FC2ブログ
topimage

2021-01

読書記録(2020年10月) - 2020.11.08 Sun

10月の読書記録。

そのと
「その年、わたしは嘘をおぼえた」 ローレン・ウォーク
アメリカで最も優れた児童文学に贈られるニューベリー賞の2017年受賞作。嘘をついているのは、どちらなのか。少女は自分が信じたことを貫くために自ら小さな嘘をつかざるをえない。繊細さの上に、こうして心の強さを少しずつ加えて成長していくんだねえ。(10月7日読了)

まつり
「マツリカ・マジョルカ」 相沢沙呼
廃ビルに住んでいるらしい、マツリカと名乗る女子高生と、使い走りの「柴犬」男子高生。マツリカさんが話を聞いて謎を解く、安楽椅子探偵風の連作短編集。弱き者への優しみの視線を感じる。高1らしい男子の妄想あり!(10月19日読了)

べんす
「ベンスン殺人事件」 S・S・ヴァン・ダイン
ヴァン・ダインが創造した探偵ファイロ・ヴァンス。著名ながら今まで読んだことがなかったので、ヴァンスのデビュー作を。ヴァンスは犯人を早速わかっているふうなのに、お話を長引かせている印象で、けっこう疲れた。でも、ヴァン・ダイン、ファイロ・ヴァンスの始まりは、こういうものなのか、と知ることができたのでOK。(10月29日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

読書の秋

私事で恐縮ですが、私の誕生日は読書週間の最初の日です。
だからどうだって言われても困りますが、読書は好きですね(笑)

>S・S・ヴァン・ダイン
高校生の頃、「グリーン家殺人事件」にはまりました。これは怖いけど傑作ですよ。お勧めします。しばらく創元社では絶版になってたと思いますが、また最近発売してますね。それと「僧正殺人事件」。これも有名です。マザーグースの詩(ナースリーライム)に乗せて次々に起こる連続殺人。横溝正史の「悪魔の手毬唄」は、この「僧正殺人事件」の影響を受けていると思いますね。どちらの作品もネット上で手に入ります。
因みにペンネームのS.S.はたしか「Steam Ship」の意味だったと記憶してます。ヴァン・ダインの特徴は、豊富な知識をひけらかす、ペダンチックな探偵像だったような気がします。日本で言うと、京極夏彦作品に出てくる探偵(名前が出てこない。笑)みたいな。

先月、「老人と海」の映画を久しぶりに観たのをきっかけに、原作を読みたくなって、馴染みの古本屋(大阪のネット通販)で、50年前の新潮世界文学のヘミングウェイを買いました。こんな昔の本にも拘わらず、いたってきれいです。
NHKBSでやってた「プロファイラー」のヘミングウェイの回も観て、アマゾンプライムで「ヘミングウェイ&ゲルホーン」も観て、ヘミングウェイをふかぼりしています。この「ヘミングウェイ&ゲルホーン」は、HBO制作のTVムービーなんですが、ニコール・キッドマンとクライヴ・オーウェンが熱演していて、お勧めですよ。

>又左衛門さん

読書週間って、毎年同じ日々なんですね。いま調べて知りました!

ヴァン・ダインは、グリーンと僧正が有名なのは知っていたのですが、デビュー作から行こうと思いまして。
クイーンやクリスティとかも含めて、江戸川乱歩が選んだりした海外推理ものは、中高生のときも読んでいました(子どもなので、あまり理解していたとは言い難いかも)。

京極堂(中禅寺秋彦)の話も、いろいろ長かったですが、外国の小説のほうが、総じて、お話の核心を離れた話になると、つまらなくて、要らんだろ、それ、と思いがちです。

ニコールさんの映画は、なんであれ、見てみたいほうではありますね。

三島由紀夫 没後50年

中学の頃、図書館のクイーンの「エジプト十字架」(子供向け)を読んで衝撃を受けました。真鍋博さんのイラストが印象的でした。「Yの悲劇」は高校に入ってから読みました。これ、日本でドラマ化されたのはご存じですか? 石坂浩二さん他が出ています。「災厄の町」は野村芳太郎監督で映画化されましたね。若い頃の松坂慶子さんのフルヌードが拝めます(笑)

高校時代は三島由紀夫や大江健三郎などを読んでいました。
なかでも三島の「潮騒」や「金閣寺」には魅了されました。彼の最高傑作は「金閣寺」だと思います。大学に入ってから「豊饒の海」シリーズを読み始めたころ、あの事件が起きました。あの事件からもう50年経ちました。私は事件の報道をラジオで聴きながら、涙を流しました。身内でもない、赤の他人の死に泣いたのは、あれが初めてです。私はあれは「文学的自殺」だと、今では思います。

「豊饒の海」最終巻の「天人五衰」は、それまでの3巻と比べて、中身が薄いと感じました。豊饒の海というのは、月の一部の地域の名前で、名前とは裏腹に、荒涼たる砂漠だという。

三島にしろ、師匠格の川端康成にしろ、芥川も太宰も自殺しています。
ヘミングウェイも自殺。ヘミングウェイのお父さんも自殺だそうです。

>又左衛門さん

クイーンの子供向けなんてあるんですね。
いろいろ読みたいところですが、図書館では思ったように借りられないようで…。
買えよ、って話ですね。

すいませんが、三島氏には興味なしです。

NHKプラス

「老人と海」を読んでいると、ディマジオの名前が出てきました。
作品の舞台がキューバで、主人公の老人も野球好き。大物釣りに時間を費やす合間に、メジャーリーグの試合のことや、選手について思いを巡らします。「ディマジオの親父も漁師だった.....」そういう時代だったんですね。

ところでBJさん、NHKプラスをご存じでしょうか? NHK受信料をきちんと払っている人なら誰でも無料で観れる、「見逃し配信」です。手続きは簡単。但し総合とEテレの主要番組のみ、PC,スマホで観ることができます(放送後1週間以内)
これで私はEテレの「趣味どきっ!」の「本の道しるべ」を観ています。全国のユニークな本屋が紹介されますが、箱根の強羅に「ブック・ホテル」なるホテルがあるとか。蔵書が1万冊以上あり、宿泊して好きなだけ読めるそうです。本好きな人にはたまらないでしょう。もう大河も朝ドラも録画しなくても、好きな時に好きな場所で視聴できます。

>又左衛門さん

スタインベックというと大物イメージがあって、ディマジオよりも、ずっと昔の人のような気がしますが、同時代なのでしたっけ。そういえばマリリンも出ている1952年の「人生模様」に、ナレーターで出てたりしますね。

NHKの配信は知っています。WOWOWもありますね、こちらは有料みたいですが。そこまでして見たいものはないので、必要に駆られず、利用はしていません。そもそもアニメと映画とニュースと朝ドラと大河以外で、見ませんからねー。

ブラウン神父シリーズ

>スタインベック........×
  ヘミングウェイ......〇
  私もよく言い間違いするんですよ(笑)
ヘミングウェイは生涯で4度結婚したそうです。ニコールが演じたのは、3度目の妻になった、従軍記者だった人。

 さて学生時代に読んだミステリーでは、チェスタートンの「ブラウン神父シリーズ」が面白かった。トリックが斬新なんですよ。BBC制作でドラマ化されています。シーズン8まで作られていますが、U-NEXTで視聴できます。オープニングのタイトルバックが赤と黒の影絵になっていて、ユニークです。日本の「家政婦のミタゾノ」でパクッてましたね。

NHKプラスではもうひとつ。
漫画家の浦沢直樹氏が、有名漫画家の仕事場に密着して、創作の秘密を探る、「漫勉neo」が面白いですね。初めて観ましたが興味津々。私の好きな諸星大二郎氏が登場しました。

>又左衛門さん

おお! ヘミングウェイでしたっけ。なんかアメリカンな、どっちも似たようなものかと(失礼な)。
チェスタトンは「知りすぎた男」という連作短編集を読み始めて、文章がつまらなすぎて、やめました(途中でやめるなんて珍しいこと)。ブラウン神父もの(読んだことない)は面白いかもしれませんが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3796-511804d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「スターリンの葬送狂騒曲」 «  | BLOG TOP |  » 「天気の子」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード