FC2ブログ
topimage

2020-07

読書記録(2020年4月) - 2020.05.01 Fri

4月の読書記録。

ぶらっ
「ブラック・スクリーム」 ジェフリー・ディーヴァー
リンカーン・ライム・シリーズ第13弾。今度は珍しく海外、イタリアへ! イタリアでの新キャラも魅力的。(4月9日読了)

めいき
「迷宮のアンドローラ」 長岡秀星
何十年も昔に、古本販売のラックで見つけた本。やっと、全部ちゃんと読んだ。小泉今日子さんがイメージソングとして歌った曲のほうが有名ではないだろうか。(4月17日読了)

あいこ
「MOVIE ICONS MARILYN MONROE」 Paul Duncan 編
ほぼ写真。キャプションで英語がついているけど、読めないもん! これでも立派な読書一冊だ。(4月21日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

「100分de名著」

というNHK Eテレの番組、ご存じですか?
古今東西のあらゆる名著を、1回25分×4回=100分で分かりやすく解説しちゃおうという伊集院光君が司会の番組です。もう始まって随分になりますが、たまたま昨日、再放送の「松本清張特集」を観ました。2回目以降は録画済みなんですが、1回目の「点と線」は見逃してました。映画版も、ビートたけしのドラマ版も持っています。ドラマ版は、今はないブルートレインとかつての東京駅のホームを再現したのが話題になりました。清張さんのはタイトルも斬新です。元デザイナーらしいセンスが溢れています。

>又左衛門さん

知らなかったです。
名著を知ることができるのは嬉しいような、もし今後読もうと思うなら、知らないほうがいいような。
清張、お好きですね~。私は読んだものはないかも。行きつけの図書館で単行本で並んだのは見かけていない気がします。

長岡秀星さんと言えば...

やっぱり、アース・ウインド&ファイヤーの一連のLPジャケットの斬新なデザインやカーペンターズのジャケットが有名ですよね。
検索したら、なんと私と同じく長崎市のご出身だとか。知らなかった....
私はこのE.W&Fが好きなんですよ。時々「セプテンバー」などを聴いてます。

>清張、お好きですね~
 昨日さっそく、映画版の「点と線」を13年ぶりにU-NEXTで再見しました。
日本人のライフスタイルの変化には驚きますね。戦後とはいえ、和服を着た人が多かった。高度経済成長の前です。汽車(SL)で移動するのが普通で、ブルートレインには食堂車もついてました。

>私は読んだものはないかも。
私の父は「点と線」の初版本を持ってました。私が清張さんのファンになったのは、多分父の影響でしょう。あの頃はベストセラー作家でしたから。カッパブックス・シリーズとか。中学になってから清張作品を読み始めたのですが、月刊「宝石」に連載してた「Dの複合」を読むのが楽しみでした。

 清張作品の魅力を一言で言うならば、人間の「業(ごう)」がもたらす顛末を見せてくれるということでしょうか。登場人物の多くはだいたいが欲にまみれた人々です。この「点と線」で清張さんが訴えたかったのは、「官僚の汚職」と「部下への責任転嫁」=いわゆる「トカゲのしっぽ切り」です。官僚トップが犯した犯罪。まるで現在のモリカケ事件とそっくりじゃないですか!

 清張さんの功績は、それまでの「探偵小説」レベルを脱して、「推理小説」にレベルアップした。しかも社会問題をブレンドして。単なる犯人捜しじゃない。

>又左衛門さん

そういえば、EW&Fのジャケットは有名のようですね。
私は曲名すら思いつきませんが…。

清張氏は図書館で見かけて、ふと興味がわいたら…というところですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3723-7d85148f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ペット2」 «  | BLOG TOP |  » 「スイング・ホテル」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード