FC2ブログ
topimage

2020-07

「アンロック 陰謀のコード」 - 2020.04.23 Thu

たぶん、注目を集めていないわりには、おもしろい。

誰が敵なのか、とスリルがあるから、見ていて楽しめる。
なにげに、わりと豪華キャスト。
ノオミさんは、やっぱり、どうも地味な気がするのは、しょうがないのかなー。


あんろ
だれが地味だってえ!? 撃つわよ

それから、トニ・コレットさん、背が高いと思ったけど、調べたら1メートル73? それほどでもないか。

(4月19日)

UNLOCKED
2017年 アメリカ・イギリス・チェコ・スイス・フランス作品
監督 マイケル・アプテッド
出演 ノオミ・ラパス、オーランド・ブルーム、トニ・コレット、ジョン・マルコヴィッチ、マイケル・ダグラス

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2017 UNLOCKED DISTRIBUTION LIMITED

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

こんにちは。
影のキーマン、あのお方…とってもお元気でした…というような所にばかり目がいってしまい、作品としてはちょっと普通なような記憶が…
というか、ノオミさんに対する期待値が私とても高いのだと気づきました。オーランド・ブルームにはそんなに期待していなかったので、逆に良かったです。

>ここなつさん

おはようございます。
私は考えなしで見てるので、まさか、あの人がワルだなんて思いませんでしたー。
あの人も含めて、どんでん返し的なのが多くて面白かった。
ノオミさん…期待してないなー(ごみん)。オーランド、どこのヤクザかと思いました。(藁)

ノオミもオーランドも、ちょっと悪そうな感じでしたね。
組織として事件に立ち向かい、その集団の力もあるのでしょうが、
それが、誰もが避けたがるフロンティアであり、そこで働く事が
ノオミに求められたのでしょうか。

何か、大きな組織と言う割には、スタンドプレーが目立ちましたね。
確かに地味ですが、戦績だけ見ればカッコいいと思います。

>隆さん

映画のように、何か起きるからスタンドプレーみたいに行動が目立つわけでしょう。
ノオミさんの印象(お顔?)が地味なので、ストーリーはイケてると思いますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3714-3e71ddd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アンロック 陰謀のコード」

イギリスの町のコミュニティセンター。そこで相談員をしているアリス・ラシーン(ノオミ・ラパス)は、かつては有能なCIAの尋問官であったが、パリの無差別テロを止められなかったことに責任を感じ、今はCIAから距離を置いている。有形無形のテロリストの行動を監視していたCIAにざわつく日が訪れた。ヨーロッパ部門長ボブ・ハンター(ジョン・マルコビッチ)の元に報告が届く。テロリストに師の言葉を伝えるメッセ...

アンロック 陰謀のコード

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」「プロメテウス」のノオミ・ラパスが陰謀に巻き込まれながらもテロ阻止のために奔走するCIAの尋問スペシャリストを演じるサスペンス・アクション。共演はオーランド・ブルーム、トニ・コレット、ジョン・マルコヴィッチ、マイケル・ダグラス。監督は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」のマイケル・アプテッド。あらすじ...

アンロック 陰謀のコード

イギリス東ロンドンの地区センターで、表向きは就職斡旋の仕事をしている女性アリス・ラシーン。 彼女はCIAの職員で前は尋問官だったが、パリでテロ事件を阻止できなかったことを悔やみ、一線を退いていた。 ある日、イスラム教の指導者ハリムが指示を与えた使者が身柄を拘束され、アリスが尋問官に指名される…。 サスペンス・アクション。

2020年冬のマイ覇権アニメ «  | BLOG TOP |  » 「快盗ルビイ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード