fc2ブログ
topimage

2022-10

「ブルースの誕生」  - 2022.02.26 Sat

ブルースというか、ジャズ? 楽器を持ちよって演奏してるし。

ビング・クロスビー中心のバンドが、コルネット奏者を得て、店で演奏できるようになり、ついにはシカゴをめざせ! と。

22-2-26.jpg

ギャングものなどの男くさい話でおなじみの印象が強い、ブライアン・ドンレヴィが楽器奏者なのが珍しい。
ヒロインのメアリー・マーティンさんは、のちに舞台に重心を移して、ロジャース=ハマースタインの「南太平洋」や「サウンド・オブ・ミュージック」にも出演したそう。ビングとの歌の共演は楽しかった。

(2月12日)

BIRTH OF THE BLUES
1941年 アメリカ作品
監督 ヴィクター・シャーツィンガー
出演 ビング・クロスビー、ブライアン・ドンレヴィ、メアリー・マーティン、キャロリン・リー、エディ・“ロチェスター”・アンダーソン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Paramount Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

この監督知らなかったが、ビングの「珍道中」も監督したりしてるんだな。

この作品の翌年くらいに、50代だかで亡くなってる。

弊記事へのコメント有難うございました。

>ブルースというか、ジャズ?

一曲だけブルースがありましたが、ジャズでしたね。
映画のタイトルはオープニング・タイトルでビング・クロスビーが歌う歌のタイトルで、それを採っただけみたいです。


>ビング・クロスビー、メアリー・マーティン

当時の白人の歌唱は実に端正ですが、ブルースから最終的に辿り着いたロックなどの熱い歌唱を知っている僕らには、エネルギーという部分において物足りないデスね。実際劇中ヒロインが“こういう(ジャズィな或いは破調の)歌い方は難しい”と言う台詞がありました。
 何でも聴く派の僕でも、嫌いとは言わないものの、クロスビーもフランク・シナトラも余り聴かないですなあ。二十歳くらいのクロスビーの歌をカセット片面いっぱいに録ったことがありますが、結局余り聴かなかった。

>オカピーさん

ジャズですよねえ。
そうですね、おもしろみの感じられない歌唱というか、声とか歌手そのものが好きならいいのでしょうけれど。
まっとうすぎて物足りないというのも、ぜいたくなのかもしれませんが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3989-b50f5150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「少佐と少女」 «  | BLOG TOP |  » 「ヴィナスの接吻」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード