FC2ブログ
topimage

2020-07

「快盗ルビイ」 - 2020.04.22 Wed

キョンキョン、快盗になる。

「怪盗」ではなく、「快盗」なのが、ミソというかキョンというか、小泉今日子(&和田誠)なのである。

かいと

1988年の作品なので、現在、1985年まで来ていて、アルバム「Flapper」 キョン2ディスコグラフィ(31)以降、遅々として進まない「キョン2ディスコグラフィ」の順番待ちのために、観賞するのを待つのも待ちきれないので、見てしまった。(見てしまった、ということはないが、この記事は後で「キョン2ディスコグラフィ」の一編に変身する予定。)(何を言ってるのかな~と思われる方につきましては、優しく放置しておく。)

うるび

1988年8月12日、日比谷・東京会館で製作発表会。和田誠は「麻雀放浪記」以来4年ぶりの監督作になる。
キョンキョンには「生徒諸君!」「ボクの女に手を出すな」に続く3本目の主演作品。御年22である!

いはた

ヘンリー・スレッサーの短編「快盗ルビイ・マーチンスン」をもとに、舞台をニューヨークから東京に変え、主人公を女性に変えた。
「今回は思いっきりチャーミングな女の子が私の役。“おしゃれ”が大前提にあるので、女性の方には私のファッションも見てほしい」(1988年8月13日付 スポーツニッポン)とキョンキョン。1988年11月12日(土)公開。併映は「怪盗ジゴマ 音楽篇」。

なこい

母と二人暮らしのサラリーマン林徹(真田広之)の住むマンションの上階に引っ越してきた加藤留美(小泉今日子)。
彼女は、これから犯罪者として生活すると徹に話し、気弱な彼を相棒に引き込む。おーい、いいのか徹。

のしい

銀行強盗をたくらんだり、宝石詐欺にチャレンジしたり、空き巣狙いをやったり。
はては、男に出した手紙を取り返してきて、と徹に頼むルビイ(留美)。
いやだよー、といいながら、いつものように従う徹ちゃんなのであったー。

ずみき

しかし、最後にはルビイは、自分にとって徹の存在とは何だったのかに気づく。
こっ、この、まなざし、表情ったら! あ、わたしを見ているのか(おーい)

ようこ

エンドロール。カメラを向けられて、照れちゃって、もー、どんだけ!

(4月19日)

1988年作品
監督 和田誠
出演 小泉今日子、真田広之、水野久美、吉田日出子、木の実ナナ

好き度☆☆☆☆(4点。ひいき目。満点は5点)


(c) 東宝

ブログパーツ

● COMMENT ●

和田誠監督

去年亡くなられたんですね。
もともと、映画好きのイラストレイターのイメージが強かったわけですが。
「お楽しみはこれからだ」全巻持っています。
監督としての「麻雀放浪記」は傑作だと思います。真田氏が主役で。今や世界で活躍する国際スターですよ。「ウエスト・ワールド」ドラマ版にも出てるみたいです。
しかし二人とも若いねぇ(笑)1988年ですか。昭和最後のころですね。
これ録画したまま未見です。

大林監督も亡くなりました。ひとつの時代が終わった....
ところでBJさん、連休は帰省されないのですか....?

>又左衛門さん

私も和田さんの書いたものでは「お楽しみはこれからだ」が、一番おなじみです。
和田さんの描いたマリリンも、すごく、いいんですよね~!
その人が、キョンキョンの映画の監督に!と、うれしかったですよ。

もうすぐ連休なのですね…感染していないとわかっているなら帰ってもいいのでしょうが、簡単に検査もできない今の状況では無理でしょう。観光地は、都会から来ないでくれ、と宣言したりしていますしねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3713-f8790e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アンロック 陰謀のコード」 «  | BLOG TOP |  » 「ワンダーストラック」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード