fc2ブログ
topimage

2022-10

「海辺の映画館―キネマの玉手箱」 - 2021.06.13 Sun

監督は、悲惨を生んだ日本の戦争をまとめてみたかったのではないかと。

映画は作り手の自由が利くから、戊辰戦争から太平洋戦争まで、自由自在な構成で表現できる。

映画館の3人の観客がスクリーン中の過去の戦争の時代に行ってしまって当事者にもなるが、そこで起きる出来事を、われわれ観客が一緒に知っていく(すでに知っていることなら確認していく)算段である。

うみべ

序盤が目まぐるしい印象なのもあって、中盤の日本軍鬼畜兵の乱暴シーンで、(ようやく自分の)感情に訴えてきた感があったが…。
最後はやっぱり原爆のことに。
3時間は長いんじゃないかと思ったけれど、見はじめれば、それほど苦ではなかった。

昔のハリウッド大作のように、インターミッション(途中休憩)が始まったので、おお、こりゃいいやとトイレに行ったら、インターミッションとは名ばかりで、すぐに本編が始まっていた。
劇場公開時も、トイレに行こうと立ち上がって、あれ、休憩じゃないじゃんと、すぐに戻ってきた方がいたのでは?

(6月13日)

2019年作品
監督 大林宣彦
出演 吉田玲、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子、白石加代子

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

ブログパーツ

● COMMENT ●

一億玉砕

2カ月ほど前、U-NEXTで観ました。
大林監督の遺作となりました。
>序盤が目まぐるしい印象なのもあって
確かに前半が「詰め込みすぎ」かなぁ... いきなり高橋幸宏さんが登場したのにはびっくり(笑)
それに、映画には似つかわしくない、「ブサイクな少女」が出てきたのには違和感。観終わって、あの少女が、白石加代子さんの子供時代なんだろうと理解。似てますよねぇ。武田鉄矢扮する「坂本龍馬」や、品川徹の「宮本武蔵」まで出てきたのには驚いた。

 多分監督が言いたかったのは、最後の「広島原爆」。これだけでは時間が余るので、日本の戦争のまとめをしたんだろう。
 監督の晩年の作品は、どれも長尺。命あるうちに渾身の力を振り絞って撮ったんだろうな。そういう意味では、この作品は監督の遺言みたいなもの。 常盤貴子や長塚圭史夫妻、山崎紘菜(東宝シンデレラのわりにパッとしないね)、満島真之介や窪塚俊介などが監督のお気に入りのキャスティング。
「野のなななのか」もいい作品です。いずれ「花筺(はながたみ)」も観ようと思ってます。

 この映画の最後の部分。移動演劇部隊「さくら隊」の原爆遭難。もっとリアルで、もっと凄惨で、もっと哀しいのは、新藤兼人監督の「さくら隊散る」です。機会があれば是非観ていただきたい。

 現在の日本の状況は、この昭和20年の敗戦に向かって突き進む、一億玉砕への行進に酷似している。コロナという強敵に、竹やりで「安心・安全」と念仏を唱えながら、国民を犠牲にすることを厭わない、無能な指導者。結局あの戦争から日本の指導者は何も学ばなかったということです。長いものに巻かれる日本人。
NOが言えない日本人.....情けない.....

>又左衛門さん

主役の少女ですね、ああ、白石さんの! その考えはまるで抱きませんでした。たしかに似ているかも…。私は、松坂慶子さん? いや違うな、なんて思っていましたが、白石加代子さんでした。
WOWOWで監督晩年作をやっていますが、どれも長くて食指が動きませんで。

ほんと、この、一部の突き進め玉砕精神論、多くの大人しく巻き込まれ国民の形は変わらない。慎重に準備周到に行くべきところを、甘く見て、うまく行ったら、もうけもの、くらいな気持ちでやろうとする。今回のオリンピック、まさに同じです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3888-162dc768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

閉館を迎えた広島県・尾道唯一の映画館「瀬戸内キネマ」の最終日のプログラムは、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映。 観客の青年、毬男、鳳介、茂の3人は、突然スクリーンの世界にタイムリープしてしまう。 江戸時代、乱世の幕末、戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争の沖縄へと旅すると同時に、映画の技術もまた白黒サイレント、トーキーから総天然色へと進化してゆく…。 ファンタジック・ドラマ。 PG-12

海辺の映画館 キネマの玉手箱・・・・・評価額1800円

いつかまた、キネマの天地で。 今年の4月10日に、肺癌のため82年の生涯を閉じた大林宣彦監督の遺作。 鬼才最後の作品は、いろいろな意味で渾身の仕上がりである。 尾道にある古い映画館が閉館の日を迎え、「日本の戦争映画」をテーマに、最後のオールナイト興業が開かれる。 映画を観に来ていた三人の若者たちは、いつの間にかスクリーンの世界に飛び込み、幕末の戊辰戦争から太平洋戦争まで、映画のヒロインたち...

「ウルフ・アワー」 «  | BLOG TOP |  » 「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード