FC2ブログ
topimage

2020-07

「移動都市/モータル・エンジン」 - 2020.04.18 Sat

はい、みなさん、すごいですね、

このキャタピラの跡の大きさ言ったら、ちっちゃな人間と比べてごらんなさい、驚きますね。

もーた

こんな大きな移動都市が動き回るんですねえ。
そして、ちいさいのを飲み込んで取り込んでしまったりするんです。
ここの市長のもとで働いてる男がヒューゴ・ウィーヴィングですが、まー、以前よりだいぶ恰幅がよくなりましたねー、いったい誰か思いましたね。この男を殺しにやってくる女がおりますが、そこからお話が、どんどんどんどん広がっていきます。

おもしろい、変わった世界観、こんなん誰が考えたんでしょう、いうほどですね。
それでは、アマゾンプライムなどでご覧くださいね。

(4月18日)

MORTAL ENGINES
2018年 アメリカ・ニュージーランド作品
監督 クリスチャン・リヴァーズ
出演 ヘラ・ヒルマー、ロバート・シーアン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジヘ、レイラ・ジョージ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Universal Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは

世界観は面白いんですが、
キャラに魅力が足りなくて残念でした
他にも色々ありますが、多分キャラがもっと魅力的だと印象が変わってたかもと。
ヒロインの女性もいまひとつ光らなかったです。

このキャタピラの後に種を巻いたら、いい田んぼになりそうだ。

>makiさん

おはようございます。
キャラにはカネかけなかった(笑)みたいな感じはありましたね。
劇場公開時、都市が移動? なにそれ? と多少、好奇心はそそられたのですけどね。

>fjk78deadさん

耕作用機械としての存在価値ができましたね!

奇想天外

これ、アマゾンで予告編観ました。
一見すると面白そうに見えますけどね。感想見るとそうでもない。
絶賛している人とけなしている人に分かれますね。最近アマゾンでは「やらせ」による「絶賛書き込み」に要注意と問題になっている。だから絶賛意見には素直に従えません。

予告編だけでも、宮崎駿監督作品のパクリが散見されます。特に飛行物体が「ナウシカ」や「天空の城ラピュタ」にそっくり。浮かんでいる島か陸地が「ラピュタ」に似ている。これはまずいでしょ。

こんばんは。

こんばんは。
私は本作結構好きでした。粗を探せば色々出てくるのですが、それもまたご愛敬。
しかしもちっと主演の2人には華が欲しかったところです。

俳優がどうとか言う事は分かりませんでしたが、
移動都市同士での戦いとか、派手な処はありましたね。

華というのは、物量に持って行かれた気がします。
無機質な都市兵器でも、それを動かしている人間が居て、
その意志を代行して、何千倍ものエネルギーとなって、
破壊を欲しいままにしていると。

世界じたいが野蛮というか、おかしかったですが、
そこをロンドンが地ならしをして、人類の復権?
をするようなビジョンはあったのでしょうかね。

>又左衛門さん

アイデア的にはおもしろいと思いました。
なにしろ、ジブリはほとんど見ていませんし、そのものでなければ、パクリ大いに結構と考えている人ですので。

>ここなつさん

おはようございます。
うーん、主演ですよね。
やっぱり、お金がなかった!? という結論でしょうか!

>隆さん

ロンドンがどうやって海を渡ってきたのかとか、ふと思いましたが、もう地殻変化しちゃったのかもしれず、なんでもありです。
べつに、考えて見るものではないような気もしますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3709-855e579d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

移動都市/モータル・エンジン

ロンドンの野望はエネルギーが足りないので所詮無理だったのだと思う。でも、それなりに楽しめるSF娯楽作品だった。

移動都市/モータル・エンジン

【概略】 世界が滅び、人々は空に、海に、そして地を這う車輪の上に、都市を創った。たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後、残された人類は移動型の都市を創り出し、地上は“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変える。荒野は巨大移動都市・ロンドンによって支配されようとしていたが、一人の少女が反撃へと動き出す…。 SFアクション .0★★★☆☆ ビジュアルと世界観は良く出来てるし面白いものの...

『バンブルビー』『PRINCE OF LEGEND』『移動都市/モータル・エンジン』トーホーシネマズ新宿4、1、日比谷2、『ぼくの好きな先生』K,s cinema

同日鑑賞4本をできるだけ短評で。 ◆『バンブルビー』トーホーシネマズ新宿4 ▲顔の輪郭がアリスで中身がすずなんじゃなかろうか? 五つ星評価で【★★★長さが長すぎず絶妙】 主役の女の子が広瀬すずと広瀬アリスを足して割ったような顔。 そしてバンブルビーは黄色のコーディネートがパタリロっぽい点も含めて加藤諒に似てるかもしれない(おいおいおいおい)。 映画は普通に面白かったです。 ◆『PR...

移動都市 モータル・エンジン

世界が滅び、人々は空に、海に、そして地を這う車輪の上に、都市を創った。 たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後、残された人類は移動型の都市を創り出し、地上は“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変える。 荒野は巨大移動都市・ロンドンによって支配されようとしていたが、一人の少女が反撃へと動き出す…。 SFアクション。

「移動都市 モータル・エンジン」

この世界観はとても好きなのである。近未来…。世界は各国間での戦いを止めることができず、遂には互いに最終兵器を持ち出して破壊の限りを尽くすことになった。それは量子エネルギーを用いた爆弾「メドゥーサ」であり、その破壊力は凄まじく、国もろとも…人も建物も土地も全て廃墟と塵に化すものであった。「60分戦争」と呼ばれた最終戦争から後の数百年後、わずかに生き残った人々は、持てるもの全てを持って荒れ果てた...

移動都市/モータル・エンジン

フィリップ・リーブの小説「移動都市」を「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」のピーター・ジャクソン製作、脚本で映画化。へスター役は「アンナ・カレーニナ」などに出演したアイスランド出身の新鋭ヘラ・ヒルマー、仇敵となるヴァレンタイン役をヒューゴ・ウィービングが演じた。監督は、これまでのピーター・ジャクソン作品にストーリーアーティストや視覚効果、第2班監督などで携わり、「キング・コング」ではアカ...

「レディ・バード」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2020年3月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード