましたが、持って行ったのがオキシジェンデストロイヤーではなく核というのがちょっと複雑に見えちゃいました(汗

モスラとゴジラが交わるというのは興味深いですが、種族として、彼らを結び付けているのは血であり、本能だと思いましたので、人類と違って、同族で戦わず、守り合うのが、彼らの正しさじゃないか、とも思いました。だから、ラドンが多方面で、喧嘩を売りまくっている件は不思議でしたね…。

>yukarinさん

おはようございます。
暴れても、そんなに燃えなかったんですよねー。ラドンは燃えてた。

>makiさん

おはようございます。
大暴れに燃えなかったんですよねー。なぜか。
うん、うん、コンピューターに死亡が出たので、あれまあ、と思ったのですが、死亡の瞬間というか、それがわからなかったので。
うん、うん、でも、男女の仲といっても、それまで会ったことないでしょ?とか思ったりしましたよ(笑)。

>メビウスさん

おはようございます。
あー、そういえば、芹沢博士ったら、海中に没してしまいましたっけ。オマージュ的なことがあったわけですね。でもねえ…。
ハリウッド映画に、核の扱いの「重さ」を求めるのはムリですね。

>隆さん

ゴジラが王で、モスラが女王。そんなイメージでカップルになっちゃうのがいいんじゃないかな的な脚本では。
ラドンは単細胞の暴れ者の立ち位置でしょうねえ。

観る気が失せる......

観に行くべきか、どうなのか迷っている状態....(笑)
皆さんの感想を読むと、どうも積極的に褒めてない...(笑)
予告編だけ観ても、薄っぺらそうなのは容易に想像できます。これだけオールスターで出したら、時間配分がドラマ部分に回せないのは分かります。
まぁ、力道山とデストロイヤーと馬場と猪木が同じリングに同時に登場するプロレスだと割り切って観ればいいのかも。

最近「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」という2001年の映画を観ました。TVでやってたのに刺激されて。年に数本は東宝特撮を観ます。ゴジラシリーズはほぼ録画済みですが、なかなか観きれません。
この作品は、あきらかに「ジュラシック・パーク」の影響が顕著。それまで聞いたことのない「ガルルルル...」というゴジラの声は、まるでTREX。
便所で放尿中の男がゴジラに踏みつぶされる場面は、まさにJPのあの場面から。

ハリウッド版ゴジラに違和感を感じる点は、どうしても「トカゲ」臭が抜けないということかな。

>又左衛門さん

ツイッターなんかでは、絶賛が多いですよ。性質上、面白かったー!と盛り上がって書き込む場合が多いからだとは思いますが。
つまらなかったー!って盛り上がらない場合は、書きこむ確率も低そうですから。
私は書きますけれど。

怪獣バトルを楽しむなら、OKなのかもです。
トカゲなのはエメリッヒ監督版ですが、今のハリウッドのは、首なしゴジラですね。

(笑)

(。・ω・)ノ゙こんにちはー!
「なぜ、きみは真上に吐くのか?(もったいない)」に笑いました。私もせっかく復活したんやから無駄吐きすんなよ…と思いましたw
ですよね~、名優サリーさんの使い方がもったいない!
謙さんの見せ場は、久しぶりに見る王道展開でしたが、ホロリときちゃいました。

>ハイダウェイさん

おはようございます。
画像につける文は、笑いにもっていくこともあるので、楽しんでもらえるとうれしいです!
ほんと、もったいない。次作に出られないですよねー、謙も同じですが。ギャラを浮かすためか!?(笑)
最近は、主役級が亡くなるのは、いやな気分なのです。

こんにちは。
>なぜ、きみは真上に吐くのか?(もったいない)
笑ってしまいました。これ間違いない!!なんで上にはくんだろうって思いながら見ておりました(笑)

>Nakajiさん

おはようございます。
咆哮したら、つい吐いちゃった、という失敗(お笑い)かもしれませんよ。

>ゴジラ王に、臣下の礼をとった怪獣どもにも笑ったよね。

アメリカ合衆国の本心視たりデシタ!

>しずくさん

まあでも、自発的に臣下の礼をとられたので、さすがゴジラは貫禄ありますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3582-19848d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

レビューは↓ https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201905310000/ ゴジラ キング オブ モンスターズ / Godzilla: King Of Monsters 輸入盤 【CD】価格:1888円(税込、送料別) (2019/5/25時点)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

【概略】 神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢やヴィヴィアン、考古人類学者のアイリーンらが所属する未確認生物特務機関モナークが動き出すが…。 アクション .0★★★★☆ 映画館鑑賞。 「モンスターバース」シリーズ第三弾として『GODZILLA ゴジラ』と『キングコング 髑髏島の巨神』に次いで...

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

【監督】マイケル・ドハティ 【出演】カイル・チャンドラー/ベラ・ファーミガ/ミリー・ボビー・ブラウン/サリー・ホーキンス/渡辺謙/チャン・ツィイー 【公開日】2019年5月31日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢やヴィヴィアン、考古人類学者のアイリーンら...

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』('19初鑑賞38・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ・・・・・評価額1700円

怪獣王の覚醒。 レジェンダリー・ピクチャーズの手がける怪獣クロスオーバー企画、モンスターバースの第三弾。 2014年版「GODZILLA ゴジラ」と「キングコング:髑髏島の巨神」と世界観を共有する「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は、ゴジラ映画としては日米通算35作目。 実写作品としては、2016年の「シン・ゴジラ」以来3年ぶりとなる。 本作で描かれるのは、小出しにされてきた謎の組織モ...

『ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ』(2019)

2014年公開の「GODZILLA」の続編で、「キングコング/髑髏島の巨神」に続く<モンスターバース>の第3弾。あれから5年、その存在が公になった秘密機関モナークは、怪獣の存在を秘匿していたと世間から非難され、存続が危ぶまれる事態に陥っていた。その頃中国のモナーク基地では、エマ・ラッセル博士と娘のマディソンが孵化した幼虫のモスラとのコンタクトを試みていたが、環境テロリストのアラン・ジョナが率...

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。「X-MEN:アポカリプス...

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界。 モスラ、ラドン、キングギドラら、単なる伝説にすぎないと思われていた怪獣たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始めた。 全人類の存在すらもが危ぶまれる中、未確認生物特務機関モナークは、世界の破滅を阻止しようとするが…。 SF怪獣アクション。 ≪王(キング)の覚醒。≫

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 がんばれキング!

 ゴジラ、ラドン、モスラはいずれも単独主演映画を持つスター怪獣だ。1954年公開の『ゴジラ』、1956年の『空の大怪獣ラドン』、1961年の『モスラ』は、タイトル・ロールの怪獣が出現することで充分に観客を魅了する作品だった。  残念ながら、ゴジラ、ラドン、モスラのようなズバ抜けた魅力を持つスター怪獣を次々に生み出せるものではない。  東宝怪獣映画で怪獣が単独主演した作品には、他にも『大怪獣...

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』★目玉はキングギドラ!?謙さん?(^^)/

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172415/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ハリウッド版の続編だそうです。 人間側の軸は 前回のゴジラ大暴れで、息子を失った夫婦。 見どころは、闘い合う ゴジラ・キングギドラ☆(目当て)・モスラ・ラドンたち。 彼らの、どれが敵か味方か? は最初わかりにくい…… どれが、善玉か悪玉か? (ゴジ...

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2D・日本語吹替版)』(公式)を『日本語字幕版』に続いて、本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら 80点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品...

ゴジラ キングオブザモンスターズ

怪獣映画を観た記憶は「モスラ」ぐらいしか残っていない。テレビ番組・ウルトラマンに登場するユーモアあふれる珍怪獣を観て恐竜と勘違いしていた節もある。7歳下の妹がテレビ画面を食い入るように眺めているのを笑って見ていた。そんな私が映画館に足を運び、期待度を低くしていたとはいえ結構楽しめたことにまず拍手を送ろう(笑)。キャパシティが広くなったのは亀の甲より年の功ということかも。昨夏、話題になった「シ...

「ランペイジ 巨獣大乱闘」 «  | BLOG TOP |  » 「ノックは無用」(6回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード