FC2ブログ
topimage

2019-12

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 - 2019.06.24 Mon

タイムトラベル系の話は、ややこしくて困る。

タイムトラベルの結果、何をどうしたらどうなるのか、よくわからない。論理的なアタマではないので。

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(通称「青ブタ」のシリーズ)のアニメは昨秋放送され、全話見た。
さまざまな「思春期症候群」にまつわる話で、もとはライトノベル。今回の映画は、ノベルでは6、7巻の内容なのだそう。


まいさん
舞衣さん。

ショッキングというか、テレビアニメ部分も含めて、それまでで最もドラマティックなストーリーなのではないか。映画化には、ふさわしいかも。
ショッキングではあっても、ああ、タイムトラベルなら、どうにかできそうだと、やがて思えてくる…ので、それほど感情には響かなかった…。

テレビアニメを見ていた最初は、第1回から順番に見ていなかったせいか、主人公男子が「サクタ」と呼ばれていたので「作田」みたいな苗字だと思い込んでいたが、彼の名は「梓川咲太」だった。

彼を取り巻いているのが、ほとんどが若い女性であり、本作では6名ほども出てくるから、うらやましいったらない。
バニーガール先輩の桜島舞衣さんとはラブラブになったし。
ほかの5人は、謎の少女で今回のヒロイン・牧之原翔子、後輩の古賀朋絵、科学部の双葉理央、妹の梓川花楓(かえで)、舞衣さんの異母妹でアイドルグループの一員・豊浜のどか。
テレビアニメを見ておけば、おー、あのキャラ出てきた、と楽しい。


ふぃるむ
特典でいただいたフィルムコマ風しおり。翔子さんだ。

残念なのは、テレビアニメでのオープニング曲をやってくれなかったこと。
the peggies の「君のせい」(下記にMV添付)は、流れるたびに、かっこいい!と思って見ていたので、映画でも使ってくれたら、個人的には盛り上がったのになと思う。
テレビ版と差別化したのか。
ただ、映画版のエンディング曲は、テレビでもエンディングだった歌を、(クレジットをちらりと見た限りでは、たぶん)女子キャラ6名全員で歌っている。

舞衣さんの声は瀬戸麻沙美さんで、本作の彼氏・咲太役の石川界人とは、現在放送中の「楯の勇者の成り上がり」では従者と勇者の関係(といっても、従者のほうは恋愛感情をもっている)になったりして、そういうところを知るのも興味深い。
翔子さんの声は水瀬いのりさん。私としては「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の女神ヘスティアさんだ!と思っちゃうけど、こうして声優さんで楽しめるのも、アニメの世界なんですね。
…と、話はそれつつ長くなりました。

つまり、アニメに、はまっていますよ、ということで多少熱く語りました。
おたくじゃ決してありません。

(6月23日 池袋HUMAXシネマズ)


しょうこさん
上画像のフィルムコマ風しおりは、この場面ですね。

2019年作品
監督 増井壮一
声の出演 石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、東山奈央、種﨑敦美

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project


テレビ版OP曲のMV。映画を観ても、聴くことはできません。

ブログパーツ

● COMMENT ●

ボーさんは、劇場が込んでて驚いたそうだぞ。

青ブタ人気を知らないな~。俺も知らないが。

原作、アニメとか未接触で行く一見さん鑑賞をよくやるのだけど、久々に全く手に追えない1本でした。

>fjk78deadさん

それまでのストーリーをまったく語らず、完全に「続き」でしたからねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3589-a75d04aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』

                            &...

「X-MEN:ダーク・フェニックス」 «  | BLOG TOP |  » 「ルージュの手紙」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード