FC2ブログ
topimage

2020-12

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 - 2020.10.17 Sat

あー、もう涙そうそうだよ!

涙ぽろぽろ、という意味だが、そう書くと、はずかしいので。(あ、あっさりと書いてしまった。)
まじに、見ながら涙が下にぽたぽた落ちてたよ。

あのひ

テレビシリーズは、再放送時に視聴済み。
この劇場版は、テレビ放送のまとめにとどまらず、あれから1年後の彼らの話でもある。
子どものころからの仲間、絆。もう戻らない、戻れないこと。あのときの後悔、心の傷。葛藤、浄化。
テレビ版とくらべると、一気に見られるせいもあるのか、感情の高ぶりもまとめて来る。

本作では挿入歌となった、「secret base ~君がくれたもの~(10 years after Ver.)」(この記事に動画あり)とともに心にしみて、いつ見ても、ぼろ泣きだろうなあ。そして、いつまでも、そうありたい。

(10月14日)

2013年作品
監督 長井龍雪
声の出演 茅野愛衣、入野自由、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織、近藤孝行

評価☆☆☆☆★(4.5点。満点は5点)


(c) 「あの花」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

ぼろ泣きですよ

ボーさん☆ご無沙汰です。
テレビ版をご覧になってから劇場版なら、相当に泣きますよね~~
ポタポタ涙が落ちて正解です!!


>ノルウェーまだ~むさん

最近までは、何も知らない子でした。2015年に実写ドラマになっても、ああ、そういうタイトルあるんだねえくらいにしか思わず、もちろん見ていないし。
しかも! わが埼玉県が舞台。アニメでは埼玉で起きる話は、わりと多い気がします。

埼玉って、都会も田舎も郊外も全部持ってるから、話を作る時、便利なんじゃないかと思う。

>fjk78deadさん

東京ばかりじゃおもしろくないし、地方感を出すには、少し場所をずらそうという考えもありそう。千葉でもOKですね。

アニメ、、

観なくなって久しいけど、、
鬼滅の刃でまた慣れてきたかな?
そんなに言うなら
テレビシリーズから観てみたくなったゾ(^^♪

>kiraさん

鬼滅の劇場版、混み混みなので考え中。
「あの花」は、ぜひ見てみてください。アマゾンプライムが見られるなら、即OKですし。Lの一族もおすすめしてい…るかどうかは知りません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3786-9db5c514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』をシネリーブル池袋1で観て、そら泣くわふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★劇場版としては一見さんの方が満足できるかもしれない】 TVアニメ未見。 完全に一見さんとして劇場版鑑賞。号泣。 いきなり最初のシーンがTVアニメのクライマックスだし、 場面場面細かい設定が分からなかったりもするが、大きな問題ではない。 見てれば推量もできるし分からない部分があっても、その一部をもって、 この作品が駄作だなんて言い張れない強さが作品にある。 そして、つ...

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』をキネカ大森1で観て、とりあえず号泣ふじき★★★★,★★★★

「超平和バスターズの夏休み」2本立て ◆『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ▲8月31日野菜の日公開だったのだ。  野菜をアナルに突っ込んで不特定多数のオタクに公開と覚えておこう(きゃー)。 五つ星評価で【★★★★こんなの号泣必至だ】 相変わらずTV版とか見てない。鑑賞2回目であるが、ボロボロ泣いた。 なんつか人間の優しさが溢れている話なんだよ。 ハネケとかの真逆。だから好き...

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

埼玉県秩父市。 仁太(愛称:じんたん)、芽衣子(めんま)、鳴子(あなる)、集(ゆきあつ)、知利子(つるこ)、鉄道(ぽっぽ)の小学生6人組“超平和バスターズ”は大の仲良しだった。 しかし、ある日めんまが事故で死んでしまう。 …5年後の夏、高校1年になったじんたんの前に、成長しためんまが突然現れる。 じんたんにしか姿が見えない彼女は、みんなに願い事を叶えてもらうために戻ってきたと言うのだが…。 ...

2020年夏のマイ覇権アニメ «  | BLOG TOP |  » 「バニー・レークは行方不明」(2回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード