FC2ブログ
topimage

2021-06

「デッド・ドント・ダイ」 - 2021.04.29 Thu

やってもやってもおわりがない。

いや、これ「やっても」って「殺っても」ですからね。
奮闘しても、最後は無駄に。いまの世界観のような気がしないでも…ない。
宇宙人も様子を見に来ただけで、見捨てたのかもしれない。とくに現政権の日本なんかは真っ先に…?

ジム・ジャームッシュは嫌いというか、何かの作品を見たあと、つまらん!と決めて、ほとんど見ていないが、いま思い出したが、「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」は最近見たっけ。吸血鬼のつぎはゾンビつくってみよっかなー? ですか。


かわい
オトコを載せるのは不本意だが、ちょっとおもしろいシーンだったので目をつぶる

まー、ぼけーっと平坦に続いて、盛り上がらず盛り下がらず、とぼけてみてもおもしろくもなく、「ジャームッシュは、こういうもんだ」という「ジャームッシュ印」がついてるから、それにしても、いいとこなくても、ぼろくそ言われないんだと思う。と想像してみる。

邦題だが、「デッド・ドント・ダイ」という文字を見て、「死んでる、死ぬんじゃなくて(dead, don't die)」のような意味かと思っていた。
原題には the がついてるじゃないか。 the dead なら「死人」だから、「死人は死なない」というタイトルだと分かる。
邦題のダメなところは、the を省略しがちなことだ。どうせ日本人は英語をわからんから、いちいち「ザ」をつけるのはめんどくさいとされているのだろうが、the の有無で意味が違ってくるのがわかるせいで疑問に思う人間やゾンビもいることを、担当者は知っておくべきだ。
原題をそのままカタカナ邦題にするなら、the や a まで、そのまんま、やりなさいよ。

(4月28日)

THE DEAD DON'T DIE
2019年 アメリカ・スウェーデン・南アフリカ作品
監督 ジム・ジャームッシュ
出演 ビル・マーレイ、アダム・ドライヴァー、クロエ・セヴィニー、セレーナ・ゴメス、ティルダ・スウィントン

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) Abbot Genser / Focus Features(c)2019 Image Eleven Productions, Inc.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ドッペルゲンガー

弊記事へのコメント有難うございました。

さすがにドッペルゲンガーのボーさんだけのことはある。
表現こそ違え、主旨は同じような感じ。
僕はジャームッシュは嫌いでなく、特に初期の作品は大いに楽しんだ方だからそこは大きく違いますが、発想が似ていることは否めませんねえ。

定冠詞“ザ”は逆に頼まれもしないのに(笑)、アクションもの辺りに勝手につけまくった時代が今世紀初めくらいにあったような気がします。
やれやれ。

こんばんは

邦題や、ジャケットに擬音ををつけるのってどんな方たちなんでしょうねえ~
一時期の、ざっくりすぎる擬音のつけ方してた映画もありましたし…
ちょっと気になりますね
映画をみてから決めるのかな…????適当?(笑)

>オカピーさん

だいぶドッペルな私です。たぶんオカピーさんよりも安易にチャラい?という違いがあるのではないでしょうか。きれいな女優に節操がないとか…。
それに、あまのじゃくなので、名監督評価があって、私自身は気に入らない場合は、よけいに気に入らなくなるわけです。やっかいでしょう?

そういえば「ザ」が、よく、ついていた頃、あったような気はしますね。「これが○○だ!」みたいな意味で。

>makiさん

こんばんは。
擬音? 邦題をつけるのは、輸入した担当部署とか、宣伝部とかでしょうかね。
売るほうからしたら、インパクトとか、内容がわかることとかを重視して、とにかく興味をもってもらいたいでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3870-7186f85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デッド・ドント・ダイ

【概略】 警察官が3人しかいないアメリカの田舎町・センターヴィルで、無残に内臓を食いちぎられた女性ふたりの変死体が発見された。警察署長のクリフと巡査のロニーは、困惑しながらも捜査を開始するが…。 製作年:2019年 製作国:スウェーデン/アメリカ 収録時間:104分 ジャンル:ホラー 日本語吹替:なし .0★★★☆☆ ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴ...

デッド・ドント・ダイ

警察官が3人しかいないアメリカの田舎町センターヴィルで、内臓を食いちぎられた女性の変死体が発見される。 この町では、夜になっても太陽がなかなか沈まず、スマホや時計が壊れ、動物たちが失踪する異常現象が続発していた。 警察署長クリフと巡査ロニーは、奇妙な住民たちが暮らす町をパトロールするうちに、無数の死者が地元民に噛みつく光景を目にする…。 ホラー。 R-15

読書記録(2021年4月) «  | BLOG TOP |  » 「BanG Dream! Episode of Roselia I : 約束」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード