FC2ブログ
topimage

2020-03

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」 - 2019.12.28 Sat

ヒックヒックと泣きそう。

だけど、最後は、よかったー!で、しめてくれて満足です!

とぅー

「ヒックとドラゴン」は映画館でおもしろく観たのに、「ヒックとドラゴン2」は劇場未公開。

この3作目でどうやら終わりみたいだが、劇場公開でよかった。やっぱり、ダイナミックな映画だと、画面の大きさが違うと、受け取るインパクトが違うと思う。

ドラゴンとの共存を進めるヒックたち。手ごわいハンターが現れて島での暮らしが危険にさらされ、彼らは伝説の新天地をめざす。
躍動感に加えて、黒いナイトフューリーのトゥースレスと、白いライトフューリーの、ほほえましいロマンスも合わさって、見ごたえもじゅうぶん。
ドラゴンの故郷の映像的な美しさは特筆ものだ。

かのじ

ヒックの最後の決断には驚かされたが、考えてみれば、そうあるべきなのかもしれない。人間側の一方的な身勝手は許されないだろう。
とても素晴らしいまとめ方で、悲しくて泣き、うれしくて泣くという、感動の連続でありました。

(12月28日 イオンシネマ 大井)

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON: THE HIDDEN WORLD
2019年 アメリカ作品
監督 ディーン・デュボア
声の出演 田谷隼、寿美菜子、松重豊、深見梨加、村田志織

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved

ブログパーツ

● COMMENT ●

でも、俺は洋ピンで「ヒップとドラゴン」というのがあったら見てみるかも、いや、洋ピンはいいか。

>fjk78deadさん

ヒップス・ベポラップというのもありますよ。あ、あれはヒップスちゃうか。

こんにちは。

一緒に泣きましょうか。素晴らしいアニメシリーズでした。
他にもカンフーパンダとかシュレックとか、
面白いアニメシリーズはありましたが、ヒクドラが私は一番!

ヒクドラがどうやら今年最後の映画館鑑賞かな…って思ってたら
今日は5歳甥っ子つれてのシンカリオンでした(笑)
気持ち的には最後はヒクドラが良かったかな^;

>makiさん

おはようございます。
最後のほうは泣くなというほうが無理っすねー。
あ、カンパンやシュレは見たことないんですよ!
シンカンセンのも、さかんに劇場で予告編やってましたね。

良い終わり方で感動

吹き替え版だとマナーの悪い客がいる確率が高くて敬遠するのですが、字幕版は日時に都合のいいのがなくて、吹き替え版の鑑賞でした。
でも、家族連れが多いにもかかわらず、きちんと鑑賞できました。

この監督さんは飛行シーンがとてもよくて好きです。
ストーリー展開も良かったし、仲間たちがキャラ立ちしているのもいいですよね。

>風子さん

ありがとうございます。
地元近くの映画館は、観客6名くらいだったと思います!
子ども、いたかな…?
飛行シーンは多いですから、それがよくないと、いまいちになってしまいますね。
とくに最後はよかったです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3665-b54e24c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』よみうりホール

◆『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』よみうりホール ▲縁起物っぽい一対。 五つ星評価で【★★★★良く出来てる。面白い、そして正しい】 シリーズ三作目。普通に考えて三部作の三作目、完結編。 これで4作目を作るのは『トイ・ストーリー』くらい無理がある。 一作目は少年の成長物語であると同時に少年は歴史の転換点となる英雄物語でもあった。 二作目は少年にぶち当たる逆境、それを退ける男のドラマみた...

ヒックとドラゴン 聖地への冒険

【概略】 かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバー!亡き父の跡を継ぎ、若きリーダーに成長したヒックは、島を捨て、ドラゴンたちと新天地を探し求める決断をする。 アニメーション .0★★★★★ 映画館鑑賞。吹替。 待ってた、ヒクド...

ヒックとドラゴン 聖地への冒険・・・・・評価額1750円

一人と一頭なら、どこまでも飛べる。 ヴァイキングの少年ヒックと、ひょんなことから相棒となったドラゴンのトゥースレスの友情と成長を描く、ドリームワークス・アニメーションの大ヒット作、「ヒックとドラゴン」三部作の完結編。 前作で父ストイックの後を継ぎ、バーク島の若き族長となったヒックが、ドラゴンが増えすぎて手狭になった島を離れ、まだ見ぬ未知の世界への冒険へと旅立つ。 同時に一心同体だったトゥー...

ヒックとドラゴン 聖地への冒険

かつてドラゴンは人間の敵だった。 しかし、弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で、共存する道を選びバーク島で平和に暮らしていた。 だがドラゴンが増え続けて島は定員オーバーとなり、若きリーダーに成長したヒックは、島を出て新天地を探し求める決断をする…。 アニメーション。

『ヒックとドラゴン/聖地への冒険』(2019)

「ヒックとドラゴン」ではバイキングとドラゴンの、対立からの友情の芽生えを描き、「ヒックとドラゴン2」ではバイキングとドラゴンとの共存の素晴らしさを訴え、そしてこの3作目では、単に一緒にいて仲良く暮らすことがはたしてお互いの為に良いことなのかを抉る。アスティと結婚して名実ともにバイキングの長となり、父祖伝来のバーク島の平和を守ることを求められているヒックはもはや少年ではなく、また独りぼっちだっ...

ヒックとドラゴン 聖地への冒険

クレシッダ・コーウェルの同名児童文学を原作に、バイキングの少年とドラゴンの友情と成長を描いたドリームワークス製アニメ「ヒックとドラゴン」シリーズの劇場版第3作。前2作に続き、「リロ&スティッチ」のディーン・デュボアが監督・脚本を手がけた。あらすじ:かつてドラゴンは人間の敵だったが、弱虫なバイキングの少年ヒックと傷ついたドラゴンのトゥースの活躍によって両者は共存する道を選び、バーク島で平和に暮...

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(1回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード