FC2ブログ
topimage

2020-08

「Black & White/ブラック&ホワイト」 - 2020.06.25 Thu

つまらないなー。

以前の「チャーリーズ・エンジェル」の映画化で監督をしていた、マックGの作品なので、アクションはおもしろいかなーと期待したのだが。

アクション少なめで、ほとんど恋の三角関係をグダグダと。
CIAの仕事のパートナーが、ふたりとも同じ女性と付き合うことになり…というところがおもしろいはずなのか。おもしろくないけど。

ぶらっ

原題が、これは戦争じゃんね、って感じなのに、何を血迷ったのか、ブラック&ホワイトって、まったく意味不明でしょ。しかも、ご丁寧に、英語・カタカナと並べた、私の大嫌いなパターン。じゃあ、見なきゃよかったじゃないって、もしかしたら見てみたらおもしろいかもしれなかったじゃない? つまんなかったけど。

(6月23日)

THIS MEANS WAR
2012年 アメリカ作品
監督 マックG
出演 リース・ウィザースプーン、クリス・パイン、トム・ハーディ、チェルシー・ハンドラー、アンジェラ・バセット

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

女性ふたりが男ひとりを、だったら、ボーさん少しは…

もしかしたら、楽しめたかもしれんなー。

こんばんは

2人が惹かれる女性が、
リース・ウィザースプーンてところにもちょっと違和感でした。
もう少し若い女優さんが良かったように思うのだけれど…。
反対版(女性二人が男一人を)もたしかにみてみたいですね

>makiさん

こんばんは。
そうですね、彼女が悪いわけではないのですが、もっと普通に若い美女だったらなと。リースだったら男性陣ももっと年上にしたほうが。

ファンとしてはいつもと違うトムハを観れてうれしかったんですが
トムハはかなりいやだったのか、もう二度とラブコメに出ないと心に決めたそうです。

>pu-koさん

これ誰?って思いながら見てました。
見たことあるような気もするしなあーと。トムハだったのね。
ラブコメが嫌というか、そもそも作品がよくなかったのでは。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3742-2d966d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Black&White/ブラック&ホワイト

【概略】 同じ女性に恋をしてしまったふたりのCIAエージェント・FDRとタックが、彼女のハートを射止めるためにあらゆる職権を乱用して激しいバトルを繰り広げる。 ラブコメディ .5★★★☆☆ リース・ウィザースプーンさんを取り合うってところがなんかピンとこないんだけど…。一応ラブコメ・アクション。最近流行ってますね。 CIA局員がこんな堂々としてていいのっ?ってくらいアホなところで頑張って...

『Black&White/ブラック&ホワイト』(2012)

CIAの凄腕エージェントのF.D.R.とタックは親友同士。だがローレンという同じ女性に惚れたことから、二人の関係に亀裂が走る。表向きは紳士協定を結び、正体を隠して正々堂々と勝負しようと誓い合う二人だったが、裏では職権を乱用し、重要任務と偽ってそれぞれ精鋭チームを結成。ハイテク機器を駆使して彼女のデータを収集し、スパイ衛星や無人偵察機で互いの行動を監視し、デートの妨害をするなどやりたい放題。一...

Black & White ブラック&ホワイト

CIAの凄腕エージェントの男性FDRとタックは長年コンビを組んでいるが、極秘任務で失態を犯し謹慎処分となってしまう。 慣れないデスクワークで暇を持て余した二人は美しい女性に夢中になる。 ところが何と相手が同じ女性ローレンだということが発覚! 二人はそれぞれCIAの精鋭チームを招集し、ハイテク兵器を駆使した史上最大の“恋の職権乱用バトル”が勃発する…。 ラブ・コメディ。

「COLD WAR あの歌、2つの心」 «  | BLOG TOP |  » 「ザ・ボート」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード