FC2ブログ
topimage

2021-06

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 - 2020.12.12 Sat

巨人に苦笑。

読売巨人は嫌いだが、こっちの巨人は笑える。
人を捕食するから、見かけで笑えても構わない(恐ろしい存在な)のか。

しんげ

びゅーんと飛んで、首の後ろを切ろう。さすれば倒せるのであった。
素っ裸の巨人の股間に目が行くけれど、男女の別は外見ではありそうなのに、股間にはそろって何もない。(笑)
だっさ。続編あるんだ…。予告編つきの本編。
春馬くん主演だったんだ…。映画の内容のくだらなさに罪はあっても、君に罪はまったくなかったね。

(12月6日)

2015年作品
監督 樋口真嗣
出演 三浦春馬、水原希子、本郷奏多、桜庭ななみ、石原さとみ

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (c) 諫山創/講談社

ブログパーツ

● COMMENT ●

巨人の画像は絶対に出さない!

…とボーさんが言っていました。

原作からの設定で、巨人同士で生殖する必要がないから生殖器は付いてないらしいです。

>ふじき78さん

春馬くんが(生まれ?)出てきたので、なんとなく想像しました。

こんにちは

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

この作品…ツッコミどころは多々ありましたが、実写続編(実写完結編)よりはだいぶましで。
そういえば、春馬くん主演でしたね。
しんみりしちゃいます…。

>makiさん

あけましておめでとうございます。
今年も同じものを見たら伺います。
えっ! 続編よりマシですかっ! こわいもの見たさが少々…。
春馬くん、まだ新作があるみたいで…。
今年もよろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3808-0e0141ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、巨人OKふじき★★★★

未レビュー撲滅運動対象記事。 時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。 五つ星評価で【★★★★巨人が怖けりゃそれでいいや】 ツイッターで「話がクズ」みたいな呟きがたくさん回って来て、そういやそうか、と気づかされたりもする。割とつまらない話に耐性があるのかもしれない。細かい設定が杜撰とか色々言われてるけど、元が実写映画化できない題材なので、それを実写化する大技の方に力を精...

進撃の巨人 ATTACK OF TITAN

●「進撃の巨人 ATTACK OF TITAN」2015 日本 講談社、製作委員会 東宝配給 96分監督:樋口真嗣  原作:諫山創出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼他<評価:★★★★★☆☆☆☆☆><感想>引き続きホノルル便の機内での鑑賞。「進撃の巨人」という単語やその劇画のカットは当然知っていはいたが、どういう内容ななのかは知らなかった。...

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は喰われ、文明は崩壊。 以来、生き残った者たちは巨大な壁を築き、その内側で生活圏を確保している。 巨人を知らずに育った少年エレンとアルミン、少女ミカサらは、壁の外の世界に漠然とした憧れを抱いていた。 そんな時、超大型巨人が壁を破壊して侵入し、平和な日常は一変する…。 大ヒットコミック実写劇場版前篇。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

【概略】 100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は食われ、文明は崩壊した。生き残った人類は巨大な壁を三重に築き、その内側で暮らしていたが…。 アクション .0★★★☆☆ 劇場上映当初から観客はおろか批評家・関係者からも非難轟々だった本作…。 これは…初めて「進撃の巨人」に触れる人たちには「こんなもんか。ふーん」でそこそこ楽しめて、原作ファンは激怒しても仕方ない。というか「これは進...

「記憶にございません!」 «  | BLOG TOP |  » 「ハッピー・デス・デイ 2U」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード