FC2ブログ
topimage

2021-06

「少女」 - 2021.05.03 Mon

高校生の時期あたりに、いろんなプレッシャー受けたら、大変だよねー。

クラスメート、先生、家族、わるい大人…。
しかし、あの先生、アンビリバボーじゃないの? ああいうバレバレなこと、するか? しかも学校のパソコンにこういうものを残す、オオシマさん? (いや、コジマだよ!)
  
しょじょ

いやいや、本田翼さんって、こんな顔だっけと、最後に名前が出て思いましたよ。というか、山本美月さんと、どっちがどっちか、あとでデータで役名と照らし合わせるまで、わかりませんでした。ええ、私って、こんなもんです。
湊かなえ原作であることさえ知りませんでしたので。いわれてみれば、そんなふうかと。

自分が関わったことが、めぐりめぐって、また「ここ」につながってる。と、ちょっと出来すぎ感もあったりするが、本作のひとつのテーマともいえる「因果応報」的にも見えて、ほうほう、とおもしろく見た。
ふたりの少女が走るスローモーションは、美月さんのほうの胸の揺れがわかって、うれしい。(すいません、わるい大人です。)

(5月2日)

2016年作品
監督 三島有紀子
出演 山本美月、本田翼、佐藤玲、児嶋一哉、稲垣吾郎

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2016「少女」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

かなり覚えていない。本田さんは役者というよりCMタレントみたいなイメージ強くなっちゃったなあ。「あらた」無しの真剣佑が出てるのね。

>fjk78deadさん

もう、5、6年前の映画なのですね。
WOWOWの放送ですが、私はスタッフ・キャスト知らずに見ちゃいました。もちろん、まっけんゆー、も見ていたときは分からずです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3872-35eb0c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『高慢と偏見とゾンビ』『少女』『ジェイソン・ボーン』『貞子vs伽椰子』をまとめてレビュー

トーホーシネマズデー+1(山本美月繋がりで巻き込み)をまとめて駆け足で。 ◆『高慢と偏見とゾンビ』トーホーシネマズシャンテ1 ▲「キッコーマンとハイネケンとゾンビ」っての思い付いた。 五つ星評価で【★★★そのゾンビはゾンビではないだろうけど、それでも許せるゆるいゾンビ映画】 原作未読。元になる『高慢と偏見』は同じく原作未読だが、映画化された1995年の『高慢と偏見』、2005年版の『プ...

少女

読書好きの女子高生・由紀は、授業中に小説を書いている。 親友・敦子がクラスでいじめを受けていても、由紀は助けることが出来ずにいた。 ある日、由紀が完成させたばかりの小説の原稿が盗まれてしまう…。 一方、幼い頃から剣道を習い、将来有望と期待されていた敦子は、高校の団体戦でミスしたことを機にいじめの対象となっていた。 その時にケガした足は既に完治していたが、学校ではわざと足を引きずっていた…。 ...

『少女』 因果関係には納得したとしても……

 原作は『告白』『贖罪』など様々な作品が映画化されている湊かなえ。  監督は『繕い裁つ人』などの三島有紀子。  冒頭から少女たちがなぜか入水自殺をするイメージが描かれ、誰かの遺書が読み上げられる。この映画の少女たちは“死”というものに魅せられているようだ。彼女たちが「死ねばいいのに」という台詞を易々と他人に投げつけるのは、どこかで自分が“死”に魅せられていることの証左なのかもしれない。...

「ジュディ 虹の彼方に」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2021年4月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード