FC2ブログ
topimage

2020-01

「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」 - 2019.11.28 Thu

続編として健闘。

はじめに、本筋とは関係ない話があるが、これはブローリン(「アベンジャーズ」シリーズのサノスを思い起こしてしまう)が変わらず活躍中なのを示すイントロダクションのようなものだろう。

メキシコの麻薬カルテルのボスの娘をさらうなどして、対立組織のしわざと見せかけ、カルテル同士の戦争を起こさせようと企むアメリカ。以下、ネタばれ。


いさべ
「トランスフォーマー/最後の騎士王」に出ていた、イザベラ・モナーちゃん。このころ16~17歳か。

デル・トロ(ギレルモ・デル・トロ監督ではなく、べニチオのほうだ)が娘とともに逃避行するはめに。
ブローリンは、一転じゃまな存在になった二人を始末するように上層部からの指令を受ける。

デル・トロ、まさかの撃たれて死んだかと思ったよ! あれは、少年がわざとはずしたと私は考えておく。
彼は仲間の車から飛び降りたし、なにしろ、デルトロが現れたとき、驚いていないようだったし。来るのを期待していたのではないか。
また続編があって、少年が部下で活躍したりして。

(11月21日)

SICARIO: DAY OF THE SOLDADO
2018年 アメリカ作品
監督 ステファノ・ソッリマ
出演 ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、キャサリン・キーナー

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ブログパーツ

● COMMENT ●

忘れましたけど

ボーさん☆
私も少年がわざと外したと思います。どんなだったか忘れましたけど・・・

弊記事へのコメントありがとうございました。

>はじめに、本筋とは関係ない話がある
あの事件は、麻薬マフィアの移民ビジネスが関係していると理解しています。少しだけ関係があるようです。

>あれは、少年がわざとはずしたと私は考えておく。
僕は一歩進めて「射撃の達人」で、死なない程度に当てたのだと考えました。ボーさんは既にご存知で、賛同してくれましたが^^

>また続編があって、少年が部下で活躍したりして。
その公算大ですね。

>ノルウェーまだ~むさん

頭に袋をかぶせられて、地面に転がされ、はって逃げようとするのに、あごのあたりを撃たれるんですね、こわいですね、いやですね、はい、思い出しましたでしょうか、それでは、さよなら、さよなら、さよなら。

>オカピーさん

そういえば、船での移民のことでしたっけ。そういう背景があるという。

しかし、よほどの達人ですよね。狙うにも、袋をかぶっていましたし(かぶっていたから、逆に致命傷だったかどうか、わからないのですが)。
少年の心理がはっきりしないからこそ、こちらが好きなように考えられるわけですけど。

サノスよりはまだ情の残ってるブローリンさんでした。幼女にやさしいところは似てるかも

>SGA屋伍一さん

いっそ、ジョシュ・サノス・ブローリンと改名したほうが。こどもにやさしいブロリンちゃん。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3651-fe893061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」

シカリオ デイ オブ ザ ソルダード原題である。暗殺者。兵士の1日。語感がカッコいい。麻薬カルテルの闇を追い掛けた前作「ボーダーライン」は凄い作品であった。救いがない。容赦がない。こちらも同様にかなり救いがなくて容赦がない。それも、今回はアメリカ合衆国とメキシコ連邦警察も絡んだ大きな組織ぐるみの容赦のなさだ。メキシコの麻薬カルテルに手を焼いていたアメリカ合衆国のCIAは、メキシコから密入国し...

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」 角川シネマ有楽町アメリカで自爆テロが発生した。犯人がメキシコ経由で不法入国したとの疑いをかけた政府から任務を命じられたCIAエー

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 殺し屋が次に狙うのは?

 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品『ボーダーライン』の続編。  今回の監督はドゥニ・ヴィルヌーヴではなく、『暗黒街』などのステファノ・ソッリマ。  メキシコからの不法入国者が爆弾テロを企て15人の市民が犠牲になるという事件が起きる。アメリカ政府はテロには屈しないとの声明を出し、さらに裏ではCIAの特別捜査官のマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)を使い、テロを支援したとされるメキシコ...

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。 政府はメキシコとの国境地帯を仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れる任務を、CIA特別捜査官マットに命じる。 マットは、一匹狼のコロンビア人暗殺者アレハンドロに協力を要請し、麻薬王の娘イサベルを誘拐してカルテル同士の戦争を誘発しようと企てるが…。 クライム・アクション。

読書記録(2019年11月) «  | BLOG TOP |  » 「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード