FC2ブログ
topimage

2020-04

「グリーンブック」 - 2020.02.12 Wed

うまくできてるのう。

おもしろくなさそうだし、公開時、各賞総なめ状態だったのにも反発して、いままで見ていなかった。

WOWOWに来たのを機会に、しょうがないから見てやるか、とばかりに観賞。
そしたら、見事に上手に出来てるもんだ!
退屈もしない。
ほとんど、ふたり芝居といっていい。

上質。アカデミー賞も納得、妥当。
アリさんだけ獲るんじゃなくて、キリギリスくん、もとい、モーテンセンくんも同時に獲るべきでしょうに。


かーで
モーテンセン・ダンナからの手紙を読むカーデリーニ奥さま。

(2月8日)

GREEN BOOK
2018年 アメリカ作品
監督 ピーター・ファレリー
出演 ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ、ディミテル・D・マリノフ、マイク・ハットン

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

上手すぎる

去年、U-NEXTで観ました。
マハーシャラ・アリのピアノの腕前が凄い!
吹替えには見えないし、本当に弾いてるのかな....?
人種差別のひどかった時代に、金のためとはいえ、友情みたいなものまで感じさせる、ほのぼのとした交流がいいですね。ちょっと「夜の大捜査線」を思い出しました。

アカデミー賞で松たか子が「アリのままで」を歌えばよかったのに(爺だから時事ネタで)。

こんにちは。

ヴィゴはこういう役が似合うな、と思いました。

>又左衛門さん

そうでした、ほんとに弾いているように見えましたね。
もともと、やっていないと、あれだけうまくできないのでは。

>fjk78deadさん

松さん出たんですってねえ。ニュースでちらっと見ただけ。わたし、まーつーよ、いつまでも、まーつーよ、と歌ってもよかった。

>ここなつさん

こんばんは。
ヴィゴを前に見たのは何だっけ…ロード・オブなんとか?(古っ)

天邪鬼になる気持ち、わかります。それでだいぶ損してきたような気がする私です(笑)

>しずくさん

そうですね。でも、見たくない気持ちのまま見ても、おー、すげー、となるのは少ないのではないかとも思うので、まあ、しょうがないかなと。

あるある

ボーさん☆
なんとなくおへそ曲がって人気作品を避けちゃうことってありますよね。
そして後で観たらやっぱり良かったとなる(笑)

よくできてます

ですよねー

>ノルウェーまだ~むさん

あまりに評判がよくて、しかもですよ、男ふたりの話って、ワタシ耐えられると思います? あ、耐えた。どころか感心しちゃいました。ちくしょー!

>onscreenさん

ですよー。

男性二人のストーリーとしては、魅力があるのが不思議ですが、白黒でどちらも現実に向き合いつつ、新しい人生観を探してると思います。

僕は面白いと思いました。愛する家族が居て幸せよりも、ピアニストのアリの才人振りと、それらしい孤独を感じる渋い男性の姿が好きです。

彼の友情が昂じて、アリへの愛になったんじゃないでしょうか。人種とか血脈とか、そんなものは下らないし、もっと愉しく幸せに為れることがあるとの指南書のような映画でした。

>隆さん

家族構成は対照的でしたね。
人生いろいろではあります。
いっしょに過ごすと仲良くなる、というのはあると思います(最初から馬が合わない場合はダメでしょうけど)。

弊記事へのコメント有難うございました。

>モーテンセンくんも同時に獲るべきでしょうに。

そうですね。
 数年前白人オンリーと責められた反省もしくは反動から、一種のポリティカル・コレクトネスがアカデミー会員に生まれてしまったようで、現在の状況は、成果が同じなら、有色人種に賞がもたらされるという気がします。

と下手に書くと、それ自体が差別と文句を言われる可能性もあるのですが、僕は行き過ぎたポリティカル・コレクトネスには嫌悪感を覚えます。

逆に、この映画は、やはり反トランプ主義(なんて言葉は現在のところありませんが)が生み出した作品でしょう。「ドイツ野郎は嫌いだ」という台詞は、トランプに向けられたような気がしました。実際に言われた相手は確かドイツ人ではなくロシア人でしたけどね。

>オカピーさん

あとで確かめてみたら、去年の主演男優賞は、フレディ・マーキュリーを頑張ったラミ・マレックが獲ったのですよね。
それはそれで、しょうがないかとも思いました。

白人オンリーじゃなくて、という傾向はありますね。女性重視というか権利を、といったものも出てきました。
今度公開のハーレイ・クイーンの続編は主要スタッフ・キャストが女性が多い、なども。

トランプ、移民は出ていけ、ですからね。主役のふたりの役は移民系でしたね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3686-958faf84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「グリーンブック(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画『グリーンブック(日本語字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画...

『バイス』『グリーンブック』『マックイーン:モードの反逆児』トーホーシネマズ六本木3、9、6

同日鑑賞3本をできるだけ短評で。 ◆『バイス』トーホーシネマズ六本木3 ▲目だけ見れば確かにクリスチャン・ベールなんだけど。『火の鳥 宇宙編』で延々と若くなったり年を取ったりという刑罰に処せられる牧村隊員と言うのがいたが、クリスチャン・ベールってクリスチャン・ベールというマネキンの中に入って永遠に痩せたり太ったりしてる人みたいだ。 五つ星評価で【★★バイスの欲望が見えない】 どーも主役...

「グリーンブック」

心温まる良作。それは間違いない。ただ温まるだけでなく、笑いも痛みも伴って。題名の「グリーンブック」とは、人種差別が公然であった1960年代に、アメリカ本土を旅する黒人向けのガイドブックのこと。そこには黒人が宿泊できる…宿泊してもいいホテルが書かれている。本作では、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、当時人種差別が最も激しかった南部にコンサートツアーに出る際に同行した...

映画『グリーンブック』

アカデミー賞作品賞!! いや〜〜本当にね、いい映画観た〜〜〜〜って感じです(*´∀`*) 実話なんだそうです。 1962年、黒人ピアニスト、ドン・シャーリーは人種差別のまだ激しい南部へ あえてコンサートツアーを計画する。 運転手としてNYの有名ナイトクラブ・コパカバーナで用心棒を務めてるトニー・リップをスカウトして 南部へ8週間のツアーが始まる。 ドン・シャーリーは教養があって上流階級...

グリーンブック

監督:ピーター・ファレリー本作の大まかなあらすじを知り「最強のふたり」を思い出した。まったく境遇の異なる2人(車いす生活を送る富豪白人男性と彼の介護をするスラム出身の黒人青年)が深い友情で結ばれていくというストーリーだった。他にも似たのがあったような~。そうだ思い出した。「最高の人生の見つけ方」もそうだった。共に余命半年という、仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と家...

グリーンブック

1962年、アメリカ。 ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で、用心棒を務める白人男性トニー・リップ。 店が一時休業となった時期、彼は黒人男性ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツアー運転手として雇われた。 黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、2人は人種差別の激しい南部へと向かうことに…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。。

「キャッツ」 «  | BLOG TOP |  » 「藁の楯」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード