FC2ブログ
topimage

2020-12

「TENET テネット」 - 2020.09.30 Wed

「テネット」だか「トッテネ」だか知らないが、ワケわからなくて面白くなくて(面白いならいいが)これ解る?って監督の鼻持ちならなさが私には嫌いな映画。

…とツイートしたね。

なんだか話題になっているなあ、ああ、こういうのだと気に入らないかも、と思いながらも、好奇心(大事なことではある)で観てしまった!
映画館で、たったひとり。平日の昼間の郊外の映画館だとしても、ひとりは初めての気がする。
つまんないので、誰もいないのをいいことに、脚とか、からだを動かし気味にして、眠気が来ないようにしていた。
やっぱり失敗。わかりません。いや、だいぶ、わかることはあるけれど、全体的にわかりません。
何のためにやってるのか、とか基本がわからないところも多い。


でべっ
できれば男はさらしたくないので、ここはデビッキさんで。

そういう、(私にわからない)ものをつくる人は、ひとりよがりな俺様である、と、ひとりよがりに決めますので。クリストファー・ノーランは偉そうにしていて嫌い、ということになりました。過去の映画で良くても、過去の栄光です。

時間的に逆と普通が組み合わさって、そんな都合のいい話があるわけなかろうが。と思っておきます。
先にも書いたが、わからなくても、おもしろいのならいいが、つまらないし、絵的にも、なんのトキメキもない普通の景色で、つまらない。
しょーもない痴話げんかのクソ男にはむかつくし、早くどうにかしろよ、と。あれ、助けてんじゃねーよ!
…昔はメロメロドラマ・ヴァンパイア族だったロバート・パティンソンが、いつのまにか、これは、わりといいじゃん、と思えたくらいですかね、良かった点は。

あ、タイトルが、英語、その読みをカタカナに、の順で表記した、大嫌いなパターンでもあった。
著名作を、こきおろせるのは楽しい。(もちろん、狙ってやっているのではなくて、あくまでも、結果的に、だ。)

(9月25日 イオンシネマ 大井)

この記事の分類「映画感想(私にとっての難あり映画)」についての説明は、こちら

TENET
2019年 アメリカ・イギリス作品
監督 クリストファー・ノーラン
出演 ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、ケネス・ブラナー

評価☆☆(2点。満点は5点)


(c) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

拝見しましたよ、28本の貴ブログ。実は結構私が絶賛している作品もあったりして…でも、ショックは受けていないから大丈夫!(笑)
退屈な作品はもちろん難あり映画になるというのは同意ですが、「わけわからんよ、もう」も「退屈映画」に分類される、ということだと理解しました(笑)。

辛口ですね

ボーさん☆
私もありゃ!?助けてどーするっ!ってなりましたけど、死んだら機械が作動して世界が滅亡する事になっているそうなので、仕方ないですね。




こんにちは

某映画のロバート・パティンソンは全く受け付けられず...でもこの作品のおかげで好きになれました。ノーラン監督ありがとう!!です 笑

>ここなつさん

おはようございます。
過去で戦ってきたので少し遅れました。
難あり28本、見ていただき、ありがとうございます!

わけわからん、で面白かった(また観たくなった)のは「マルホランド・ドライブ」くらいしかないですね。それも、そのうち、わけ分かりましたが。
わけわからんで、おもしろい、というのは、ほとんどありえない、つまり、つまらないと私は思います。

>ノルウェーまだ~むさん

過去から帰ってきました。おはようございます。
機械が作動して滅亡、うーん、なんかそういう話もあったような気もしますね。
つまらんので、あんまり把握もしない頭になっていたかもしれません。
わからんなら、また観に来い!と、あざとく稼ぐ心構えのように疑ってしまうほど、アンチですね。

>yukarinさん

やっと過去から戻りました。おはようございます。
うん、ぱてぃん「そん」が、案外かっこいいのだけが収穫でしたね。
ぱてぃん「とく」と改名したらいいのでは。

わわ、話題の作品だと思ってましたが、お一人様鑑賞でしたか。
ノーラン監督は難解なのが売りだとは思うものの、観てる間中退屈してしまうものはアカンと思うし、私も多分つまらないって感想になるんだろうな。

>pu-koさん

ありがとうございます。
話題ですけど、地方の映画館で、しかも平日でしたので。それでも数人いるのが普通なのですが、私以外の観客は時間逆行してしまったのでしょうか。
見てみないと分かりませんよ、人によるでしょうから。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3783-6e206ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「TENET テネット」

難しくて複雑だという評判だったけれど、私には判ったよ(得意気)。多分空間とか方向とかは得意な分野なのである(自慢)。もちろん判ったといっても深く考察できたとかそういう訳ではない。ざっと表面的にではあるけれど、アレがああしてこうなって、だからソレをこうすればそうなるんだよ、うんうん、程度ではあるのだが。でも割とスムーズに理解ができたので、結構面白かった。なんと言ってもクリストファー・ノーランな...

「TENET テネット」@シネマサンシャイン平和時

公開初日の夕方。このシネコンで一番大きいシネマ4には私を含めて11名という惨憺たる客入りだ。映画の話「現在から未来に進む“時間のルール”から脱出する」というミッションを課せられた主人公が、第3次世界大戦に伴う人類滅亡の危機に立ち向かう姿を描く。映画の感想今まで私はノーラン監督作は肯定的に受け止めてきたが、流石にここまでくると付いていくことができなかった。画面上では物凄い映像が映し出されている...

ショートレビュー「TENET テネット・・・・・評価額1550円」

未来を、取り戻せ! あらゆる作品で時間軸をいじらねばいられない、時間フェチ監督のクリストファー・ノーランが、遂に時間そのものをモチーフにしたSFサスペンス。 時間を逆行させ、世界に破滅をもたらす謎の機械”アルゴリズム”を奪還するため、ジョン・デヴィッド・ワシントン演じる凄腕エージェントと、その相方となるロバート・パティソンが活躍する。 アイディアはとても面白いし、オートリバースのカセットデ...

TENET テネット

テロ事件で生き残った特殊部隊に所属する名もなき男は、あるミッションを命じられる。 それは、時間のルールから脱出し、未来からやって来る敵と戦い、第三次世界大戦から人類を救えというもの。 未来では“時間の逆行”と呼ばれる装置が開発され、人や物が過去へと移動できるようになっているのだ。 ミッションのキーワードは<TENET テネット>。 その言葉の使い方次第で、未来が決まる…。 SFアクション。

映画『TENET テネット』★“時間を戻る”ノーランの荒技を体感(^^)/

作品について https://cinema.pia.co.jp/title/181537/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・監督 :クリストファー・ノーラン☆ 特殊部隊のある男が 未来の第三次世界大戦?を防ぐべく、奮闘する。 時間を逆行?して…… 過去に戻る?時間を戻す? ↑コレ、わけわからなくなるパターンです。(汗) しかし 劇中で、「考えるな感じろ」と言ってく...

TENET テネット

【監督】クリストファー・ノーラン 【出演】ジョン・デビッド・ワシントン/ロバート・パティンソン/エリザベス・デビッキ/ケネス・ブラナー/マイケル・ケイン 【公開日】2020年9月18日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ウクライナでテロ事件が勃発。出動した特殊部隊員の男は捕らえられて毒を飲まされる。しかし毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。その後、未来から「時間の逆行」と呼ばれる装置でや...

読書記録(2020年9月) «  | BLOG TOP |  » 「ミッドウェイ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード