FC2ブログ
topimage

2021-02

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」 - 2021.02.11 Thu

めんどくさい話だな。

それから、編集者がクズすぎて嫌悪。堕ちに堕ちてるよね。

計画はわかるが、翻訳者たちの身に危険が及ぶ可能性を考えていない。編集者を甘く見すぎたわけか。そのほうが、話としては面白くなるには違いないが。

感動とか爽快感ナッシングの、パズル劇を解いて、ほう、なるほどで終わったのみ。


きゅり
わーたーしーは 水の精なのよー by きゅりれんこ

(2月10日)

LES TRADUCTEURS
2019年 フランス・ベルギー作品
監督 レジス・ロワンサル
出演 オルガ・キュリレンコ、シセ・バベット・クヌッセン、アンナ・マリア・シュトルム、マリア・レイテ、サラ・ジロドー

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2019 TRESOR FILMS - FRANCE 2 CINEMA - MARS FILMS- WILD BUNCH - LES PRODUCTIONS DU TRESOR - ARTEMIS PRODUCTIONS

ブログパーツ

● COMMENT ●

また、ボーさん、女優陣の名前しか書いてない。

そのときの気分で決めるからなー。

こんにちは。

こんにちは。
ほぉぉぉ~、結構、めんどくさい話だったのですね。
私はこれ面白かったです。後半からの怒涛の展開が好きでした。まあ編集者がクズなのには同意ですが。

>ここなつさん

こんばんは!
たんに、漏洩するぞと脅せばいいんじゃないのーと思いました。
翻訳者が疑われて危険になるようなことをするのは、話として面白くするだけのような気がして。
うちでテレビで見てると、醒めて見ますからねー。

ありえない

去年の1月、コロナ騒ぎが始まる前、映画館で観ました。
予告編観て、面白そうだったんで、期待してたんですが....
ちょっと「上手くいきすぎ」というか、作った人の「どうだこれ」という自慢が鼻につくというか。編集のせいか、時間軸があちこち飛びすぎというか...
「タイピスト」の監督ですよね。あれも話がうますぎる感じが似ているかも。

>又左衛門さん

策におぼれた、というのが、ふさわしそうな。

フランス映画って

なんだか昔から、面倒くさい映画が多かったように思います(笑)
でも、私は意外とこれ、好きでした^^

>kiriyさん

うーん、まあ、星3つでフツーですけどね。
監禁状態で、ああいうことしたら、危険じゃね! という大前提で引っかかるので。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3833-be53674d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

【概略】 全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の各国同時出版のため、9ヵ国の翻訳者がある洋館に集められた。翻訳者たちは外部との接触が禁止され、日々原稿を翻訳するが…。 製作年:2019年 製作国:フランス/ベルギー 収録時間:105分 ジャンル:サスペンス・スリラー 日本語吹替:なし .5★★★☆☆ 全世界待望の世界同時出版のため、厳重な建物に閉じ込められて翻訳する9人の翻訳者た...

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

ネタバレは決してしてはいけない作品なので、ストーリー等は詳らかにできないが、ベースとしては、ベストセラー作家の最新作「デダリュス」を9か国語に翻訳するため、9人の翻訳家がひとつところに集められて、秘密裏に翻訳の仕事を行う、という設定。秘密裏も秘密裏…出版前にその内容が世間に出ることを防ぐため、堅牢な建物の内部で、あらゆる制約を受けながら翻訳作業を行わなければならない。世界中から選ばれた9人の...

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

世界的ベストセラーとなった推理小説三部作の完結編「デダリュス」が全世界で一斉発売されることになった。 内容の流出を防ぐため、9ヵ国の翻訳者はフランスの人里離れた村の豪邸に隔離され、厳しい監視の下で原稿を翻訳している。 しかしある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページを流出させた。 500万ユーロ支払わなければ全ページが流出する」という脅迫メールが届く…。 ミステリー。

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

2月2日に視聴。最近、トップ画像はポスターだったものを使わせていただいています。だけどこれ、ちょっと迷いました。映画に人を呼び込むのは、予告編も大事だし、ポスターも大事ですよね。この映画、「映画.COM」の解説に依れば、「世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」をはじめとするダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの出版秘話をもとにしたミステリー映画。シリーズ4作目「インフェル...

『9人の翻訳家/囚われたベストセラー』(2019)

世界的な大ベストセラー小説「デダリュス」完結編。これを各国で同時に出版するために、9カ国の翻訳担当者が人里離れた洋館の地下室に集められた。原稿の違法な流出を避けるため、彼らは外部との接触を禁じられ完全な監視体制の元で作業は進められる。だがある日、冒頭の10ページがネットに流出し、出版社の社長宛に現金を要求するメッセージが届く。そして要求を受け入れなければ、更に次の100ページを公開すると予告...

「あの日のオルガン」 «  | BLOG TOP |  » 「バックドラフト」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード