FC2ブログ
topimage

2020-07

「アルキメデスの大戦」 - 2020.05.17 Sun

大和建造を阻止せよ!

といっても、戦艦大和が造られたことは事実なので、菅田将暉の任務は失敗するのか、どういう話になるのかと思いながら観賞。

あるき

なるほど、そういうことになりましたか。
田中泯が、いいところ持ってった印象が残る。そんなキャスティング。

戦艦同士が大砲で戦う時代ではなく、航空機(と、それを積載する空母)が主役になる戦争。まさに太平洋戦争は、そうなった。
多数の航空機により、爆弾や魚雷などを浴びつづければ、艦船は沈没や大破を免れない公算が大きい。
でも、それは、実際にそうなったことを知っているから、言えることなのかなあ。山本五十六は予想していたらしいが。

(5月17日)

2019年作品
監督 山崎貴
出演 菅田将暉、柄本佑、田中泯、浜辺美波、舘ひろし

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 (c)三田紀房/講談社

ブログパーツ

● COMMENT ●

五十六というのはでかい数字の名前である。数字だけの名前でこれ以上でかいのは「六三四の剣」の六三四くらいかな。

無用の長物

去年映画館で観ました。久しぶりの東宝・戦記物といっても、戦争そのものではなく、軍部首脳の「先見の明のなさ」「無能ぶり」を痛感する映画。

こいつらが、日本を敗戦に導いたといっても過言ではない、「大艦巨砲主義」という時代錯誤の方針決定。莫大な予算を、大和と武蔵という、全く活躍できなかった巨艦に費やした、アホな患部(幹部じゃない)たち。

山本五十六は日露戦争を経験した数少ない人だったのに、その意見が入れられなかったのだろう。まぁ、そもそも日米の工業力の差から、この戦争が無謀だと主張していたはずですが。浜辺美波ちゃんが可愛かったなぁ。

>fjk78deadさん

具体的な人物では思い出しませんが、八十八、九十九とかありますね。七十七なんかも読めるかも。

>又左衛門さん

日米の主要決戦場が太平洋だったことで、海軍、空母は重要だったでしょうね。
ヨーロッパの国々はそれほど空母をつくっていない(必要ない)と思います。
アメリカはたくさん。工業力が違いますからねえ。

映画館再開!!

当地では「緊急事態宣言」が解除され、それに伴って映画館もいよいよ再開の運びとなりました。まことに喜ばしいことではありますが、まだすぐ行きたいという気は起きませんね。正直、まだ「怖い」しね。。観たい映画もないし。
当分「様子見」といったところでしょうか。たいていの皆さんの感想も同じようなものでしょう。

>又左衛門さん

おお、解除で、即、映画館もOKなんですね。
稼がないと、やっていけないですからね。
しばらくは公開延期だった作品などがありますが、アメリカなどは新作製作が止まっていたでしょうから、この際、過去作品上映もいいと思いますが。

ありえない!

当地にある映画館サイトの「上映プログラム」を検索していたら....
某宗教団体制作のカルト映画が、どの映画館でもトップに表示されて、しかも評価が不自然に高いんですよ(笑)5点満点中の4.1と、「パラサイト」よりも高い。主演はこの団体に所属する某女優の「広告塔」。これは「組織票」としか思えない。この評価につられて観に行く奇特な人は少ないと思うけれど、映画の評価は鵜呑みにしちゃだめ(笑)

劇場で観ました! 私的には結構面白かったです。TBさせて戴きました。

>又左衛門さん

ほとんどの人は無視しますよ。
それから、お願いですが、多少はいいですけれども、これは掲示板ではないですから、該当記事(アルキメデスの大戦)と関係ないことはあまり書かないでください。

>しずくさん

数学、計算の視点から切り込むのは新鮮でしたね!
反戦の立場なのも、私は支持はします。

おはようございます。

3月から5月まで、ずっと家での映画鑑賞でしたが、当たりはずれもあって、そこを探りながら見るのも楽しいかも知れません。おうち映画の感想はまとめて書いてます^^
これは当たりの方かもしれませんね。
五十六さん、さながら正義の人のように見せといて、最後に見せる顔。頑固で傲慢にしか見えなかった田中さんの演じるところの人の本当の想い。なんだか最後にある種のどんでん返しがあって、この作品に重さを与えたと思います。
が、大和に乗っていた人の事を考えると、どんなことを言われたって「何言ってるんだい。」と言う気持ちになってしまいました。
と言っても、会議室で行われる攻防戦は面白かったですね。

>kiriyさん

こんばんは。
まあ、本当の本人がどうだったのかは、当時の本人と周囲の人のみ知るのかもしれません。
敗戦必至になってから、玉砕だなんだで突撃したようなものでしょう、大和も。かわいそうですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3728-b21c9bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アルキメデスの大戦』(2019)

「ヤングマガジン」誌上に連載されている三田紀房による漫画を、山崎貴が映画化。出演は菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろしら。撮影後に急逝した角替和枝に捧げられている。第二次大戦秘話ではあるが、戦争映画というよりはミステリー・サスペンス物やコン・ゲームの趣きもある異色のドラマで、菅田将暉が「仮面ライダーW」のフィリップを彷彿とさせる変わり...

映画『アルキメデスの大戦』★痛快な櫂の計算と上いく平山の先見

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176528/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・櫂(少佐): 菅田将暉☆ 数学者 ・平山(中将): 田中泯☆ 計算(数学)で、戦争を止めようとした男―と聞きましたが 端的には、戦艦(大和)の造船を、阻止しようとする。 でも、造られましたよね…… その経緯の鍵を握ったのは、田中泯さん♪ 泯さんの...

アルキメデスの大戦

1933年(昭和8年)、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、戦いの軸となるのは砲撃戦だとして世界一の巨大戦艦建造を進める嶋田繁太郎らと、今後は航空戦が主流になるとして航空母艦建造を推す山本五十六らの戦艦建造反対派に分れていた。 山本は、元帝国大学の数学者・櫂直(かい・ただし)に命じて、巨大戦艦がいかに無駄遣いであるかを明らかにしようとする…。 人気コミック劇場版。

アルキメデスの大戦

アルキメデスの大戦 1930年代、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と称される天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見。軍部の陰謀を暴こうと動き出す。...

アルキメデスの大戦・・・・・評価額1750円

戦艦大和とは、いったい何だったのか? 驚くべき傑作である。 戦争映画然とした予告編から想像出来る内容と、実際の映画は全く違う。 戦闘シーンはあるが、これは戦争映画ではない。 背景となるのは、海軍の次期艦艇を戦艦にするか空母にするかの、軍内部の派閥対立。 航空機の時代の到来を予測し、空母の建造を推す山本五十六は、空母よりも巨大な戦艦の予算見積もりが安すぎることに疑念を抱き、本当の建造予算を...

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 «  | BLOG TOP |  » 「アガサ・クリスティー ねじれた家」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード