FC2ブログ
topimage

2019-12

「真実」 - 2019.10.29 Tue

コレエダが、カトリーヌ・ドヌーヴさん主演のフランス映画をつくってみたような。

何も知らずに見れば、純粋なフランス映画かと思うのでは?

女優のファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)が自伝を出し、それを読んだ娘(ジュリエット・ビノシュ)によれば、正直に書かれていないらしい。
私に言わせると自伝なんて自分にとってマズイことなんか書きにくいでしょう、となるが(ファビエンヌも同じような考えらしい)、嘘を書かれた相手がいる場合、当人は不本意には違いない。

母と娘の、お互いに離れている距離感、寂しさ、葛藤(これは娘のほうがほとんどだが)がメインテーマか。
娘の娘(ビノシュさんの娘として、けっこう似た感じでぴったり、かわいい)も出てくるから、3世代。
(関係ないけど、娘の娘は父がアメリカ人で母がフランス人でアメリカ暮らし。バイリンガルになりやすい環境でうらやましい。)

しんじ

めったに帰らない母(理由はある)と、寂しさを募らせる娘の劇中劇を持ってきたのは、うまい。
ファビエンヌが演じる役のセリフが、実の娘との関係のように聞こえてくる。

いかにも大物女優らしい、私生活は不器用なところがある感じ、愛情表現が苦手なイメージが、ドヌーヴさんが演じるとフィットする。
カトリーヌ・ドヌーヴさんが一段上に立っている、彼女のキャリアには周囲の俳優はまだ及ばない、と感じさせる映画でもあった。女王さまですね。

NHK-BSで「是枝裕和×運命の女優たち~フランスで挑んだ1年の記録~」というスペシャルがあり、おー、それでNHKが盛んに他の番組でも「真実」を取り上げていたのかな、と納得。
それによると、是枝さんはジュリエット・ビノシュさんと、いつか映画をやりたいねと話し合っていたそうで、ドヌーヴさんにオファーを出したのはダメもとだったそうだ。
いろんな国の人が出る映画を企画しているので、言語の違う俳優を演出する第一歩としての位置づけの作品でもあるとのこと。


えいが
劇中劇での母親役、マノン・クラヴェルさん(右端)は、とてもよかった。舞台中心で、映画は初めてだったそうだが。

おまけ。
BSの「是枝裕和~」を見ているうち、あるところで、是枝さんの発言に耳をそばだててしまったので、メモしておく。ドヌーヴさんの話で、

マリリン・モンロー、オードリー・ヘップバーン、カトリーヌ・ドヌーヴ、みたいな、そういうジャンル、カテゴリーじゃない? 大文字の『女優』っていうのを背負える数少ない現役」

マリリンですよ! うれしいなー。大文字の「女優」というのは、ドドーンと堂々と「女優」だよ!と言えるような人というか、大女優のイメージでしょうね。

(10月26日 TOHOシネマズ ららぽーと富士見)

LA VERITE
2019年 日本・フランス作品
監督 是枝裕和
出演 カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、クレモンティーヌ・グルニエ、マノン・クラヴェル、リュディヴィーヌ・サニエ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Photo L. Champoussin , Photo by VINCENZO PINTO/AFP/Getty Images - Image courtesy gettyimages.com

ブログパーツ

● COMMENT ●

エンドロールで、監督の名字がKORE-EDAになってた。

監督のウェブサイトも、KORE-EDA.comなんだよな。

これは観たい❕

日本の底辺を撮り続ける感のある是枝監督が、フランスの大女優たちとどう是枝ワールドを作り上げてるのか興味津々。
そのBSの特集も観たかった。
ちょっと前に最後の最後しか観れてないけど、ケン・ローチ監督と対話してて面白かったです。

>pu-koさん

!マークがスペシャルになってる!
ほとんどフランス人の出演なので、純粋にフランス映画のように見えるわけですけども。
BSの番組、もう少し早く言ってくれたら、録画削除してなかったのにねえ…。2時間近くありましたよ!

再放送

11/10(日)朝9:00−10:50にNHK/BS1で再放送されます。
引き続き11:00−11:50「是枝裕和×ケン・ローチ 映画と社会を語る」も
放送されます♪
あと、まだ再放送は決まっていませんが、同じくNHKの
プロフェッショナル 仕事の流儀「吉永小百合スペシャル」も
ご覧になるとよいです♪カトリーヌ・ドヌーヴさんとの演技の
取り組む姿勢を後で対比させると、とても興味深いものを
感じ取ることが出来ると思います♪

「真実」は私が今年観た映画の中でベスト3の1本です♪
字幕と吹き替え、それぞれ2回観ましたが、断然字幕版がよかったです。
ところで、私は、ボーさんがマノン・クラヴェルさんに恋すると
思ったのですが。3次元には興味がなくなったとかぁ(笑)

>さえさん

ありがとうございます。再放送あるかも、とは思っていました。pu-koさん、読んでますかー? 無理かな?
小百合さんは…興味ないので、どうかなー。

もしかして、子どもと離れた感情に同調して、いっそう感動しているのでは?なんて思いましたけど、どうなのでしょうねえ。
あ、マノンさん、とてもよかった、って書いてありますでしょ?
役名と同じなのですね。
私はリュディヴィーヌ・サニエさんって、こんなお顔だったっけ!?と、ちょっと驚き(見ている間は誰だかわからなかったです)。彼女の若いころの映画しか観ていないせいかもしれません。
いやいや、実写もアニメも行きますよ~。

やったーー❕

ありがとうございます❕(←スペシャル再登場)
最後しか見れず後悔したケン・ローチとの対談まで!!
おかげさまで録画予約完了です。
感謝感激です。ボーさんお知らせくださってありがとうございました。

>pu-koさん

うーん、そんなビックリマークの形、ここにありましたっけ(といいつつ、ろくに探していない)。
ケン・ローチのまであって、大サービスですね!
いやー、わたしなんて何もしていませんよ。伝言しただけ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3643-ba482fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真実

「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、初めて国際共同製作で手がけた長編作品。母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描く。女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブ、娘のリュミールをビノシュが演じた。そのほかリュミールの夫ハンク役でイーサン・ホーク、ファビエ...

映画『真実』★大女優の貫禄は肝っ玉母さん♪

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176526/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・大女優ファビエンヌ: カトリーヌ・ドヌーヴ☆ ・その娘: ジュリエット・ビノシュ☆ 大女優が、自伝を出版した。 娘は、家族とお祝いに帰省し、本を読んでみたら “事実“と違う”美談”が、書かれていて 驚くやら、呆れるやら…… 大女優は 女優が本当...

真実

フランスの国民的大女優ファビエンヌが、自伝本「真実」を出版し、“出版祝い”を口実に、アメリカで脚本家として活躍する娘リュミール、テレビ俳優の娘婿ハンク、孫娘シャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書が顔を合わせる。 やがて彼ら“家族”は、綴られなかった母と娘の“真実”を知ることに…。 ヒューマンドラマ。

2019年夏のマイ覇権アニメ «  | BLOG TOP |  » 「アナと雪の女王」(15回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード