FC2ブログ
topimage

2019-09

読書記録(2019年6月) - 2019.07.19 Fri

6月の読書記録。

ふたつ
「怪盗ルパン 二つえくぼの女」 モーリス・ルブラン
ルパンは好きなので、読んだことがないタイトルを借りてみた。二つえくぼ、というか、似た二人の女性なわけですね。ルパンはラウールの名前で、刑事や悪党と、さっそうと、やり合いますよ。訳文が講談調でした。(6月7日読了)

きょね
「去年の冬、きみと別れ」 中村文則
2014年本屋大賞第10位。映画になったときに聞いたことがあるような題名だったので、借りてみた。ん、そうなんですか、と思いつつ読み進めたが、それほど驚きなどはなかったねえ。(6月14日読了)

だれん
「ダレン・シャン 奇怪なサーカス」 ダレン・シャン
これも映画タイトルで聞き覚えがあって、借りてみた。フリーク・ショーを見に行くことで、主人公に訪れる人生の転機。シリーズが始まったところで、続編多数なので、読むのは大変だな。(6月26日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

激痛に耐える日々

私事ですが、ほぼ一カ月前から「帯状疱疹(たいじょうほうしん9)」にかかりまして、いまだに激痛に苦しめられております。

ある日の朝、目覚めると、胸の奥に激しい痛みが。「なにかが暴れている...」と直感しました。神経痛の一種なのかと思い、二日目に行きつけの整形外科へ。診断は「帯状疱疹です」と。抗ウィルス薬を処方してもらい、薬局へ行くと、なんと3割負担で6000円超!にびっくり。

 妻の知人の勧めで、その後は皮膚科に通ってますが、湿疹は改善されても、痛みがなかなか取れません。初期のころは、「神経をやすりで削られるかのような」地獄の苦しみでした。とにかくうずくんですよ。NHK「ガッテン」でもやってましたが、主婦で経験した方が「陣痛より痛い」と表現したほど。

 さて読書はというと、相変わらず遅々としたもの。
「三国志」「ファインダーズ・キーパーズ下巻」「戒厳令の夜」の3冊を交互読み。
 そうそう。4KBD版の「マルホランド・ドライブ」買いました! やっぱりきれい。

>又左衛門さん

それはまた大変な。
痛いのは嫌ですね。お金がかかるのも!
はやく完治するといいですね。

三国志は、どこかで展覧会があるとか噂を聞いたような。
「マルホ」私も大好きですけど、最近見てないなあ…。そのうち見たくなるかも。

今年も半分過ぎました

>「怪盗ルパン」
  小学生のころ読んだきりですね。「ルパン対ホームズ」?
今、連ドラで深キョン主演で「ルパンの娘」とかいうのやってるみたいですね。
>「ダレンシャン」
 この映画、録画したまま(笑)

さて、映画鑑賞のほうは、今年は順調です。なにしろネット配信の動画鑑賞が増えて、楽だから(笑) 知らない映画がたくさんあります。
最近では、「ミスター・ガラス」は予想以上の出来でした。逆に「万引き家族」は、これが何故受賞したのか理解できない。子役はうまいけどね。設定がありえない。
 もうそろそろ梅雨明けみたいですね。
京都アニメーションのテロ殺人は酷かった。犯人の妄想なんだろ?
こんなキチガイに殺された、前途有為の人たちの無念と遺族の悲しみはいかばかりか......

>又左衛門さん

「ルパン対ホームズ」は、ルブラン作ですから、当然ルパンのほうがかっこよく描かれますね。
「ダレン・シャン」は子ども中心向けな感じです。映画がどうなのかはわかりません。
「ミスター・ガラス」、これが完結編と見れば、けっこう、ちゃんとしていますよね。

京アニの作品は、去年からアニメを見はじめていても、なぜか、まだ見る機会がなくて。ひどい事件でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3594-5f8715dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2019年春のマイ覇権アニメ «  | BLOG TOP |  » 「復讐のドレスコード」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード