FC2ブログ
topimage

2019-10

「プリティ・プリンセス」 - 2019.08.30 Fri

アン・ハサウェイさんが実はプリンセス!

はじめがダサダサな見かけ(どうしてメガネ姿だとブサイク系と考えられるのか、ちょっと遺憾な気も)なので、いきなりプリンセスなのでしたと言われて、観客も(本人も)びっくりよ。

ぷり

女王さまが、なつかしのジュリー・アンドリュースさん。
プリンセスの座を継ぐも継がないも、アンちゃん自身にまかされて、さあ、どうしますか。

アンちゃん、19歳あたり? テレビには出ていたが、本作が映画デビューであるらしい。
「海底47m」や、ラプンツェルの声担当のマンディ・ムーアさんも、これが映画デビューのようだ。

(8月23日)

THE PRINCESS DIARIES
2001年 アメリカ作品
監督 ゲイリー・マーシャル
出演 アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース、マンディ・ムーア、ヘザー・マタラッツォ、キャロライン・グッドール

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Disney Enterprises Inc.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ずーっと前に

見たような気がします。フレッシュなアン・ハサウェイが可愛いですよね。
マンディ・ムーアさんも出てたんですか。画像の←側の人かな?
内容はぜんぜん思い出せませんが、気楽に観られる作品だった気がします。

>宵乃さん

ありがとうございます。
シンデレラストーリーそのものな、かわいい作品でした。
マンディさんは右かも。いま、ブロンドじゃないみたいですけど。チア部でアンちゃんとは仲悪い役柄です。仲良さそうな画像は、映画の場面ではないんですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3609-08f255ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリティ・プリンセス

芸術家の母と猫のルーイと一緒にサンフランシスコに暮らす内気でドジな女子高生ミア。 一度も会ったことのない離婚した父が事故で急逝し父への思いを胸に祖母を訪ねるが、なんと!祖母はジェノヴィア国の女王陛下だった…。 ファンタジック・ロマンス。

「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」 «  | BLOG TOP |  » 「コーヒーが冷めないうちに」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード