FC2ブログ
topimage

2020-07

「ロケットマン」 - 2020.06.06 Sat

エルトン・ジョン、曲を盛り込んだ半生記?

私には、まったく興味のない歌手ではあるが、それでも今までに耳に届いてきていた曲はあった。

とまん

「黄昏のレンガ路(Goodbye Yellow Brick Road)」は、なにかの映画で聞いたのだったろうか、「オズの魔法使」にも関連しているし、いいメロディーだなあと思ったし、「僕の歌は君の歌(Your Song)」は、大好きな「ムーラン・ルージュ」でもおなじみ。「クロコダイル・ロック(Crocodile Rock)」は気づいたら知っていたし、「キャンドル・イン・ザ・ウインド(Candle in the Wind)」にいたっては、マリリン・モンローさんに捧げた歌だ。


ろけっ
おかあさん(ブライス・ダラス・ハワード)、おばあちゃん(ジェマ・ジョーンズ)

歌の場面の見せ方は、アイデアにあふれていて楽しい。
一方、エルトン個人の人生は大スターにありがちな、酒、クスリ、性などの問題が山積み。過食症なんてことも言ってたね。
エルトン・ジョン自身も製作に携わっているが、隠そうなんて気はなかったのか。もうみんな知ってること?

監督のデクスター・フレッチャーって、誰やねんと思ったら、「ボヘミアン・ラプソディ」で、監督のブライアン・シンガー降板後を引き継いだ人だそうで、なるほど、歌手の伝記風映画をまとめるのが得意だとされて起用されたのかも。

(6月5日)

ROCKETMAN
2019年 イギリス・アメリカ作品
監督 デクスター・フレッチャー
出演 タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン、ジェマ・ジョーンズ

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは!

私もまったく興味のない歌手でしたので、
曲もほぼ知らず、人物も奇抜なファッションの人くらいしか知らなかったので、本作をみてもエモ的な感情は現れず、
ふーん、へー、それで? という大変残念な気持ちになりました(><)
実在する歌手の音楽映画は、そういう点が微妙ですよね…
比べちゃいけない構成だとわかってるだけど、ボヘラのほうが完成度が高かったし個人的に良かったので、余計になんです

>makiさん

こんにちは。
あんまり知らないと、やはり「盛り上がり」は少なくなりますね。
まだお元気で、わりと最近「キングスマン: ゴールデン・サークル」で見かけたりしたので、知らない仲じゃないが。(意味が違う。)

曲のシーンはおもしろかったです。

タロン・エガートン

こんばんは。
タロン・エガートン目的で鑑賞しました。で、へぇぇエルトン・ジョンってこんな人生だつたの?!と知らされた次第です。
私もあまり知らなくて盛り上がりに欠けたクチかもしれませんが、スターって大変なのね…と改めて思ったりしました。

マリリン

ボーさん☆
マリリンを連想なさると書かれていて?と思ったら、そう言う事でしたか~
夫は「ボヘミアン~」はケチョンケチョン(見てないくせに)だったのに、「ロケットマン」は大絶賛でしたよ。曲の好みの問題のようです。



ゲイノー人

2019年制作のこの映画が、もうアマゾンで、まさかの無料配信とは!
太っ腹だねぇ!(笑)
 てっきり「別料金」でご覧になったとばかり思ってましたよ。(もちろんアマゾンプライム加入しての話ですが)
未見ですが、近々観るでしょう。

「キャンドル・イン・ザ・ウインド」;ダイアナ妃が悲劇的な死を遂げたとき、世界中で大ヒットして、私もCD買いました。マリリンに捧げた歌だとは知りませんでした。
「グッバイ・イエロー・ブリックロード」;ご指摘のように「オズ」からヒントを得たのかどうかは不明ですが、いい曲です。欧米では皆さん「オズ」観てますからね。
ご本人を「キングスマン・ゴールデンサークル」で観ました。そのタロン・エガートンがエルトンを演じたわけですか。
まぁ、ゲイノー人は山ほどいますからねぇ。美輪さんもそうだし、きよし君もそうだし、○○に××も.....曲が良ければそれでいいんです。

小林克也氏がDJを務める「ベストヒットUSA」という番組が40年ほど昔からありまして、最近また復活して毎週録画して観ています。(BS朝日)さすがに小林氏も老けました。髪が寂しいです(笑)エルトンは時々出ますね。ストーンズとかまだまだ元気ですよ。

「ジョン」は確か「小便」の隠語。
だから「エルトン・ジョン」は「Lサイズ豚の小便」。

ステージ衣装がタケチャンマンとかパーデンネンの延長みたい。

Goodbye Norma Jean

アマゾン・ミュージックでエルトンの曲をいくつか聴きました。
ロケットマンのサウンドトラックも出ています。なんとブライス・ダラス・ハワードとかジェマ・ジョーンズも歌ってます。タロン・エガートンも歌うんですねぇ。映画を観る前にサウンドトラックを先に聴いてしまいました(笑)

”Candle in the Wind”の歌詞を確認しました。
確かに、”Goodbye Norma Jean”って何回も言ってます。これはマリリンが死んだとき?「ヌードで発見された」っていう歌詞も。

追伸

私が持っている、ダイアナ妃追悼CDでは、
歌詞が、"Goodbye England's rose"に書き換えられてました。
だから分からなかったわけですよ。

音楽シーンは楽しかったのだけど、ドラマ部分にそれほど感じるところがなかったかな。
お母さんがブライス嬢だったことにあとから気づきました(汗)

なりきりエルトン

昨夜一気に観終わりました。これほど集中して観たのは久しぶりです。
ダメな映画は途中で集中が切れてしまいますから。これで今年87本目となりました。今までプロ野球がなかったので、こんなに本数が伸びました。

これはミュージカルですね。タロン・エガートンが、もうエルトンになりきってましたよ。このはじけっぷりは凄い。彼がこんなに歌えるとは知りませんでした。「ガンジー」での、ベン・キングスレーのなりきりぶりにも匹敵する、なりきりぶりですよ。
両親の不仲からの離婚による、不幸な少年時代。
愛情を求めても拒絶する冷たい父親。そんな主人公にはピアノが救いだった。
天才的な音感と作曲の才能。ミュージシャンとしての成功の影で、満たされない私生活。同性愛は当時はまだ「隠していなければならない」性癖でした。
華やかなステージと、酒やドラッグに溺れる私生活。心身ともにボロボロになりながら、断酒会での自己の告白。ジュディ・ガーランドと似たような人生ですが、エルトンは断酒に成功。

 それにしても母親もひどい。「あなたを産んで損した」という言葉。そして再婚した旦那との別荘代を、息子にせびる強欲さ。エグゼクティブプロデューサーにエルトンの名前があったので、これらは事実なのでしょう。
同性愛の演技も、エガートン君頑張りました。今は同性との結婚が認められている国も増えているんですね。

”Candle in the Wind”は、最初のほうでピアノに向かって弾く、歌詞なしの曲ですかね?

>ここなつさん

こんばんは。
タロン目当て…それは正しい見かたです! 私も女優目当てで映画見ますからねー。
名前は知ってるエルトン・ジョン。こんな人生なのかと少しは知ることができるのは映画のよいところですね。

>ノルウェーまだ~むさん

マリリン・ファンなら知っている(人は、けっこういる)エルトンの、あの歌。
けちょんけちょんなのは、クイーン嫌いなのか、マネしすぎなのが嫌なのか。
好みはしょうがないですねえ。

>又左衛門さん

私はWOWOWで見ました。アマゾンでもやったとなると、いよいよWOWOWの価値がなくなりますねえ。
“Candle~”は、マリリンが亡くなって10年以上あとの曲ですから。彼女が亡くなった当時はエルトンは15歳。
ヌードで死んだ、と新聞はセンセーショナルに書きたてる、とマスコミを糾弾しているようなことです。全体は、彼女へのラブソングですよ。
その曲を、ダイアナ妃のときに「流用」したんですね。没年齢も同じ36で、存在感やら謎の死やら、マリリンと似たようなものが感じられる人ではあったと思います。
映画では、そのとおり、ほんのちょっとでした。

タロンくんはアニメ映画の「SING」で、すでに歌を披露していましたから、あ、上手いんだとは知られていました。

>fjk78deadさん

まー、あの衣装パフォーマンスは、好きでやってるんでなきゃ、恥ずかしいんじゃないかと思ったりします。照れ隠しとか、おちゃらけにしても、悪ノリでは。

>pu-koさん

私も、あとで調べて、ブライス・ダラスと知りました。言われてみると、そうなんですけどね。50~60年代のファッション、よかったです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3735-5057b8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロケットマン

【概略】 世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの成功の裏に隠された、悲しくも壮絶なドラマを綴る。 ドラマ .0★★★☆☆ お話は、正直よくあるミュージシャンの展開あるあるでもありました。ただ衣装が奇抜だ。それは若いころからなんですね^; エルトン・ジョンって聞いてもそもそも名前は知ってるけど、曲名も曲も思いつかない。とはいえ、「ああ。この曲がそうか」なのはあった。実家で作った「気にしない...

「ロケットマン」

タロン・エガートン天晴れ!やるとは思っていたが(高飛車)、本当に素晴らしかった。あの小生意気な感じの若造がよくぞここまで化けてくれた!世界的に名を馳せ、トップクラスの実績があるミュージシャンの伝記物と言えば、近年では「ジャージー・ボーイズ」や「ボヘミアン・ラプソディ」などグループ物が目立っていたと思う。どちらも素晴らしい作品で、「ボヘミアン・ラプソディ」の方はアーティストへの想いがあり過ぎて...

『3人の信長』『ホテル・ムンバイ』『ロケットマン』『ガーンジー島の読書会の秘密』トーホーシネマズ日比谷11,9,13.シャンテ3

同日鑑賞を4本まとめてレビュー。 ◆『3人の信長』トーホーシネマズ日比谷11 ▲個人的には1000人でもいいぞ。 五つ星評価で【★★★解説付きで絵解きで見せる技術がなかなか巧み】 捕まえてみれば信長か3人と言う事態、まあ、全員の首を斬ってしまえばいいじゃないかと素人考えでは思うのだが、亡き殿の墓前に手向けるにはそういう雑な事は出来ないらしい。勿論フィクションだろうが、納得のいくアイデア...

ロケットマン

イギリス・ロンドン郊外の町ピナー。 不仲な両親の元で育った少年レジナルド・ドワイトは、天才的な音楽センスを見出され11歳で国立音楽院に入学する。 やがてロックに傾倒した彼は、ミュージシャンになることを決意し「エルトン・ジョン」と名乗ることに。 作詞家の青年バーニー・トーピンとのコンビによって数々の曲を生み出し、スターダムへ駆け上がっていく…。 音楽ヒューマンドラマ。

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」 «  | BLOG TOP |  » 「恋をしましょう」(8回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード