fc2ブログ
topimage

2023-02

「ウルフ・アワー」 - 2021.06.19 Sat

ナオミさん主演というだけで見て、

おー、出ずっぱりじゃないですか!
ほぼ部屋の中から出ません!

引きこもりの理由が想像できるエピソードはあるけれど、それで外出が一切できないのかは疑問符がつく。
だけど、外出できないことが、人生に立ち向かえない苦しみの全般を暗喩する、などと思えばいいのではないかと思います。

うるふ

ナオミさんが製作総指揮を兼ねて主演(資金のこと含めて手伝うよーという、有名実力俳優さんに多いパターンで、彼女の作品でも割とあるような気がする)、前述したように熱演、彼女が好きそうな役回りでもあり、「マルホランド・ドライブ」で演じたダイアンも多少、彷彿させます…くたびれた感じが…。

連続殺人犯がのさばり、大停電が起きる1977年のニューヨークを舞台にするものの、サスペンスとか、ホラーとかを期待させる宣伝文句は、作品に「がっかり感」を抱かせる逆効果。観客を呼べればいいというものではない…が、観客が来なくても困るわけで、そういうところは、どう宣伝するのか、ジレンマなのかもしれない。
私的には、じゅうぶん、彼女自身のなかでのサスペンスだったと考えるが。

(6月19日)

THE WOLF HOUR
2019年 アメリカ・イギリス作品
監督 アリステア・バンクス・グリフィン
出演 ナオミ・ワッツ、ジェニファー・イーリー、エモリー・コーエン、ケルヴィン・ハリソン・ジュニア、ジェレミー・ボブ

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2019 TWH FILM, LLC

ブログパーツ

● COMMENT ●

弊記事へのコメント有難うございました。

>サスペンスとか、ホラーとかを期待させる宣伝文句は、作品に「がっかり感」を抱かせる逆効果。

僕も同じことを自分の映画評で指摘しましたが、評価に悪い影響を与えますね。反面、客を呼ばねばならないというのは確かにあって、確かにジレンマです。
配給会社はつらいよ、ですかね(笑)

>連続殺人犯がのさばり、大停電が起きる1977年のニューヨーク

これも拙文に書きましたが、彼女の内なる恐怖をその風景に仮託しただけ。
一人怪しからん警官が来るのが、少しだけスリラーっぽいけれど。

>オカピーさん

宣伝の仕方は難しいですね。過剰な広告でも、客が入ってしまえば、お金にはなりますが、宣伝と違うじゃないかと作品評価が悪くなったりして。

内なる恐怖の理由を、もうちょっと、しっかり表現したほうがよかったのではと思います。殺人犯やブザーは実際の恐怖としてのお膳立てにはなるので。
これなんか見ると、警官であっても、部屋に入れるのは考えものですね。(なおさら正体不明の若者(たち)を入れてましたけど。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3889-52c5b3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルフ・アワー

記録的な猛暑を迎えたアメリカ・ニューヨークでは、治安の悪化によって略奪や殺人が相次いでいる。 女流作家ジューンは、現在は筆を絶ち自宅に引き籠っていた。 ある日、彼女のアパートのブザーがけたたましく鳴り響く。 それが地獄の始まりだった…。 サスペンス・スリラー。 R-15 ≪悪意が わたしを狂わせる≫

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」 «  | BLOG TOP |  » 「海辺の映画館―キネマの玉手箱」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード