FC2ブログ
topimage

2020-09

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 - 2020.05.24 Sun

この結末は良かった!

本作を見ていない方にはネタばれになる。

わんす

タランティーノは、シャロン・テートさんの事件をなかったことにしたかった、それが第一の思いだったのかもしれない、と見終わってから思った。映画界の過去の忌まわしい大事件を。

私が彼女の身に起きた事件を知ったときは、猟奇的な内容もあいまって、強い印象を受けたものだった。
そのあと、ポランスキー監督・主演、シャロンさん出演の映画「吸血鬼」(いつのまにか、「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」という題名になったが)を見た。
独特なムードの映画を好きになって、シャロンさんの綺麗さも心に残った。
本作で取り上げている「サイレンサー/破壊部隊」(1968年)は、大昔に見たけれど、まったく記憶にない。
彼女がこのとき生きていたなら、その後の映画界や社会は、どう変わったのだろうか。変わらなかっただろうか。

全体としては、はじめは半分寝てた。おもしろくないので。
ブルース・リー(を演じた俳優)が出てきたあたりから、一応、目が覚めた。
あとは、美人の少女女優さん(ジュリア・バターズちゃん)とか、ヒッピーズでマーガレット・クアリーさん、ダコタ・ファニングさんやら出てきて、まあまあ飽きなかった。

あぽん

例の事件(の好意的改変)の描写が始まったときに時間を見たら、ほとんど2時間も経っている!
ヒッピーズのやられ方も、タランティーノらしい、はちゃめちゃぶり。
散文的というか、のんきに語らずに、たまにはシュパッとまとめて1時間半くらいにしてほしいものだが。「だらんティーノ」って呼んでやろうか。

本作でも触れられているマカロニ・ウエスタン。その大御所セルジオ・レオーネ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」を意識したタイトルなのでしょうね。「むかしむかし、ハリウッドで…」の作り話でもあるし。
映画好きだから、ハリウッドを舞台にした映画はもちろん大好きだ、とは限らないんだなーと、自ら実感したことである。

(5月23日)

ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
2019年 アメリカ作品
監督 クエンティン・タランティーノ
出演 マーゴット・ロビー、ジュリア・バターズ、マーガレット・クアリー、ダコタ・ファニング、ブラッド・ピット

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

長かったですか?

こんにちは。
タランティーノ作品って、皆さん長いとおっしゃいますが、私はいつもあまり長さを感じないんですよねぇ…本作も全然長さを感じなかったです。
とはいえ、終盤の怒涛の展開はもう少し前からあっても良かったかな?という気は多少はしますけれども。

弊記事へのコメント有難うございました。

>シャロン・テートさんの事件をなかったことにしたかった、
>それが第一の思いだったのかもしれない

僕もそう思った口ですね。
シャロン・テートが助かったラストに泣きました。タランティーノの映画で泣いたのは初めてでしたね。

>ダランティーノ

「パルプ・フィクション」以降、僕はダベン(駄弁)ティーノと言っています。彼のファンはその駄弁が好きらしいが、当方には退屈です。

>「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」を意識したタイトル

「ウエスタン」の英語原題ですね。その他にセルジオ・レオーネは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」という作品を作っていますが、タランティーノの趣味から言えば「ウエスタン」のほうでしょうね。

長い派です。
無駄なセリフや無駄なシーンが多い。それは味ではあるけど、くどいのが好きな人もいれば淡いのが好きな人もいる。ラストのとことこ片付いていく感じは評価するけど、ラストに至るまでは長い。

>ここなつさん

長いですねえ。
2時間半を基準にされちゃあたまらない、というのが基本意見。私の基準は1時間35分なので(テレビの洋画劇場かよ!)
タラで好きなのは「キル・ビル」くらいかな~。113分です。

>オカピーさん

私は、ちらっと「助かる」うわさを目にしてしまっていたので、少しインパクトが減ったのが惜しかったです。

ダべンティーノ(笑)。ダベンポートは、実際にいますね。
「ウエスタン」、原題が長すぎるので、邦題を短く変えるパターン。その伝でいくと本作も、以前だったら「ハリウッド物語」などになりそうですね。

>fjk78deadさん

長いですよねえ。
語りたいことをどんどん肉付けしていって、という感じで。
逆に、削ぎ落としていくほうが好み。長い映画を短くさせた昔のプロデューサーじゃないけど。

あれ~~

ぎゃぁぁーー!
出演者の欄に、レオの名前が無いーーー!!(T_T)

長いかと問われれば長いっ!
予定を立てる時に2時間超えだと躊躇します。確かに。
どちらかと言えば、私も削ぎ落し派ですね👌
まあ、本作は十分堪能したのでよしデスが(^^)

https://blog.goo.ne.jp/kirara-_-_2006/e/690d6578607b176cc11d6eed5d503cf3

>kiraさん

もうしわけございまっせん!
うちは、出演者といえるくらいに印象があって、好きな女優さんがいれば、彼女たちから順に名前を挙げていく方式なので…で、5人が基準なので、6人目のレオは落ちちゃいましたー。これも自分のブログだからできることですねえ。

最初のうちが、なんだか、ゆるーい感じで、寝なさいと言われたみたいで。半分寝ました。

ボーさんこんばんわ♪ご無沙汰しております。それとTBが遅れて申し訳ありません--;

自分はシャロン・テートの事件はリアルタイムで知り得てはいなかったのですが、全米の方ではショッキングな事件でもあっただけに、このタランティーノ作品のようにIF(もしも)でも無かったようにしたい思いを抱いてる映画関係者はたくさんいるんだろうなとも思えちゃいますね。

ある意味主要人物三人の日常を描いてる内容でもあったので、道中あくびが出ることも然もありなんですが、個人的には最後にヒッピーをこらしめるブラピの容赦なさが痛快で眠気もスカッとさせてくれた気がしますw

こんばんは。梅雨入り&コロナ明け?ですがお元気でしょうか
わたしは長かったけど気にならなかった派かなあ。シャロンさんが映画館肉シーンとかいらないっちゃいらないけど、観ててなごみました

>メビウスさん

こんにちは。
彼女の事件がからむ映画と知ったときは、やだなーと思ったのですが、こんなふうに決着をつけたので、そこはよかったという思いがあります。

相手が殺す気まんまんのヒッピーとはいえ、ブラピもハイになった設定でなければ、あれだけパワフルには暴れなかったでしょうね。そこもタラらしいというか。

>SGA屋伍一さん

こんにちは。
コロナは明けてないと思いますよー。コロナったら、太陽の周りのヤツのことではなく、すっかり悪イメージ。
シャロンさんシーンは全必要で、男シーンが要らないんですよ。

すみません

TB遅くなりました。
ブログをしばらく放置していました。
本当にタランティーノの映画って本当につまらないのですが、ウルトラCのラストで全て帳消しにしてくれるんです。凄い監督です。


>masalaさん

本作の場合、彼女が助かると、観る前にどこかで耳(目)にしてしまったので、インパクトが減ってしまいました。
いけませんねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3729-bd3ca164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

【概略】 ピークを過ぎたTV俳優のリックと、彼を支える付き人でスタントマンの親友・クリフ。ある日、リックの家の隣に女優、シャロン・テート夫妻が越して来る。 ドラマ .5★★☆☆☆ L・ディカプリオとB・ピットが初共演し、Q・タランティーノが監督・製作・脚本を務めたドラマ。1969年ハリウッドで起きたシャロン・テート事件を軸に、史実と物語が交錯する。 相変わらず長い…。で、概略でもわかる通り...

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

すごく好き。まず役者がすごくいい。「こういう役を観たかった」レオナルド・ディカプリオであり、ブラッド・ピットである。そしてタランティーノらしいといえばタランティーノらしい。暴力も血も皮肉もある。かつて華やかなスターであったリック(レオナルド・ディカプリオ)は、ハリウッドの豪邸に住んでいる(なんと隣の邸宅はロマン・ポランスキーだ)。しかし、今はあまり仕事もなく、ずっと自分のスタントマンをやって...

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『SHADOW/影武者』『ヘルボーイ』トーホーシネマズ日比谷5、シャンテ3、日比谷7

◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』トーホーシネマズ日比谷5 ▲シャロン・テート役のマーゴット・ロビー。名前が似てるからロビンちゃんのコスプレしてほしい。 五つ星評価で【★★★タラちゃんをただで】 なげーよ。 これが第一声の感想。 ラストシーンの強烈さは全般的なダラダラ具合を補って余りある、と、ないの境目。無駄にダラダラしてるのは好きじゃない。レオ様の見せ場もちゃんと用意し...

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

1969年、アメリカ。 テレビ男優リック・ダルトンは、人気のピークを過ぎ情緒不安定になっている。 親友でスタントマン兼付き人のクリフ・ブースは、悩めるリックの唯一の支えだった。 そんな時、時代の寵児ロマン・ポランスキーと妻で女優のシャロン・テートが隣に越して来る。 彼らとの格差を感じ焦ったリックは再起を賭け、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することに…。 コメディ。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』★結末絶賛!何気ない分グッと来た(^^)/

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175470/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・監督・脚本: クエンティン・タランティーノ ・リック(俳優): レオナルド・ディカプリオ☆ ・クリフ(スタントマン): ブラッド・ピット☆    & ・アル・パチーノ   etc. ↑このメンバーで、どんな“ハリウッドの昔話“を見せてくれるのだろう...

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット/マーゴット・ロビー/エミール・ハーシュ/マイク・モー/アル・パチーノ/他 【公開日】2019年8月30日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 リック・ダルトンはピークを過ぎたTV俳優。映画スターへの道がなかなか拓けず焦る日々が続いていた。そんなリツクを支えるクリフ・ブースは彼に雇われた付き人でスタントマ...

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド・・・・・評価額1700円

御伽噺の行き着く先は・・・・ クエンティン・タランティーノが、「イングロリアス・バスターズ」のブラット・ピットと、「ジャンゴ 繋がれざる者」で悪役を嬉々として演じていたレオナルド・デカプリオと再び組み、時代の波に翻弄されるハリウッドの光と陰を描く。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、直訳すれば「昔々のハリウッドで」というタイトルは、セルジオ・レオーネ監督がアメリカ史への想い...

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」@109シネマズ川崎

 公開4日目。2D字幕版を上映するシアター6には30名前後と閑散とした客入りだ。   映画の話  リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、い...

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(9回目) «  | BLOG TOP |  » 「アルキメデスの大戦」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード