FC2ブログ
topimage

2021-04

「ウエストワールド」 - 2021.03.06 Sat

ユル・ブリンナーが「荒野の七人」よろしく、ガンマンになっている映画なのは知っていた。

私が映画を観はじめたころ、名画座でもやっていたなーという記憶がある作品。
ロボットの人間を使った娯楽施設で、ロボットの制御がきかなくなって大暴れ、客を襲う! お話であった。

うえす

若いジェームズ・ブローリンが出ているのに驚き。こんな頃から頑張っていたのだね!
なんで制御できなくなったのか、その後どうなったのか、など、放りっぱなしの部分はあるが、それはそういうことでいいのだろう。カンタンでいいわ。

娯楽の舞台のひとつが、西部劇ワールドって、いかにもアメリカ。

(3月3日)

WESTWORLD
1973年 アメリカ作品
監督 マイケル・クライトン
出演 リチャード・ベンジャミン、ジェームズ・ブローリン、ユル・ブリンナー、リンダ・ゲイ・スコット、シャーリン・ウィンターズ

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは

この映画設定が面白いですよね
こんな施設なら、何度も行きたいって思っちゃう。
勿論機械の故障?は、ない事前提で。
絶対ネズミーランドより面白いと思うんだけどなあ

>makiさん

おはようございます。73年当時だから、新鮮味があったことでしょう。
西部劇ワールドなんて、行きたくもないですけど。酒場の喧嘩を楽しんでいましたが、ああいう伝統(?)なんだなー、けがしない程度に、みんなやってるんだろうか、などと推測してしまいました。
ねずみ国は一度だけ行きましたねー。

ちなみに「ウェスト・ワールド」には「未来世界」って続編がある。でも見てない。あと「ウェスト・ワールド」は「ドラえもん のび太と銀河超特急」に似てる。逆か。「ドラえもん のび太と銀河超特急」が似てる。

カオス理論

これ、好きな映画ですね。ひょっとして、この前のNHKですか?
私は録画し忘れました。以前録画したBDは破損してました(涙) BD買おうかな...

よくよく考えると、この作品の発展形が「ジュラシック・パーク」というか、逆に言うと「ジュラシック・パーク」は「ウエスト・ワールド」の焼き直しとも言えると思います。作品の構造はよく似ています。人工的な大規模レジャーランド。そこはロボットで作られた、疑似体験施設....そしてロボットの叛乱....

「ジュラシック・パーク」の原作本には、カオス理論の解説が出てきます。「ごくごく微妙な効果によって、ずれが生じ始める...」つまり、小さなほころびがシステム全体の破綻につながっていく....
このことは映画JPの中でも、イアン・マルカム(ゴールドブラム)が語っています。

 ところでこの作品、最近HBOによってドラマ化されています。製作総指揮がJJエイブラムスでシーズン3まで作られました。より現代的にアップデートされましたが、長い長い(笑) アンソニー・ホプキンスとエド・ハリスの共演。エド・ハリスがユル・ブリンナー的役割。今度はロボットの集団での叛乱です。

 ユル・ブリンナーのガンマンが地下道まで追跡してくる場面は、ターミネーターを連想してしまいます。
ジェームス・ブローリンの息子がジョシュ・ブローリンか。よく似た親子だよねぇ。「ファニング」....覚えました(笑)

 

>fjk78deadさん

おー、ドラちゃん、やるねえ。

>又左衛門さん

今まで興味なくて見ていなかったのを、まあ見ておきましょうか、くらいのものです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3844-483ddd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウエストワールド

【概略】 バカンスを楽しもうとレジャーランド「デロス」を訪れたマーティンたち。だが、ロボットたちが突如人間に反乱を開始し…。 SF .5★★★☆☆ 「ジュラシック・パーク」をロボットにおきかえたかのような…と思ったら、原作が同じマイケル・クライトンで監督もやっていたらしい1973年の作品です。 人間や動物にそっくりのロボットを用い、古代ローマ、中世ヨーロッパ、そしてアメリカ開拓西部の3つの...

「ガーンジー島の読書会の秘密」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2021年2月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード