FC2ブログ
topimage

2019-12

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 - 2019.11.05 Tue

このピエロ、なんでもありだね。

概して面白くはなかった。
…などと、ツイートした気がする。


とじこ
とじこめられましたー

けっきょく、自分のなかの恐れに打ち勝つことが大事なんでしょ?
スティーヴン・キングとくれば、複数人の友情の面では「スタンド・バイ・ミー」のお化け屋敷バリエーションとも思える。

こわくはないし、最後は化け物と化しているし(笑)、27年周期ってなんだよ。
前作の子どもたちの出番が、本作でもこれほど多いとは思わなかったが、今回あらためて撮影したのだろうか、2年経っているにしては、あまり見かけが変わらないような…?

2時間半越え(169分?)は、トイレの心配もあるし、おいおいって思いましたが、苦痛はなく終わりました。その点では、つまらないということもないはず。多少、お笑いを交えてたし。でも、ソフィア・リリスさんがかわいいってだけかもしれない。

(11月3日 イオンシネマ 大井)


てつな
ジェシカ・チャステインさん(成長後)とソフィア・リリスさん(27年前)。映画ではないショット。

IT: CHAPTER TWO
2019年 アメリカ作品
監督 アンディ・ムスキエティ
出演 ジェシカ・チャステイン、ソフィア・リリス、ジェームズ・マカヴォイ、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ブログパーツ

● COMMENT ●

27年周期

ボーさん☆
やっぱり原作読んでいない人は27年周期が何なのか判らなかったですよね~?
数字的には意味は無いのですが、過去の事件を遡って調べると、どうも27年周期だったという事なのですが・・・
そして過去の事件も原作ではかなり詳しく描かれていて、その土地に根付いている負の感情が、あの病院にいた悪ガキみたいなやつに影響を及ぼすってところはあまり伝わってなかったですね。

>ノルウェーまだ~むさん

にゃるほど。
過去を調べるしかないでしょうね、半端な27年周期とわかるには。
そういえば病院の件とか、襲ってきた野郎とか、理由はクラウン・スカルスガルドの影響かなとしか思いませんでしたけど、負の感情!? 過去から延々とあるんですねー。

こんにちは

あらいまひとつなんですね。
27年って中途半端... ですよねぇ。
30年よりは27年のほうがちょっと不気味さあるかもしれません←気のせい

>yukarinさん

こんばんは。
ええ、いまひとつ、ふたつです。
キングの何かが27年であるとか、いろいろ、どこかに理由らしきものが書いてありましたが忘れました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3645-169370ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」

https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201911010001/ ■予約■[FUNKO(ファンコ)] FUNKO POP! MOVIES: It: Chapter 2 - Pennywise w/ Open Arms <IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。>

IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

スティーブン・キングの小説「IT」を映画化し、世界各国で大ヒットを飛ばしたホラー「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編にして完結編。前作から27年後を舞台に、ビル、ベバリーら大人になった「ルーザーズ・クラブ」の面々が、再び「それ」と対峙するさまを描く。大人になったルーザーズ・クラブの面々を演じるのは、ビル役のジェームズ・マカボイ、ベバリー役のジェシカ・チェステインら。監督は、前...

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。・・・・・評価額1700円

今度こそ、“それ”を倒す。 アメリカの小さな町デリーに27年毎に現れ、子供たちを攫う“それ”こと恐怖のピエロ、ペニーワイズと、彼の存在に気付いた町の落ちこぼれキッズ“ルーザーズ・クラブ”の戦いを描く完結編。 前作 「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」から27年が経ち、すっかり大人になった彼らの元に、ただ一人町に残っていたマイクから連絡が入る。 “それ”が戻ってきた、と。 今なお、...

IT /イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。

小さな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件。 「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という“それ”からの不穏なメッセージが届き、幼少時代に“それ”の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前に固く誓い合った〈約束〉を果たすため町に戻ることを決意する…。 ホラー第2弾。 R-15

「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目) «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2019年10月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード