FC2ブログ
topimage

2021-04

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」 - 2021.02.23 Tue

アナ・デ・アルマスさんの大冒険記。

彼女を主役に事件を追っていくので、おもしろく見られた。

なイヴ
ヤクザのような007(ダニエル・クレイグ)に脅される、かわいそうなマルタ(アナちゃん) ← ほぼ、違う

ホラー顔のトニ・コレットをはじめ、娘を除いて、ろくでもない家族がそろい踏み(ほめてる)の中、アナは、いったい、どう生き延びるのか!(かなり違うかも)

タイトルの「名探偵と刃の館の秘密」の部分は、不要! 要らない丁寧さ。よけいなお世話。観客を馬鹿にするな。「ナイブズ・アウト」も、そのまんまで、たいがいだけど、それだけのほうが、すっきりしてていい。

(2月21日)

KNIVES OUT
2019年 アメリカ作品
監督 ライアン・ジョンソン
出演 アナ・デ・アルマス、ダニエル・クレイグ、キャサリン・ラングフォード、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

「ブスじゃない アウト!」嘘でゲロなんて辛い人生だよなあ、どう考えても。

>fjk78deadさん

映画の最後にもありましたが、身を守るときに、嘘を言って素早く相手の顔に吐きかける護身術として、鍛錬すればいいような気もします。

こんにちは

確かに、「名探偵と刃の館の秘密」は。余計な文章な気がします
もう少しすっきりした邦題の方が良かったような。
刃の館って、ただ単に刃が沢山刺さってるオブジェがあるくらいで、刃が中心になる事件でもなかったので、ミステリとしてはつまらない邦題になってましたね。

本格派ミステリー

去年の2月、コロナ騒ぎの直前に映画館で観ました。
「屍人荘」観なくて、こっちにして正解でした(笑)

>アナ・デ・アルマスさんの大冒険記
この子が「ブレードランナー2049」のあの娘ですか? IMDbで確認しましたが、全く別人ですね! しかも「007/ノータイム・トゥ・ダイ」でもダニエル・クレイグと共演してますね。こちらはもっとセクシーな衣装で。いつになったら公開されるの?

こんにちは

こんにちは。アナ・デ・アルマス良かったですね。私も堪能致しました。
切れ者風に見えて実はちょっと…というダニエル・クレイグも良かったです。
犯人が誰であってもおかしくないという、富豪には富豪の不幸があるものなのですねぇ…なったことないから判らないけれど。

遅ればせながらプラマーさん追悼で観ましたが、なかなかなキャストと考えられたプロットで楽しめました。
アナちゃんとダニエルさんの妙なコンビも可笑しくてよかったです。


>makiさん

おはようございます。
刃はラストにかかわってきましたが、メインではないですね。
最近は、長いタイトルが多すぎ。ノートの1行に入りきらないんですよ!(文句を言う大きな理由)

>又左衛門さん

はじめに、家族紹介をかねた事情聴取で、どうなっていくのかと思ったら、彼女中心で話が進んだので、楽しく見てました。

>ここなつさん

おはようございます。
切れ者に見えて、じつはヤクザな諜報部員でしたね(本記事中の画像参照)。
富豪は、無駄遣いしなきゃいいんです。人のために使う。まずは私のために。

>pu-koさん

プラマー氏追悼、本編放送前に字幕で出ました!(WOWOW)
我が家では「プ」の字も出さずに終わりました。
クレイグ探偵、続編あるとかないとか、まことしやかなうわさが…。

こんばんは~☆

私もタイトル、副題は要らないと思いました。だいたい副題を覚えたことが無いです。(あっ、単純にバカなだけか!!)
でもそれがなかったら、いかにもスパイ映画のようなタイトルで、探偵ものと言う感じがしなかったかもしれませんね。探偵がスパイ顔だし^^
fjk78deadさんへのお返事。なるほど~と思いました(笑)

>kiriyさん

こんばんは。
昔は余計なタイトルはなかった…「昔は…」なんて言うと、古い人のように思われるけれど。昔はどんな作品かわからなくても、かまわなかったんでしょうね。
ナイブズアウト!だって、英語を知らなきゃ意味わかりませんけど。
ゲロが武器というのも、たいがいです。どんだけーです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3840-1183a351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

【概略】 N.Y.郊外の館で大富豪のハーラン・スロンビーが85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。匿名の依頼を受けた名探偵、ブノワ・ブランが調査に乗り出すが…。 製作年:2019年 製作国:アメリカ 収録時間:131分 ジャンル:サスペンス・スリラー 日本語吹替:あり .0★★★☆☆ 大富豪の死の裏に隠された衝撃の真実を、探偵が明らかにするという普通のミステリ。 亡くなったハーラ...

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ユナイテッドシネマス豊洲9

◆『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ユナイテッドシネマス豊洲9 ▲集合写真。1日後だと中央の富豪がワイプに変わってたかも。 五つ星評価で【★★登場人物が多い推理物ダメなの俺】 むーづかしー。そーだそーだ俺バカだった。 ってのがツイッター最初の感想。だってバカなんだもん。 んー、ラスト畳みかけるようにちゃんと謎の解説を探偵がやってくれるので一応分かった感は出たんだけど、前半か...

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)

世界的ミステリー作家が、自身の誕生日パーティを終えた夜に急死。一度は自殺と判断されたが、名探偵の元に匿名の依頼が届けられたこともあり、当日屋敷にいた家族や使用人らが全員容疑者になる、というライアン・ジョンソン脚本・監督のミステリー映画。亡くなったミステリー作家にクリストファー・プラマー、容疑者となるのはクリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、マイケル・シャノン、...

ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密 Knives Out

●「ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密 Knives Out」2019 アメリカ Lionsgate 131min.監督・脚本:ライアン・ジョンソン出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、   マイケル・シャノン、ドン・ジョンソン、トニ・コレット、キャサリン・ラングフォード他<評価:★★★★★★★★☆☆><感想>国内外の評価がメチャクチ...

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」

極上の作品。古典的とも言える位にベタベタな推理モノ…とはなっていない。一見そう見えるのだけれど、ユーモアがまぶされていて、それが多少は下品混じりのものになっていたとしても、かなり愉快である。さすが「アガサ・クリスティーに捧げるオリジナル脚本」だけのことはある。そういえば、どことなく「ねじれた家」のテイストがあった。似ているのは豪邸とそれを取り巻くキナ臭い家族、という設定だけなのかもしれないけ...

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

アメリカ・ニューヨーク。 世界的ミステリー作家で出版社の創設者ハーラン・スロンビーが、85歳の誕生日パーティーの翌朝に遺体で発見された。 名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物から事件の調査依頼を受ける。 容疑者はパーティーに参加していた家族と看護師、家政婦ら屋敷にいた全員であり、やがて一家のもつれた謎が浮かび上がってきた…。 ミステリー。

ショートレビュー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密・・・・・評価額1650円」

ドーナツの穴から見えるものは? これはすごく面白い! 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーにオマージュをささげた、オリジナル脚本のミステリ映画。 ニューヨークの豪邸で、世界的な人気ミステリ作家のハーラン・スロンビーの85歳のバースデーパーティーが開かれる。 ところがその翌朝、スロンビーは喉にナイフを突き立てられて死亡。 状況から警察は自殺だ...

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』★ワケアリの真相と嘘と嘔吐(汗)

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/182389/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・名探偵: ダニエル・クレイグ☆ ・ミステリー作家: クリストファー・プラマー☆ ・看護師マルタ: ウソをつくと吐く ( 一一) 85歳の誕生日の翌日、自宅で、遺体で発見された作家。 自分で、喉をナイフで切っていて 自殺で、処理されつつあったものの...

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」

2月20日にWOWOWで視聴。探偵ものは結構好きです。つれあいが、「これ、横溝正史みたいなんだよ。」と言いました。なるほどそんな感じ。大富豪である作家、その財産に群がっている一族。予期せぬ死。思いがけない遺言状。横溝正史みたいと言うならば、金田一よろしく探偵は狂言回しと言う感じかなと思って見ていたら、ほぼ間違いなしの展開。その金田一が、いや探偵ブランが相棒に選んだのは、嘘をつくと吐いてしまう...

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」 «  | BLOG TOP |  » 「プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード