FC2ブログ
topimage

2019-12

「ターミネーター:ニュー・フェイト」  - 2019.11.10 Sun

終わってみると、予定調和、みたいな?

基本、前と同じ話だもの。

未来から来たターミネーターに狙われて、助っ人とともに逃げ、戦う。
わかりにくくなくなったのをよしとするか、3作目以降のめんどくさかったような気がする筋書き(話せと言われても覚えていないが、過去記事を読み直すと、「3」も「4」も「新起動/ジェニシス」も星3つ半以上で、けっこう気にいってる)の新味をよしとするか。


なによ
「よしとする?」(左:マッケンジー・デイヴィスさん) 「あんたの好きにしなさいよ」(右:リンダ・ハミルトンさん)

まずは、リンダ・ハミルトンさんとシュワちゃんコンビの再降臨を楽しむべきでしょう。
60代と70代ですよ。しかし、リンダさんは特に、そんな年は感じさせない。かっちょいいんである。


あーあ
「かっちょいいけど、もうちょっと仲良くしてくれないかな」(ナタリア・レイエスさん)

若手の女性コンビも頑張ってる。
強化型戦士は「攻殻機動隊」を参考にしたりしたらしいが。
機内から川へのアクション一連は、速さや暗さのせいだと思うが、誰がどうなっているのか分かりにくく、見ていてストレス。
最後は泣けるけど、これ、リセットのやりようがある世界なんだなあ、と気づいて安心したというか、拍子抜けしたというか。

(11月10日 イオンシネマ 大井)

TERMINATOR: DARK FATE
2019年 アメリカ作品
監督 ティム・ミラー
出演 リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、アーノルド・シュワルツェネッガー

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

リンダとシュワちゃんを観る作品!
未来からやってくる展開は仕方がないのですが、見事に前のと同じなのはちょっと....。女性が多すぎるのも....カッコよかったんですけどね。微妙な評価です 笑

>yukarinさん

おはようございます。
シュワシュワも、そろそろ年齢が…なので、つづきはないかなとも思えますね…。
女性3名とシュワ1名、米国人以外もいて、今どきだなと。

夫が観に行こうと先週から言ってるのですが、私はジョーカーを譲らないので2作とも未見(>_<)。こうなったら別々に観るしかありませんね😰

>しずくさん

ありがとうございます。
あー、「ジョーカー」ですね…私は好きじゃないけど…「ターミ(略)」も、話に新味がないですしねえ。
いっそ、「すみっコぐらし」は? 私は観ていませんけども。笑

観ましたぁ~

ボーさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

審判の日を回避しても、結局人間は愚かだからまた同じ道を辿って機械に支配される運命は変わらない・・という内容こそ嫌いではありませんでしたが、それでもそれならそれで機械軍団もエンドスケルトン等とは異なる勢力を出して欲しかった気もしますね。なもんですから自分も少し焼き増しのように見えてしまって・・(汗

とはいえこのシリーズはそのエンドスケルトンといったお決まりの要素を抜いてしまうとターミネーターらしさも抜けてしまうでしょうから、作り手の立場としても非常に難しい作品なのかなとも思っちゃいますね。

>しずくさん

おー!

>メビウスさん

おはようございます。
「ターミネーター」としての形式を、純粋に踏襲した感じですね。
今回は、リンダ・ハミルトンさん復活!が売りだったのではないかと思われます。

けっきょくは、殺し屋、逃げる、あくまでも追いかける、撃滅する、「2」までと同じパターン。ゆえに正統な続編なのかも!?

こんにちは。

長年見て来た立場からすれば、T2であれだけの活躍をしましたから、シュワが不動の主人公だと思います。それが、今回で成長して強くなったとはいえ、リンダさんがT800を破壊する、とまで言い放ってしまう力関係というのは、ちょっと残念な気がしました。

リンダさんは、レジスタンスをやるぐらいですから、命知らずでカッコいいです。ですが、機械と人間との境界線というのも、強化人間の登場で曖昧になっていますから、シュワが静かに暮らしていたというのも、高齢者らしい余生として良いと思います。

3以降ごちゃごちゃしすぎたから原点回帰な感じかしら。
何はともあれ『2』の正当な続編で、シュワちゃんリンダさん揃い踏みとなれば観るっきゃないです。
さーて何時観れるかな。

>隆さん

おはようございます。
シュワ、ロボットのくせに、おじいさんっぽくなっていましたからねえ。
戦うヒロイン系は、いつの世も強いもので、今回は一番ガッツが見えやすかったのでしょう。

>pu-koさん

原点回帰、でしょうね。
「2」の続編ということは…エドワード・ファーロングふんするジョン・コナー少年は、いったい? これも明かされますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3648-7491ac88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 『ターミネーター ニューフェイト』

&amp;nbsp; &amp;nbsp; &amp;nbsp; JUGEMテーマ:映画館で観た映画 &amp;nbsp; &amp;nbsp; &amp;nbsp; &amp;nbsp;  久しぶりに見たターミネータシリーズ。 &amp;nbsp; やはりターミネーターはアーノルド・シュワルツェネッガー &amp;n...

劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」

https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201911080001/ ターミネーター ニュー・フェイト/ サラ・コナー 7インチ アクションフィギュア[ネカ]《10月予約》

ターミネーター:ニュー・フェイト

メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーが弟ミゲルと共に、ターミネーター“REV-9”に襲われる。 彼らを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型女性兵士グレースだった。 ターミネーターを宿敵としてきたサラ・コナーも加わり、一行は国境を越えテキサス州エルパソを目指すが、そこで待っていたのは、あの男だった…。 傑作SFアクション第6弾。

ターミネーター:ニュー・フェイト・・・・・評価額1650円

運命は変えられるか? 前作の「ターミネーター:新起動/ジェニシス」の興行的・批評的失敗を受けて、当初予定されていた三部作がキャンセルされ、シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが、プロデューサーとして復帰した再リブート作。 キャメロンが参加していない「ターミネーター3」以降のシリーズは無かったことにされて、1991年の「ターミネーター2」から直接続く続編だ。 サラ・コナーはスカイネッ...

ターミネーター ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカム...

『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)

ジェームズ・キャメロンが製作に復帰した「T2」の正統派続編で、アーノルド・シュワルツェネッガーに加えリンダ・ハミルトンも参戦!これまでの作品だと、「T2」で”審判の日”を回避したはずが実は先送りにしたに過ぎず、結局は”審判の日”は起ってしまうということでシリーズを続行してきたけれど、今度の作品は”審判の日”を回避したことで生まれた新しい(別の)時間軸の世界から刺客がやってくるというストーリー...

Terminator: Dark Fate ターミネーター・ニューフェイト ー母親だからではないー

原題の副タイトルは「Dark Fate」(暗い運命)なのに、邦題では『ニュー・フェイト』(新しい運命)と変えられて日本では上映されているが、『ニュー・フェイト』で妥当じゃないだろうか伝説の戦士サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が甦り嬉しい。同じ年頃の女主人公が活躍するストーリーは滅多にないもの。登場しあっという間にREV-9を爆発物で無力化したサラにカッコイイと胸の裡で拍手を送る。鋭い眼光と...

ターミネーター ニュー・フェイト

【監督】ティム・ミラー 【出演】リンダ・ハミルトン/アーノルド・シュワルツェネッガー/マッケンジー・デイビス/ナタリア・レイエス/ガブリエル・ルナ 【公開日】2019年11月8日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーが、弟のミゲルとともにターミネーターREV-9に襲撃される。だが彼らを守ったのは同じく未来から送り込まれた強化型兵士のグレースだ...

「シャイニング」 «  | BLOG TOP |  » 「冴えない彼女の育てかた Fine」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード