FC2ブログ
topimage

2019-11

読書記録(2019年9月) - 2019.10.01 Tue

9月の読書記録。

たいむ
「タイムマシン」 H.G.ウェルズ
こういう話だったのか。未来に行って、人類の進化(?)後の姿の2形態に出会い…。映画では見たことあったとしても、記憶がない、あいかわらずの自分。(9月19日読了)

さよう
「さようなら、オレンジ」 岩城けい
2014年本屋大賞第4位。はじめのうちは乗れずに読んでいたが、途中からはOK。異国の地で生きる女性たち。これほど子どもの影響って大きいのか。(9月29日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

タイムトラベル

10/5(土)の夜、BS朝日で「地中海殺人事件」をやってたので、なんとはなしに観てましたが、当団地内のケーブルが腐食・劣化しているのか、最近やたらとノイズが目立ちます。それで録画してあるBDを取り出して(字幕版)観始めました。でもその前に、NHKのデビット・スーシェ版のポワロ(「白昼の悪魔」)を観てなかったことに気づき、最後まで観ました。引き続き「地中海」を観終わったところ、両者はかなり違うということが分かりました。

まず「登場人物」の人数が違う。原作は未読ですが、スーシェ版はかなり原作に近いようです。霜月蒼氏の『アガサ・クリスティ完全攻略』(ハヤカワ文庫)を、クリスティ作の映像作品を観る際の参考にしていますが、「白昼の悪魔」は5段階評価の5になっています。私の個人的な感想は、冒頭の殺人のトリックとかが「ありえない」というか、犯人にとって非常に危険な行為であり、成り立たないのではと疑問に感じるので、過大評価だと感じます。

映画版では、本筋に関係ない人物は省略してある。ヘイスティングスすら出てこない。でもなぜポワロが南仏に休暇で来たのかという理由がわからない。医者から肥満を指摘され、ダイエットのため、料理も精進料理みたいなものしか食べさせてもらえないという「可笑しさ」が伝わらない。
この伝で「ナイルに死す」と「ナイル殺人事件」も比較すれば面白いかも。

さて、「タイムマシン」。
ジョージ・パル版の映画(1960)を先日スカパーでやってました。好きな作品です。人類にとって「最大の夢」ですね。2002年版の映画では原作者のひ孫(サイモン・ウエルズ)が監督していますが、作品の出来としてはパル版には及ばないと思います。

>又左衛門さん

スーシェ版は見ました。
リゾートみたいな島なので、印象には残りましたね。詳細は忘れましたが…。
あ、これ、地中海殺人事件ですか!?

タイムマシンは個人的には無理な気がしますが、行けたら行ってみたいものです。

因縁の対決

またまた今年も今夜からメットライフドームで始まります。
CSファイナル・ステージ第1戦。よろしくおねがいします。

さて、先日『メリー・ポピンズ・リターンズ』を観ましたが、BJさんご指摘の通り、主役のエミリー・ブラントの表情の硬さ。楽曲の覚えにくさ。到底オリジナルに及ばない。彼女はミスキャストだと思いますが、歌が上手いから選ばれたのでしょう。エミリーの親は弁護士と教師だそうで、きっと厳格な家庭で育ったせいじゃないかな。

 スーシェ版の「ナイルに死す」観ていますが、エミリー・ブラント出てますね。しかも被害者役で。こういう役は向いてますよ。
彼女、「プラダを着た悪魔」にも出ていたというので、U-NEXTで観てますが、まったく気づかなかった。髪の色が違うと分からない。

ピーター・ユスチノフの「地中海殺人事件」における水着姿は可愛いですよ(笑)
昔のオールドスタイルのワンピースがね。

U-NEXTには名探偵ポワロもホームズもそろってますが、残念ながら字幕版のみ。

>又左衛門さん

いま電車帰りですが、ライオンズ負けたではないですか!
情けないですが、この積み重ねで私はホークス嫌いになりますよ。
こういうときに強くないとダメ。まあいいや、ライオンズは優勝してるんですから。あとは関係ない。

メリポピ新作、なんで、あんな覚えにくい曲つくるんだろうと、不思議でしょうがないです。
作曲家の才能がないのかも。誰だか知りませんが。

ナイルに死す

関東地方にお住いの皆様。
台風お見舞い申し上げます。

スーシェ版の「ナイルに死す」観終わりました。個人的には、サイモン役の俳優がちょっと物足りないというか....

今度は12年ぶりに、ユスチノフ版の映画「ナイル殺人事件」を観始めました。
アンジェラ・ランズベリーも出てますね!しかもオリビア・ハッセーも!
というのは、「ジェシカおばさん」のゲストとしてオリビアと共演してるんですよ!このシリーズ、結構有名人が出演してるんですよ。「いちご白書」(先日初めてスカパーで放映されました)のキム・ダービーとか。そもそもこのドラマ、「刑事コロンボ」のウィリアム・リンクとリチャード・レヴィンソンが制作しているので実に面白い。

ところで、「オリエント急行殺人事件」を監督・主演したケネス・ブラナーの「ナイル」。米国では来年の10月公開予定とIMDbに載ってました。待ち遠しいです(笑)その次も期待したい。

スティーヴン・キングの「任務の終わり」上巻。買いましたよ。やはり原作とドラマは別物。文章を読む楽しみというものがあります。

タイムトラベルというと、往年の米国SFドラマ『タイムトンネル』。ご存じですか?子供のころNHKで夢中になって観た記憶がありますが、廉価版のDVDが出ているので、思い切って買いました。増税前の駆け込みです(笑)タイタニック号事件とかリンカーン暗殺とか、有名な出来事に遭遇するドラマです。

>又左衛門さん

ありがとうございます。
10時前ですが、うちのほうは、まだ風音がしますねえ。

コロンボやマクロードは見ていましたが、ジェシカは見なかったんですよね。
ブラナー版ポワロは、そういえばオリエントのときに、ナイル川でどうとか次作の前振りをしていましたっけ。

キングといえば「IT」の続編が全米公開中で、前作を観ているので、日本に来たら、一応観ないといけません。ジェシカ・チャステインさん出てるし!

「タイムトンネル」は名前しか知らないですね。ウィキったら、未放送の太平洋戦争エピソードが2本ありますね。

これはひどい !!

工藤公康監督、来期も続投要請へ(?!)
ホークスファンの大半が、一番恐れていたことが現実となりました。
もう、うんざりです。2年連続優勝を逃したのに。孫オーナーはお怒りじゃないのか?これでFAした福田は、まず間違いなく他球団に行くでしょう。とにかく工藤は、自分が気に入った選手しか使わないから。

>未放送の太平洋戦争エピソード
 「真珠湾攻撃前夜」の冒頭だけ観ました。日本では未放送なので、吹替えはなし。昭和16年の12月。いつもの二人が、なぜかハワイにある日本領事館にタイムスリップします。そこにいる日本人たちは、まるでヤクザみたいにガラの悪い男たち。戦後20年以上経っているというのに、アメリカ人の真珠湾に対する恨みはまだ凄まじかった。これでは日本では放送できませんよ。悪意に満ち満ちている。

二人はトニーの両親に会いに行きます。父親は海軍の軍人で当日の攻撃で戦死した。それでそのことを警告しますが信じてもらえない。子供のころの自分とも対面する矛盾....

>又左衛門さん

優勝しなくても日本シリーズへ行けている、したたかさによって、OKということでは? どの監督でも日本シリーズ、ましてや日本一に行けるとは限りませんので。「運」のある方もいるのではないかと。

日本がドラマ的に悪役イメージになった点もあるのかと思いますが、肉親などを殺された日には、やはり感情的なものはありますよねえ。それは日本側だって同じですが…。それでも個人と個人では基本的に仲良くなった例が多数でしょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3628-7b629cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ウインド・リバー」 «  | BLOG TOP |  » 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード