fc2ブログ
topimage

2023-02

「魔術師」 - 2021.08.22 Sun

まじゅちゅし

…あ、発音が魔術師の呪いで変になっちゃっちゃ。

まじゅ

ベルイマンですから、と思ったら、これは、わりと分かりやすいほうでは。
人間というものについて、さまざま、あやふやに不安定に、感情、欲望が揺れ動くさまが、おもしろい。
その人は見かけどおりなのか。自分にとって異質なものへの対応のしかた。などなども。
10代のころに一度見ていた(とメモにある)が、まったく記憶がない。

(8月21日)

ANSIKTET
1958年 スウェーデン作品
監督 イングマール・ベルイマン
出演 マックス・フォン・シドー、イングリッド・チューリン、グンナール・ビョルンストランド、ビビ・アンデルソン、ナイマ・ヴィフストランド

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 1958 Svensk Filmindustri

ブログパーツ

● COMMENT ●

やはり初期の「イングマール・ベルイQ」「イングマール・ベルイマン」「イングマール・ベルイセブン」が傑作だと思うんです。

>fjk78deadさん

「帰ってきたベルイマン」のころは、もう見ていませんでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3913-6a12f03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『処女の泉』『鏡の中にある如く』『魔術師』『第七の封印』新文芸坐

新文芸坐の企画「イングマール・ベルイマン 101年目の風景」から2プログラム。 ベルイマンが凄い監督なのは分かってるけど身体がついていかない。ベルイマンって圧倒的に凄い映像と凄いドラマを投げつけてくる人で隙間がない。120%みたいなのが緩急無しでくる。そんなん仕事帰りに処理出来る訳ないじゃん。という事で、どれだけ寝てもいい。今回は印象だけでも持って帰るって見方をして来た。 ◆『処女の泉』 ...

魔術師

19世紀、スウェーデン。 旅回りの魔術師一座が、当地の領事や警察署長、医師たちから術は「インチキ」とけなされ屈辱を受ける。 が、術師たちはそんなくだらない俗人どもの鼻柱を、鍛えた技で打ち砕く。

「ケンネル殺人事件」 «  | BLOG TOP |  » 「ブリッジ・オブ・スパイ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード