FC2ブログ
topimage

2020-12

「屍人荘の殺人」 - 2020.10.28 Wed

なかなか面白い。

原作を読んで、「あの」意外性も含めて楽しめた口なので。
なるほどハイブリッド、などと感じつつ読み、映画になって視覚を通したら、こういうふうになるか、という面白みも。

しじん

謎解きは数種(3つか?)ご用意しまして、 名探偵も、助手もいらっしゃいます。
映画では、出演者をふくめて、ちょっと軽くなった(ヤングアダルト向けっぽいような感じ?)印象はある。

映画公開前に、どういうお話かを、どこまで開示するかが難しい作品では?
ばらしてしまうと、意外性の面白みがなくなるが、知らずに見始めて、思ってたのと違う(どころか、耐えられない)という方もいるのだろうなあと。

(10月18日)

2019年作品
監督 木村ひさし
出演 神木隆之介、浜辺美波、山田杏奈、佐久間由衣、中村倫也

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2019「屍人荘の殺人」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは。

耐えられないというわけではなかったですけど、
普通にミステリー原作と思ってたので、え?いや、それはないよね…とライトノベルなのかと思ってしまいました
設定が奇抜すぎでしたね…そういう映画とわりきればいいんですが…それがなかなか難しい作品かと思います

>makiさん

おはようございます。
原作を読み始めて、推理小説に、アレをまぜてきた、アイデアものだなーと。
いわば、変格推理もので楽しめたので、映画もそれなりに視覚化できていた印象です。
ゆるーく見ればOKではないかと。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3790-6f1be5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

屍人荘の殺人

なんでも国内のミステリーランキングを総なめにした今村昌弘の同名小説の映画化だ。密室殺人事件の推理モノだと思ったらなんととんでもない内容だった。原作がどうなっているのか知らないけど、ゾンビという仕掛けとペンション内での殺人事件が無理やりくっつけた感じがした

屍人荘の殺人

【概略】 神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲と明智恭介は学内の事件を推理する自称ホームズとワトソン。ある日、ふたりの前に謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子が現れ…。 製作年:2019年 製作国:日本 収録時間:120分 ジャンル:サスペンス 日本語字幕:あり .0★★★☆☆ 神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、共演。 浜辺美波さん、「君の膵臓~」の時は全く可愛いとは思わず、そこらへんにい...

『屍人荘の殺人』(2019)

大学のミステリー愛好会に所属する自称”ホームズ”の明智恭介と、その助手・葉村譲。その二人の前に現れた謎の美人女子大生の剣崎比留子は、とあるサークルの夏合宿への参加を持ちかける。昨年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいること、そして部員宛に脅迫状が届いたこと。興味を惹かれた二人は、彼女に同行して山奥のペンションへ。曲者揃いの参加者に囲まれ、そこで巻き起こる異常事態。更にペンションに閉じ込めら...

映画『屍人荘の殺人』★キャスティングが魅力の犯人さがし

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/177838/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・葉村(学生): 神木隆之介☆  ←目当て ・比留子(探偵): 浜辺美波 ・明智(ミステリー愛好会会長): 中村倫也 犯人捜しのミステリーを ソコソコ楽しみながらも キャスティングの妙☆で、見入った印象です。 (神木&浜辺のコンビが、好き☆ スジ書...

屍人荘の殺人

神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(自称ワトソン)と明智恭介(自称ホームズ)は、学内の事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込んでいた。 2人は謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子から、事件絡みのロックフェス研究会の合宿に誘われる。 山奥に佇むペンション紫湛荘(しじんそう)では、前代未聞の連続殺人が待ち受けていた…。 ミステリー。

「ちはやふる -結び-」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「ちはやふる -下の句-」(2回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード