fc2ブログ
topimage

2022-05

「ナイチンゲール」 - 2021.09.17 Fri

ハードな映画だった。

タスマニア、イギリス軍、アイルランド人、アボリジニ…どんな歴史なのか調べてみたい。
殺す(殺される)シーンを見ながら泣いたのは初めてかも。
以上、ツイートした。

見ているうちに、どうやら女囚さんがイギリス将校に目をかけられて出獄して、軍隊生活の給仕などのお世話係をしているらしいことがわかる。
約束の期限まで働けば自由にしてやるという時期を過ぎても、将校は彼女を手放さない。どころか、性的暴行までする、ひどいヤツ。
途中の話をはしょるが、結果的に、将校を含む3名を追って、復讐の旅に出る彼女だが…。

ないち

彼女の道案内をするのが、アボリジニの青年。最初は相容れない同士だったが、ともに旅をするうちに芽生える絆も見どころ。
ハイライトは、彼女が仇のひとりと対する場面。その相手は、3人のなかでは一番悪くない男。上官に無理やり悪事に引き込まれたようなところがある。しかし、その彼が最も残酷な目に遭うのだ。人生、そんなものなのか。そんなものなのだ。
彼の最後の言葉に、もう泣けて。思い出しても泣く。

復讐するほうも、イケイケの心理ではなくなっていく。それは予想をはずし気味になり、物語的には面白い。
アボリジニの青年も言っていたが、白人が悪いのではなく、どんな人種でも、悪い種子をもった者がいる可能性はあるのだ。
その悪党を憎んで成敗して、自分の気持ちが収まるのか、満足するのか、どうするべきなのか、あらためて考えさせられる。

(9月13日)

THE NIGHTINGALE
2018年 オーストラリア作品
監督 ジェニファー・ケント
出演 アシュリン・フランチオージ、ベイカリ・ガナンバー、サム・クラフリン、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.

ブログパーツ

● COMMENT ●

アップした日が同じ

ドッペルゲンガーのボーさんとの間でも、アップの日が同じというのは初めてではないですか。誠にめでたい(笑)

>3人のなかでは一番悪くない男

を殺して、もっと悪い二人の上官を殺せないというのは、良い意味で肩透かしでしたね。
僕はその作劇に疑問を感じたのですが、女性監督の人間凝視の狙いを理解していないでもないのですよ。
多分、彼女は最初から大衆映画として作っていず、それを大衆映画として理解して観ていた僕のような平凡な観客との間に齟齬が生じたのでしょう。

ただ、このポリティカル・コレクトネスの時代にあって、人間凝視だけではなく、依然として根強く残る人種・民族差別と男尊女卑の問題を19世紀の非道の物語に透かしたのだとも思います。

>オカピーさん

WOWOWのお仲間なので、同じ映画を見る可能性は大きいですよね。
私の場合、ベネチア映画祭2冠?とかの宣伝文句を見ただけで録画しておいたのですが、見る前は、看護婦の話かと思っていたくらいです(笑)。

イギリスの兵隊、アイルランド人の囚人? 黒人?(ではなく、アボリジニと後でわかりましたが)いつの時代? 世界大戦? タスマニアって、どこだっけ?と、はじめは分かりませんでしたが。
とくに、植民地などでは、自分たちだけが偉ぶって、人を人とも思わない行ないが横行していたことを思い知らされます。
しかし、残念ながら、これは永遠に人類が内包しそうな問題なのでしょうね。

こんにちは

こんにちは。
本作、昨年度に観た作品の中でベストに入れました。
哀しみよりも憎しみが先行してしまう作品でした。
本当はあいつに死んで欲しかった…

>ここなつさん

こんばんは。
おお、ベスト! なんとなく、ここなつさんらしい。
私は録画予約するまで、存在すら知らない作品でした。
暴行、殺人、と見ていて怒り沸騰ですよね、あいつ。ああいうのはヒトとして、麻痺しているので、早々に駆除するべきなのです。もっと泣かせてから死んでほしかったけど。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3921-99958cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイチンゲール

【概略】 19世紀、オーストラリアのタスマニア地方。けちな盗みを働き流刑囚となったアイルランド人のクレアは、その美しい容姿と歌声から、一帯を支配する英国軍将校ホーキンスに囲われていた。クレアの夫エイデンは、彼女が刑期を終えた後も釈放されることなく、拘束されていることについて不満を持ち、ホーキンスに交渉を試みる。しかし、逆上したホーキンスはクレアを仲間達とレイプした挙句、彼女の目の前でエイデン...

「ナイチンゲール」

これほどまで「死んで欲しい」と思った仇役はこれまでいなかったと思う。何をどこをどうとっても鬼畜なのだ。早く仇をとって欲しい、と思いつつ、いや、もっと残酷に天罰が下って欲しいとさえ願ってしまったのだ。非常にエグくて恐ろしい話。設定は、まだオーストラリアやタスマニアが欧米人の流刑地だった頃。タスマニアに流されて来た流刑民クレアの愛と復讐の物語である。復讐…これは復讐せざるを得ないと思う。クレアは...

「白ゆき姫殺人事件」 «  | BLOG TOP |  » 「シャン・チー/テン・リングスの伝説」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード