FC2ブログ
topimage

2019-11

万座温泉へ その3 - 2019.09.23 Mon

2日目の午前中、山道登り途中から。

高山植物らしきものも。

はなだ

花壇みたいになっていたし、コマクサって書いてあった。これが、コマクサか! とくに感慨はないが名前は知っているぞ。
山道を降りて、湯畑の近くまで行ってみると、あんまり近づくとガスで危険のようだ。囲いがあって近づけないけどさ!

いけだ

つぎに「牛池」へ向かう。行ってみたら、こういう池でした。
うーん、ただの池だな…。

みちだ

遊歩道は張り巡らされていた。ゆえに、歩き回った。ヒマだから! クマなんか出る可能性も…。しゃべりながら歩いたほうが、相手が逃げるのでよかったりする。

くまだ

ほら! クマいるよ! ツキノワグマなのかい。
バス停近くの「万座しぜん情報館」へ。展示物を眺める。屋外展望テラスで係の方が、きょうはクマ出ました! 気をつけてくださーい。ふっふっふ。(とは言わないよ)

やどさ

お昼は「万座プリンスホテル」に入って、ケーキセットを頼んだ。食事でなくて甘いものって。歩き疲れてるんだな。10時から13時すぎまで歩きっぱなしだもの。
上画像は、プリンスくんでなくて、泊まる「万座高原ホテル」。こちらもプリンスホテル系列らしく、温泉は「高原」「プリンス」どちらにも入れる!

この宿も、バイキングの夕・朝食。食事どきは100人以上の客がいるのではないかと思うほどで驚いたが、風呂に入ると数人しかいないのが不思議。まさか、食事だけの客がいる?

へやん

4人部屋を使う。スキーシーズンだとグループで満員になるんだろうな。
ここの露天は「石庭露天風呂」で、1か所に6つだったか、露天風呂があった。したがって私は、数回行ったつど、全部に入っていた。それぞれ成分とか湯温が違ったりするわけだ。

翌日(3日目、7月25日〔木〕)は、「プリンス」の露天まで歩いていって、朝日が昇るのも湯につかりながら見てしまった! すばらしい!
露天、朝食、チェックアウト。
高崎で昼食がてら時間調整して、藤岡にいる姪の家に寄って、姪の子どもたちを交えて、夕方に一緒に外食。これも思い出になるなあ。
無事に、夜に帰宅しました~。

関連記事:
万座温泉へ その1
万座温泉へ その2


ブログパーツ

● COMMENT ●

ヒマだから、クマだから。

クマった人だ。

クマ出るんですね?

ボーさん☆
温泉たっぷり楽しまれましたね?
どうせならクマに遭遇してみて欲しかったデス・・・

>ノルウェーまだ~むさん

ありがとうございます。
いぜん、温泉地で山登りして、クマに遭ったことあります。
遠めだったので、向こうが去っていきましたが、驚いたですよー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3625-e081ac0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「イコライザー2」 «  | BLOG TOP |  » 万座温泉へ その2

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード