fc2ブログ
topimage

2022-10

「絶壁の彼方に」 - 2021.12.29 Wed

おすすめされて見たら、なかなか面白かった!

和田誠さんなども著書のなかで語っていたそうで、さもありなん、の出来である。
ある外科医が、ヴォスニア(架空の国家)から叙勲と公開手術のために招聘される。ところが、その手術をした相手というのが…
これ以上は書かないが、一転、逃亡劇となり、ヒロインが加わります。

だんが

主役はダグラス・フェアバンクス・ジュニア。映画界で著名な父のあとをつぐようにして活躍した。
ヒロインは、グリニス・ジョンズさん。ハスキーな声が特徴的な、「メリー・ポピンズ」のお母さん、といえば、「ああ!」とわかる方も多いのでは。でも、「メリポピ」より14年も前の作品、まだ20代です。

監督のシドニー・ギリアット、知らないなーと思ったら、ヒッチコックの「バルカン超特急」(1938年)の脚本家だそうで! 本作も共同脚本。
脅されて協力するはめになる男で、「ピンクパンサー」シリーズのドレフュス警部でたぶん有名な、ハーバート・ロム。味があります。
ヴォスニアの架空言語まで作っていて、けっこうたくさん喋らせているので、きちんと考えた言葉になっているんだろうなと。手がかかってます。

(12月29日)

STATE SECRET
1950年 イギリス作品
監督 シドニー・ギリアット
出演 ダグラス・フェアバンクス・ジュニア、グリニス・ジョンズ、ジャック・ホーキンス、ハーバート・ロム

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c)Gaumont British Picture Corporation

ブログパーツ

● COMMENT ●

こういうのをWOWOWやらんから解約するかも。

40~50年代のやらんもんな。

弊記事へのコメント有難うございました。

僕も存在自体を知らない作品でしたが、これは面白かった。
モノクロ時代のヒッチコック映画がお好きな方に絶対的にお薦めですね。御大の同じ系列の作品ほどタイトではないですが、これだけ楽しませてくれれば御の字です。

>こういうのをWOWOWやらんから解約するかも。

全くねえ。
BS-2があった頃は充実していたNHKも近年は全然ダメですしねえ。

>オカピーさん

はい、ヒッチコックぽさ、ありますね。
巻き込まれ型の逃げて追われて、になります。

AmazonPrimeは、ジュネス企画あたりで出ていたものを、ラインナップしてきているみたいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3961-efdb003b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「春の珍事」  «  | BLOG TOP |  » 「第3逃亡者」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード