fc2ブログ
topimage

2021-12

「ペット・セメタリー(2019年)」 - 2021.04.17 Sat

オリジナル・セメタリー(1989年)には、星3つ半もあげてるのを思うと、技術の進化は映画の良さとは別物といえる。

もちろん、基本はオリジナルと同じだが、姉弟の役割が逆になるなどの変化はもたせている。
視覚に訴える直截的なホラー度が上がっている気はする。(といっても、オリジナルの怖さの程度は覚えていないので、テキトーに言っているだけである。)


せまた
「いっしょに毛むくじゃらになろうよー」「やだよー」

ということで(早えーな)、我が家のみの、お約束の(関西圏の?)一言で締めたい。
「ペット責めたり!」

(4月16日)

PET SEMATARY
2019年 アメリカ作品
監督 ケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー
出演 ジェテ・ローレンス、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ、オバッサ・アーメド、ジョン・リスゴー

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2019 Paramount Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは。

>技術の進化は映画の良さとは別物といえる。

まったく同感です。ホラー度は上がっていたと思ったのも同じ。
だけどフツーのホラーになっていたのが残念でしたね。

>kiriyさん

こんにちは!
知っている話を、また見たということもあるかもしれませんが、やっぱりオリジナルのほうがいいなと思ってしまうのは、私のゾンビランド・サガ(アニメのタイトルの宣伝)、いや、性でしょうか。

これは私は

こんにちは。
これは私は怖かったです!
元ネタを知らなかったから、というのもあるのかもですが、ひたひたと怖かったです。
いやぁ、とにかく、子供がいて幹線道路に近いおうちは要注意だ!

>ここなつさん

こんにちは!
あー、道のそばで子供がいて、そこは怖いですよね!
オリジナルでは、大型車が走る理由を言ってた気がしたのですが。
オリジナルのとおり、弟が…と思わせてからの、姉。ここはリメイクの強み(?)の工夫でした。

オリジナルの圧勝

ボーさん☆こちらにも
断然オリジナルのほうが本来描きたかった家族愛が強く描かれていて、ぐっと良かったんです。
ホラーっぽさはこっちのほうが怖かったですけど・・・
原作も名作です!

>ノルウェーまだ~むさん

やはり、最初のものには勝てませんね、たいてい。
こわくすればいいってものではないのですが。リメイクに際しては、いろいろ考えるのでしょうけれど、あんまり成功したとはいえませんね。

ペット責めたりw
これ私には十分怖かったんですが、娘ちゃんが邪悪すぎて、オリジナルにあった父と子供の関係性は描けてなかったかなぁと思いました。

>pu-koさん

親責められたり!
娘ですよねー。出演者のトップに書いてしまいましたよ、わたし。気に入った順に書くことも多いんです。主演とか関係なく。
ホラー強めに傾けたなあといった印象ですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3863-a2da5539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペット・セメタリー(2019)

【概略】 医師・ルイスの新居の裏には、謎めいた動物の墓地があった。ある日、死んだ飼い猫を森に埋葬するが、翌日凶暴になった猫が現れる。そんな中、娘・エリーが交通事故で亡くなってしまう。 ホラー .0★★★☆☆ スティーヴン・キングの原作小説を新たな設定で再映画化。 冒頭「何か起こった」雰囲気たっぷり。 都会から引っ越してきたER勤務していたルイス一家。家族ともっと一緒にいたいからと、医師とし...

ペット・セメタリー

家族と田舎に引っ越した医師ルイスの新居の裏には、謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”があった。 死んだ飼い猫を墓地を越えた森の奥深くに埋葬すると、次の日、凶暴に豹変した猫が姿を現わす。 その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。 その後、娘エリーが誕生日に交通事故に遭ってしまう…。 ホラー。 R-15

「ペット・セメタリー」

こんなに怖い作品は久々に観た。もしかしたらこんなに怖いのは初めてかも。いや、そこまで怖かったですか?あなたって結構安上がりなのね、と言われたらそれまでなのだけれど。なんかもう「怖いシーン来るぞ!」の場面では、顔を覆った手の指の隙間から画面を観るような体たらくである。ボストンから郊外の一軒家に越して来たルイス・クリードの一家。ルイス(ジェイソン・クラーク)はボストンでERに勤務していたが、あま...

「透明人間(2020年)」 «  | BLOG TOP |  » 「FLOWERS フラワーズ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード