FC2ブログ
topimage

2020-10

「ミッドウェイ」 - 2020.09.27 Sun

日本海軍が空母4隻を失い、太平洋戦争の分岐点とされたミッドウェイ海戦。

あの、おおざっぱなエメリッヒ監督が、ミッドウェイ映画をつくる?
しかし、なんとなく観てしまいました。
日本側の主な配役は、山本五十六大将に豊川悦司、南雲忠一中将に國村隼、山口多聞少将に浅野忠信。
映画は開戦以前から始まり、山本大将が、日本をあまり追い詰めないように、とアメリカ側に語る。石油輸入8割をアメリカに頼る日本。輸出を止められたりしたら困るのだ。

真珠湾攻撃は、映画でも、いきなり始まった。奇襲という点ではアメリカ側の視点といえる。
意外だったのは、アメリカのお偉いさんが、自軍戦力がそれほどでもないようなことを言っていたこと。国力を考えれば圧倒的にアメリカ優勢じゃないかと思っていたので。開戦時の軍備はそうでもなかったのか。


まんで
マンディ・ムーアさん。洋上戦争ものなのに、なぜ彼女ですって? 美人の画のほうがいいからです。

ドゥーリトル少佐の東京空襲(空母にB25爆撃機を載せ、できるだけ日本に接近、洋上から発進。着艦はできないので、中国まで飛んで着陸する)、珊瑚海海戦のエピソードをちらっとはさみ、ミッドウェイ作戦へ。しかし、この作戦は、アメリカ軍に暗号を解読されていた。手を読まれちゃ、かなりの不利ですよね。

海上で敵を発見すること、魚雷を艦船に当てること、飛行機から爆弾を艦船に当てること…わりと簡単じゃないのかと、前には思っていたのだが、じつはかなり難しいのかと、最近では考えを改めている。
本作でも、急降下爆撃では、ずいぶん空母に肉薄しているなあと感じた。そのくらい接近しないと当てられないのかも。敵艦の近くを飛ぶ時間が長ければ、撃墜される可能性も高くなる。恐ろしや、でも、やらなきゃなのだね。

日本軍の航空機が、ミッドウェイ島を攻撃するための陸用爆弾武装と、艦隊攻撃のための魚雷などの武装を交換するのに手間取っているうちに、アメリカ軍の航空機に空母がやられてしまった、というのが定説で、映画もそういうふうに描いてはいる。
ただ、日本側の人物のセリフが戦闘時の騒音のせいもあるのか聞き取れなくて、わかりにくい。英語字幕は出ていたが、日本公開にあたっては日本語字幕が欲しいくらいだった。

(9月25日 イオンシネマ 大井)

MIDWAY
2019年 アメリカ・カナダ・中国・香港作品
監督 ローランド・エメリッヒ
出演 エド・スクライン、パトリック・ウィルソン、ウディ・ハレルソン、マンディ・ムーア、豊川悦司

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2019 Midway Island Productions, LLC All Rights

ブログパーツ

● COMMENT ●

Go to Movie Theater

映画館ですか。勇気あるなぁ(笑) 何人くらいでしたぁ? 満席の何割くらいまでOKなんでしょうか? 野球場も50%まで上限となったみたいですが、見事に「密」ですよ。
てっきりヘンリー・フォンダの出てるアレかと思いましたが、今時またまた太平洋戦争の映画を作ったとは驚き! よほどネタがないんだろうか....
日本人にとっては辛い映画ですよ。アメリカ人は観てて愉快だろう。
昭和16年の12月のハワイ奇襲作戦は、日本側の勝利でしたが、わずか半年で壊滅的な敗北を喫し、その後ずるずると坂道を転げ落ちるように、奈落へと突き進む。ハワイだって空母がいなかったのが致命的で、アメリカ側の「暗号解読」技術の差が歴然。しかも国内向けには、架空の「撃沈」戦果で国民を騙していく。

監督がエメリッヒというだけで、観る気は起きませんね。
他の新作映画の予告編観てますが、観たい映画はほとんどありません。
「ナイル殺人事件」もキャストに魅力を感じないし、ネタもわかってるし...
>ドゥーリトル少佐
この人の名前、あの「ドリトル先生」と同じですよね。

>又左衛門さん

この日は夏休みをとった平日で、しかも地元の込まない映画館ですから、7~8人でしたか。それを見越して行っているわけです。
検温していますし、みんなが静かにしていれば、まあ安心かと。
野球場は、ちょっと込み込みしていますよね。

エメリッヒは一応ドイツ出身なので、気持ちはアメリカ一辺倒ではないと思いたいですね。映画化は何年も考えていたそうですよ。(ほんとかどうか?)

日本人が観るにはどうかと思いましたが気を使ってくれたのでしょうか。
確かに日本語でも字幕が欲しかったですね。

>yukarinさん

日本、大敗の戦いですからね。
日本語って、映画で分かりにくいことが、けっこうあるんですよね。録音の具合もあるのかどうか、他の言語はどうなのでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3782-e538a497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ミッドウェイ」@TOHOシネマズ日比谷

公開5日目の夜。スクリーン1の客入りは間引き着席で3~4割位で男性客が多い。                      映画の話                    1941年12月7日、日本軍は戦争の早期終結を狙う連合艦隊司令官・山本五十六の命により、真珠湾のアメリカ艦隊に攻撃を仕掛ける。大打撃を受けたアメリカ海軍は、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツを新たな太平洋艦隊司令長官に...

ミッドウェイ

ローランド・エメリッヒ監督が20年間の調査の上で、史実に忠実に再現した。実際に戦闘機同士の戦いでは、自分が操縦席にいるような感じになった。さらに、空母をめがけて爆弾を落とすには間際まで近づくので、対空砲火がすごい。日本側も米国側も多くの犠牲を出して、死力を

ミッドウェイ

1941年12月7日、日本軍の真珠湾攻撃によって兵力とプライドを失い大打撃を受けたアメリカ軍は、日本への反撃を開始する。 山本五十六大将率いる日本海軍と、ニミッツ大将率いるアメリカ軍。 太平洋戦域で、両軍の壮絶な戦いが繰り広げられることに…。 戦場ドラマ。 ≪勝者も、敗者も、海に全てを捧げた。≫

「TENET テネット」 «  | BLOG TOP |  » 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード