FC2ブログ
topimage

2019-11

「ローズの秘密の頁(ぺージ)」 - 2019.09.18 Wed

何十年もの軟禁の理不尽。

人の尊厳を奪う卑劣さに腹が立つが、こんなことがなかったとはいえないのがヒトの歴史なのだ。

ろうず

終盤に、実にドラマティックな仕組みが明らかになるので、素直に乗っていけばいい。
まさか、そうなの!? と先読みをしない私は、それなりに感動しましたよ。
しかし、神父の愛憎が異常すぎる気がするなー。

(9月16日)

THE SECRET SCRIPTURE
2016年 アイルランド作品
監督 ジム・シェリダン
出演 ルーニー・マーラ、ヴァネッサ・レッドグレーブ、スーザン・リンチ、エリック・バナ、テオ・ジェームズ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2016 Secret Films Limited

ブログパーツ

● COMMENT ●

おお~っ!

観ましたよ~!
トシ甲斐もなく感情移入し過ぎて、
もの凄く人を憎む感情を意識した作品でした(^^;

TB出来ないのでURLを貼っておきますね。
https://blog.goo.ne.jp/kirara-_-_2006/e/ef65cd7b9530cbbe339e9a226f8f78ee

>kiraさん

記事、あったのですね! ありがとうございます。
権力をもった人間が、ろくなものじゃないと、悲劇です。その面では、日本でも、さまざま当てはまりますね。
ヴァネッサさんの長いキャリアの一端が見られるし、ルーニーさんの凛としたところも見られて、そこは、よかったです。

私も深読みせずに観てたので最後はビックリ。
若きローズの映像と重ねる演出が凄く良かったです。

>pu-koさん

あれはびっくりしますよ、まさか、そんなことが、って。
冷静に考えると、ちょっと作りすぎな感じもしちゃったんですけどね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3621-a3f6d566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ローズの秘密の頁(ページ)

アイルランド西部にある聖マラキ精神科病院の取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために精神科医スティーヴン・グリーンがやって来る。 そこには赤ん坊殺しの罪で精神障害犯罪者として40年間も収容されている、老女ローズがいた。 彼女は秘かに日記を綴った聖書を手に、自分の人生を騙り始める…。 ラブ・ストーリー。

ローズの秘密の頁(ぺージ)

「マイ・レフトフット」「父の祈りを」のアイルランドの名匠ジム・シェリダン監督が、同国の人気作家セバスチャン・バリーのベストセラーを映画化した大河ロマン。第二次世界大戦時のアイルランドを舞台に、40年間も精神病院に収容されていた老女のミステリアスな愛の物語を綴る。主演は「キャロル」のルーニー・マーラと「ジュリア」のヴァネッサ・レッドグレーヴ。共演にジャック・レイナー、テオ・ジェームズ、エリック...

映画『ローズの秘密の頁(ページ)』★理不尽を払いのけきっと愛は遣わされる!\(^o^)/

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174595/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・北アイルランド関係の参考→コチラ ・ローズ:プロテスタント ・マイケル:プロテスタント  ローズの夫 英軍に参加 ・ゴーント神父:カトリック  第二次大戦中~以降の北アイルランド。 色情狂と嬰児殺しの冤罪で、 40年も精神科病院に収容されていた、ローズの物...

「皆殺しの天使」 «  | BLOG TOP |  » 「スマホを落としただけなのに」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード