FC2ブログ
topimage

2021-06

「フライングハイ」 - 2021.01.17 Sun

あんまり笑えないんだけど。

おバカなギャグをどんどん出すが、たまに「クスリ」となる程度(「薬(ヤク)が欲しいよ! じゃないですよ)。

ふらい

いま、レビューを書こうと思って、タイトルなんだっけ、スカイハイ、フライハイ…あれ、ちがうなと。フライングハイかよ!
機長が「スパイ大作戦」のピーター・グレイヴスだけど、スパイのギャグはなくて残念。
医者役でレスリー・ニールセン。まだ、ほぼ真面目なだけだが、この真面目さが、後年ギャグ映画主演を張ったらおもしろいんじゃないか、と誰かが目をつけたんじゃないだろうか。

(1月17日)

AIRPLANE!
1980年 アメリカ作品
監督 ジム・エイブラハムズ、デヴィッド・ザッカー、ジェリー・ザッカー
出演 ジュリー・ハガティ、ローナ・パターソン、モーリン・マクガヴァン、ピーター・グレイヴス、レスリー・ニールセン

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Paramount Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

レスリー・ニールセン

この映画は、もう随分昔に一度だけ観たので覚えてません。原題はマンマですね(笑) そもそも向こうのタイトルは、短ければ短いだけいいみたいな、「あっさり」系がほとんど。それに比べて、最近の邦題の長すぎること! センスを疑います。

 レスリー・ニールセンと言えば、「ポセイドン・アドベンチャー」冒頭の真面目な船長役ですよ。まさかこんなに真面目な役を演じてたなんて!
主役ではやっぱり、「裸の銃を持つ男」シリーズでしょう。エリザベス女王のそっくりさんとか、プレスリーの娘とか、しっちゃかめっちゃかな、はじけ具合が楽しい。刑事コロンボにも殺される役で出演。

追伸

U-NEXTで検索すると、あの名作SF「禁断の惑星」がヒットしました。
忘れてました。数年前に一度観ました。とにかく若いし、真面目な演技です(笑)

>又左衛門さん

最近のは、タイトルで映画の内容をできるだけわからせて、そのうえで客を呼びたいのだとか。
あ、「禁断の惑星」に出ていましたっけ。この映画はかなり好きです。出来というよりか、SFのムードがいいのですよね。

抱腹絶倒

レスリー・ニールセン氏、既に故人なんですね(2010)

「裸の銃を持つ男」シリーズ三部作のビデオが見つかったので、冒頭だけ観てみました。①はアラファト議長やら、ホメイニやらゴルバチョフのそっくりさんたちが密談中。②ではブッシュ大統領夫妻のそっくりさんをドレビン(ニールセン)がコケにする③〈未見)「アンタッチャブル」の「オデッサの階段」のパロディのパロディがおかしい。ベビーカーが多すぎて手に負えない。
以上、作られた時代背景が分かりますし、今昔の感あり。笑いたいときは、この三部作を観るべし。外れ無し。請け合います。

>又左衛門さん

レスリー・ニールセン主演のコメディは、いくつか見て、わりと笑えたなーという記憶はあります。
ミスター・ビーンもそうですが、いかにも真面目そうな人がやるのが、おかしさをプラスするのだなと。
亡くなっていましたか…。

見つかりました

別件で他のディスクを探していたら、この「フライング・ハイ」の録画ディスクが見つかりました。数年前にスターチャンネルで録画したもの。

冒頭の数分だけ、とりあえず視聴。いきなり「ジョーズ」のパロディは斬新。
移植用の心臓が飛び跳ねるシーンは気持ち悪い。細かい小ネタも豊富ですね。
いずれきちんと最後まで観ます。

>又左衛門さん

小ネタ連発ゆえに、クスクスで終わってしまうのかも。

観ました

「フライング・ハイ」を最後まで観終わりました。
ニールセンは、あくまでも真面目な脇役で、決してふざけない。
中で、ロバート・スタックが懐かしい。FBIのエリオット・ネスの人ですよね。
序盤が特に「小ネタ」満載で、しかもすべりまくり。少々うざく感じるくらい。
全体としては「大空港」のパロディで、「サタデーナイトフィーバー」のパロディも時代を感じます。ただし、男役の体を吊ってる糸が見えるのがマイナス点。
まぁでも、楽しませてくれるサービス精神には満足しました。かつてのドリフの大爆笑みたいな感じだと思えばいいです。

>又左衛門さん

「大空港」は原題“AIRPORT”ですからね。タイトルも一応パロっています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3825-7523ff97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フライング・ハイ

離陸したジェット機の中でパイロットが食中毒にかかる。 自動操縦機も壊れていて、他に操縦者がいないとなると飛行機は一体…?

『フライングハイ』(1980)

お金をかけ、キャストも揃え、話題作のパロディをメインにバカバカしいギャグのオンパレード!・・・というパターンの先駆者は、この作品の脚本・監督を担当したZAZトリオ(デヴィッド・ザッカー、ジム・エイブラハムズ、ジェリー・ザッカー)だろう。『ケンタッキー・フライド・ムービー』もそうだし、『裸の銃を持つ男』や『ホット・ショット』両シリーズなんかその最たるもの。今回も主演二人はパッとしないが、脇をピ...

「フライングハイ2/危険がいっぱい月への旅」 «  | BLOG TOP |  » 「ブレックファスト・クラブ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード